So-net無料ブログ作成

深海生物シーズン到来@竹島水族館 [無セキツイ]

今回の愛知遠征的は、ステラとその仔に会いたかったことも目的だが、蒲郡の竹島水族館に行きたかったことも大きな目的だった。
以前、標本展示室だったスペースが“まったりうむ”として生まれ変わったのに加え、竹島水族館ならではの深海生物展示が本格的にスタートしたという話を聞きつけたからだ。

竹島水族館が誇るタッチングプール“さわりんプール”にも大きく立派なタカアシガニが入っていたりと、すっかり深海モード。
まだ入り始めだと言うものの、小窓水槽は珍しい深海生物で満たされていた。
何でも、珍品がいきなりまとめてやってきたらしい。

とは言え、やはりそこは無脊椎動物が中心で魚類は少なめ。
体の作りの関係上、やはり生きて上がってくる可能性は無脊椎動物の方が高いのだ。
しかしまぁ、オレとしてはそっち方面はまったくの門外漢。
どれが珍しくて、どう凄いのか、なんてことはまったく分からない。
でも、それぞれが収容された水槽には、珍しさをアピールするプレートが付けられているので、見逃す心配がないのも竹島水族館ならではだ。

しかし、見た目からして“コイツは珍しいだろう!!”なんて思わせるものもいくつかいて、そのひとつがアシボソシンカイヤドカリ。
IMG_8739.jpg
ヤドカリといえば貝殻を背負ってるはずだが、コイツは何だか手みたいな形をしたものを背負ってる。
その背負った“手”が質感といい、色といい、何とも不気味。
深海生物担当のスタッフ氏に聞いたところ、これは深海性のスナギンチャクの仲間だそうで、ヤドカリはそこに穴を開けて入り込んでいるのだとか。

ものすごく珍しい種類だそうだが、飼育は難しく、搬入後しばらくすると背中のスナギンチャクが開かなくなってくるらしい。
また、ヤドカリ自体も普通のヤドカリのような餌を食べることをせず、海底に沈んだ微細な有機物などを食べているらしい。
つまり、何を食べているのかが明確に分からず、餌付けが困難だということ。
見られてラッキー級のスペシャル深海生物のひとつだそうだ。


ドラゴンオサテエビも見た目からして珍しさが分かる深海生物だ。
IMG_8814.jpg
色のない体、退化して痕跡だけになった眼など、見た目からしていかにも深海生物らしい。
これまたものすごい珍品らしいのだけど、オレがその有り難みを今ひとつ理解できてないのが実にもったいないところ。
見た目はアナジャコのような感じだけど、ちゃんとエビの仲間。
ドラゴンじゃないオサテエビ(これまた深海棲のエビ)というのもいて、長手蝦(オサテエビ)の名前通り、片手が長いのが特徴らしい。
オサテエビも珍しいものだと思うんだけど、さらにドラゴンである。書いていて意味が分からないけど、とにかく、スゴイものだということは間違いないらしい。


知らない生き物だと、どんなに珍しくても有り難みが分からないだけでなく、書いてることまでワケが分からなくなってくるので(笑)、知ってるものも。
というワケでタカアシガニ。
IMG_8779.jpg
竹島水族館と言えばタカアシガニである。
タッチプールにも“こんなのが!!”と驚くほど大きくて、足も揃った立派な完品個体が入っていて、流石だなぁ!! と思わせてくれるのだけど、それ以上に、小さなタカアシガニが何匹もいるのには驚かされた。
タカアシガニ自体は、各地の水族館で見掛けるが、甲幅が手のひらよりも小さいものは滅多に見ない。
もちろん、タカアシガニだって産まれた時は極小なプランクトンなのだから、小さなものだっているはずなのだけど、滅多に獲れないのだろう。
しかし、そこは竹島水族館である。
世界一大きなカニの小さな個体が3~4匹はいただろうか?
巨大な個体よりも、見たことあるのを自慢できるのは、こんな小さいものの方だ。


馴染み深い深海生物をもうひとつ。
竹島水族館生まれのボタンエビ。
IMG_8824.jpg
嘘つきましたゴメンナサイ。食べたことがある程度で馴染み深くはないです…

美味しいエビとして知られているボタンエビだが、小窓水槽では竹島水族館で生まれ育ったという小さな個体が展示されてた。
聞けば、巷でボタンエビとして流通しているものは、ボタンエビでないものも多いらしい。
しかし、竹島水族館で展示されているチビ・エビたちは正真正銘、ボタンエビだ!!
違う物を買ってしまわないよう、その姿をしっかり目に焼き付けておくといいだろう。

色や形はちゃんとエビなのに、小さいので可愛らしい。
食べるようなサイズになるまでは、まだまだかかりそうだが、見に行く度に、“また大きくなってる!!”みたいな楽しみ方ができるんじゃないかな!?


最後に魚もひとつ。
深い海域にいる魚類は、どうしても生きまま上げるのが難しい。
口や肛門から内臓が飛び出てしまった深海魚の姿をTVなどで見たことがある人もいると思うが、高水圧の環境から一気に減圧させるため、どうしてもああなってしまうのだ。
そんな風になってしまうことから、展示が難しい魚のひとつがイトマキフグ。
IMG_8745.jpg
ハコフグのような硬い体のため、体ははち切れていないが、肛門から腸が飛び出てしまうのだそうだ。もちろん、そんな状態ではすぐに死んでしまうので展示は無理。
それが今回、非常にいい状態で揚がってきたため、展示することができたという。
竹島水族館にも展示できない状態のものを含めても、年に数回しか搬入されない激レア魚だそうだ。
もちろんオレも初めて見たが、イトマキと名が付くものは、フグでもエイでも珍しい存在のようだ。あっ、ヒトデは違うか!!

深海生物はとにかく飼うのが難しいという。
魚の場合は生きて持ってくること自体が難しく、鰾を持たないサメやアンコウなどは体こそ破裂していないものの、やはり急減圧によるダメージは大きく、その後生かすことが難しい。
一方、生きて揚がってくることの多いカニなど無脊椎動物でも、その後の飼育は大変で、搬入直後は状態がよくても、徐々に弱って死んでしまうものや、その後水を換えたり、水槽を移動したりすると死んでしまうものなど、とにかく扱いが難しいらしい。
だから、今回ここで紹介した生き物たちも、行ったらいなかった、なんてことも考えられる。
そもそも、飼育法を探求できるほどの個体数も手に入らないだろうし、やはり行った時に見られたらラッキー、そんな感じなのだろう。

冬の竹島水族館は、そんなラッキーに巡り会える可能性がきわめて高い水族館だ。
加えて、水槽が明るく、貴重な深海生物がとにかく見やすい。
何が見られるかは時の運、みたいな部分もあるけれど、深海生物ファンならシーズン中、1度は行っておくべきではないかな!?

行ってみることをオススメしているが、竹島水族館からは何ももらってないどころか、ちゃんと入館料を支払って、普通に入館しているので、変な誤解のなきよう!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ご用の方はmistralaquqrium@gmail.comまでご連絡下さい。
メッセージを送る