So-net無料ブログ作成
検索選択

沖縄美ら海水族館 [水族館レポート(認定)]

行ってきたぜ~!! 美ら海。
ずっと行きたいと思っていたし、水族館好きならいつかは絶対来なくちゃいけない場所、そう思ってた。
だけど、どんなに思っていても思うだけじゃ実現はしない。
というワケで、行っちゃえ!! とばかりに、かなりムリして沖縄まで行っちゃいました。
IMG_5749.jpg

それにしても遠いね~。
東京→沖縄間の飛行機移動はともかく、そこから先の高速バス、さらに路線バス。
沖縄行き始発の飛行機で、バスの乗り継ぎも理想的で、ほぼ待ち時間等はなかったはずなのに、飛行機が飛んだのが6時25分、到着したのは12時30分頃。ほぼ約6時間もかかった。
那覇からでも3時間はかかっているワケで、それでも観光地としてあれだけ盛況なことを考えると、ひょっとして沖縄ってほかに行くところないの? なんて思ってしまうね。

そうして辿り着いた美ら海水族館は、国営沖縄記念公園という、それはそれは立派な公園の中にある中核施設。
流石は国営施設だけあって、ホント、超すばらしい!!
色とりどりの花が咲き乱れ、その先には水平線まで続く水色の海。アホになってしまいそうな景色が広がっている。 
CIMG3987.jpg
水族館自体も、見るからにお金のかかっていそうな巨大な建物で、よく言われる“宮殿”という言葉がまさしくピッタリ。
施設のあまりの立派さに、公共事業立国である沖縄の現実が垣間見えるような気がして、幾分複雑な気分になるが、オレの納税額なんてたかが知れているし、そこは素直に感謝しつつ、楽しませてもらった。

さて、肝心の水族館だけど……
あんなに遠く行きにくい場所にあるというのに、その入館者数は常にトップ。
オレも本やテレビでその情報を見る度、最高評価は間違いない!! と確信してた。
ひょっとしたら、5つ☆では足りないかも、と。
IMG_5964.jpg
だけど、実際に行ってみると… う~ん、4つ☆かなぁ。
期待が大きすぎたというのもあると思う。
だけど、黒潮の海の大水槽とか、サンゴ礁の水槽とか、初めて見るはずなのに、初めての気がしないのだ。だから、心の中から沸き上がってくるような感動がない。
これはきっと、テレビや本などで、世の中に美ら海水族館の情報が氾濫し過ぎてることが原因だろう。
それから、水槽や中の魚たちはどれも素晴らしいんだけど、同様のコンセプトの水槽は余所の水族館に以前からあって、既にそこで感動しちゃってるから、最初に見たときのような感動は得られにくいのかも知れない。
また、意外と“ここだけでしか見られない”が少ないのも今ひとつ感動が薄い理由か?
いずれにしても、思っていたより感動は薄かったような気がする。
でも、矛盾するようだが、水槽内を泳ぐ魚はどこで飼われているものよりも素晴らしかったし、水槽も素晴らしいし、水族館自体や、それがある公園のすべてが素晴らしい。
だけどそれも、あの場所であれだけお金を使ったものを作れば、誰でもできるよな、みたいな気もしちゃうのだ。
CIMG4041.jpg

素晴らしいとは思っているのに、それが素晴らしすぎるが故なのか、どこか否定したくなる、そんな印象の水族館だった。どうやらオレは、とことん天の邪鬼らしい。
タグ:沖縄 水族館
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
ご用の方はmistralaquqrium@gmail.comまでご連絡下さい。
メッセージを送る