So-net無料ブログ作成
検索選択

激レアサメ第一弾!! 竹島水族館のオオワニザメ [サメ]

現在、その存在が知られていて、名前がある(記載されている)サメはおよそ400種類。しかし、水族館で見られる種類となるとその数はグッと少なくなり、50種類あるかないか、といったところだろう。
もちろん、その50という数字も素晴らしい飼育技術の賜物だということは分かっているけれど、写真でしか見たことがない種類というのも未だ多いのが現実だ。
例えば、フカヒレなど水産加工品の分野では一般的なヨシキリザメも、水族館では激レア種だったり、など。特にメジロザメ科、シュモクザメ科、ネズミザメ科など積極的な遊泳種にその傾向が強いようなのだが、とにかく飼育されることを受け付けてくれない。水槽という閉鎖環境の中で壁を認識できなくなるのか、まるで方向感覚を失ったようになり、あちこちに激突を繰り返すものも多い。しかし、困ったことにオレはそんなサメたちが生きて泳いでいる姿が見てみたくて仕方がない。しかも、できれば水槽の中を泳ぐ姿を。
今回、偶然、そんなチャンスに恵まれた。

リニューアルオープンを果たした竹島水族館へ行った時のことだ。
タカアシガニがいる深海の水槽の中に、水槽サイズに不釣り合いな大きなサメがいるのを見つけた。
IMG_7298.jpg
底に沈んでジッとしていたが、明らかに遊泳性の種類だということが分かる筋肉質で流線型の体。黒く丸い大きな眼。オオワニザメだった。
IMG_7396.jpg
綺麗な状態で漁獲されたということで、3月28日に運び込まれたものらしい。
大きさは1m少々、といったところだろうか!?

非常に混雑していたこともあり、話を聞くことはしなかったが、水温を下げた深海の水槽にいるということは、比較的深いところで漁獲されたものなのだろう。
余談ながら、オオワニザメは必ずしも深海性というワケではなく、水深の浅いところにも生息している。

頭が小さく、肩のあたりが力強く盛り上がった体つきは、やはりメジロザメ類とは違うネズミザメ目の種類ならではのもの、みたいに思った。
その名前から想像できるように、水族館で人気に大型種であるシロワニとも近縁にあるサメだが、水族館でのシロワニは、でっぷりと重厚感のある体つきをしているが、あれは水族館ならではのもので、本来はもっとほっそりした体型をしているのだ。竹島水族館のオオワニザメの姿は、そんな自然下のシロワニの姿をも彷彿とさせてくれる。
まさかこんな魚に巡り会えるとは思ってもいなかったから、大いに驚くと同時に、心躍った。これまでオレが見たことあるオオワニザメといえば、写真と油壺マリンパークにある標本だけ。
生きた姿なんて、一生見ることがないと思っていたから、このウルトラ級の幸運をもたらしてくれた目の前のサメ、そしてそれを見る機会を与えてくれた竹島水族館にひたすら感謝したいと思う。生きたオオワニザメなんて、大袈裟でなく最初で最後の機会かも知れないのだからね!! でも、思いもしない大物に巡り会ってしまったお陰で、新生・竹島水族館の印象が少し薄くなってしまったかも!?(笑)
IMG_7447.jpg
体には目立ったキズもなく、非常に綺麗な状態。
浮かんだり漂ったりすることもなく、ちゃんとお腹を下にしてジッとしていた。
生態に未知な部分の多い種類だから、こうして水底に沈んだままジッとしているのが普通なのかも知れないが、いかにも遊泳性な形をしたサメがジッとしているというのは、本来の姿とは違っているのでは…!?

ずっと見ていると、泳ぎ始めるようなこともあったが、水槽に不慣れだからか、はたまた方向感覚を失ってしまっているのか、あちこちの壁に激突を繰り返す。幸か不幸か、水槽が小さいので、激突する際の勢いが弱く、大きなキズにはならないようだが、そういう意味ではベストな状態とは言えないのかも知れない。
※今はぶつからずに泳いでいるそうです。相変わらず時々しか泳がないらしいですが。
IMG_7380.jpg
IMG_7385.jpg
竹島水族館HPによると、まだ餌を受け付けていないそうで、短期間の展示になるかも、とも書かれていた。この手のサメの展示というのは、得てしてそうものなのだ。ましてや、どう扱うのが正解なのか分からない未知のサメなのだからなおさらだ。
もし、見てみたいという人は一刻も早く竹島水族館へ!! 
その生きた姿が見られるなんて、きっと人生の内に1度あるかないかの超貴重な体験になるはずだから、そのために新幹線に乗るくらい全然贅沢なことではないと思う。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

pomu.

もうもう本っ当~にミストラルさんに見てもらえてよかったです!!

たけすいにレアな生き物が入るたびに「おお~!」と思いはするんですが
その貴重さがいまいちピンとこないわたしが見るだけではもったいないと、毎回思うのです
今回はいいタイミングでしたね~♪

ミストラルさんがご覧になっていたときにもアクリルにぶつかったりしていたんですね
今はどうしてるんでしょう
気になりすぎて、また見に行ってしまいそうです(笑)
by pomu. (2011-04-09 11:17) 

ミストラル

>pomuさん

ええ、ホント、見られてよかったです。
恐ろしいくらいの幸運ですよ。
たまたまオオワニザメのすごさは分かりましたが、
それ以外のレア生物(カニとかエビとか)も、同じくらいスゴイのがいたんだと思うんですね。
でも、それらについては、まるで価値が分からず、“ふ~ん”くらいの反応しかできないのですが…

pomuさんには今後のオオワニザメの姿も、是非、見続けて欲しいですね。
by ミストラル (2011-04-11 09:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ご用の方はmistralaquqrium@gmail.comまでご連絡下さい。
メッセージを送る