So-net無料ブログ作成

サンシャイン水族館・超水族館ナイト発言補足・その2 ピラルクー編 [ピラルクー]

ひとつ前のブログで、書いた本人にそのつもりはないけれど、批判とも取られかねない話をしたので、フォローの意味合い? も兼ねて、オススメの話も(笑)

オレがサンシャイン水族館に行って、絶対に見に行くのがピラルクーだ。
トークライブの中で、「この人はピラルクー好き…」と中村氏に紹介された通り、物心ついた頃から大好きな魚のひとつ。
オレがライター業、つまりは人に何かを伝えるということを生業に選んだのも、このピラルクーが少なからず影響してる… 自分でそう思うくらい、オレの中では特別な存在だ。
サンシャインに限らず、水族館で見たいものの中でも、個人的にはもっとも重要なものだ。
だから、生まれ変わった水族館でも展示されたことは嬉しいことだし、それも今までとは段違いに大きな水槽があてがわれたことも、喜ばしく思う。
IMG_9816.jpg
同じピラルクーでも、サンシャイン水族館にいる3匹に関しては、どこにいるものよりも思い入れも強い。
1年前のブログにも書いた通り、オープン2ヶ月前くらいの時点で“サンシャイン水族館がピラルクーを探している”という話を聞いて以降、物がピラルクーだけに? あちこちから様々な、詳細な情報がオレの所に集まり、オープンするまで、まるで自分のことのようにドキドキ(笑)
オープンの日に水槽内を泳ぐ2匹の姿を見て、関係者でもないのにホッとしたものだ。
昨年のサンシャイン水族館ナイトの時には、スタッフ氏からの移送作戦の話を聞くことができたので(オープン時からいた大きな2匹は沖縄から2日間かけてやってきたのだ)、それが見られるありがたみもより一層高まったような気がした。
IMG_9366.jpg
3匹目。あとの2匹より少し小さい。
現在、3匹のピラルクーが泳いでいるが、その3匹目についても、搬入されるずっと前から(水族館がリニューアルオープンするより前から)聞いていて、それがどうやって搬入されたかも知っていたから、これまた思い入れの強い1匹に。
水族館にやってきたのは、オープンから約2ヶ月後くらいのことだが、展示されたその日に会いに行ったくらいだ。
IMG_9615.jpg
餌の時間は15時~15時半頃。そのくらいにピラルクー水槽の周辺にいると遭遇率が高い。

そんなだから、何を見なくてもこの3匹の元気な姿だけは、絶対に見に行くことにしている。そこで、元気に勢いよく餌を食べている姿なんかに遭遇すると、極端な話、自分の魚のように嬉しくなる。
というワケで、新生サンシャイン水族館でも、もっともお気に入りの水槽になっていたりする。

このブログでも何度も書いているように、東京近郊には沢山の水族館がある割に、ピラルクーを展示している水族館は少なく、それを見るのは意外と簡単じゃない。
でも、サンシャインのものに関しては、ピラルクーが見たい!! という欲求をしっかり満たしてくれる。

最近はろ過の状態が芳しくないのか、汚れが目立つものの、それでも東京近郊(東京、神奈川、千葉、埼玉)エリアでは最高のピラルクー水槽だと断言する!!
個体クオリティも高いので、オススメです!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ご用の方はmistralaquqrium@gmail.comまでご連絡下さい。
メッセージを送る