So-net無料ブログ作成

久しぶりの足立区生物園 [水族館レポート(認定)]

厳密な水族館ではないものの、水族館ファンからの人気も高い足立区生物園。
友人知人の“行きました話”を見たり聞いたりしていると、行きたいなぁ、なんて思うものの、都内同士の移動ながらウチからだと片道1時間半ほどかかる地味な遠さに阻まれ、なかなか足が向かずにいた。
そうこうしている内に、早いもので最後に行ってから既に5年近くが経過してた(汗)
今年は改装のため、夏以降に一時閉館してしまうそうなので、その前に行かなくちゃ!! と、ようやく重い腰を上げ、竹の塚まで行ってきた。

入館してすぐの水草水槽は、以前の時の方がワサワサ鬱蒼としていたような気がするのだけど、それよりも、以前来た時にはいなかったエンゼルフィッシュの群れに目を引かれた。
IMG_9629.jpg
ワイルドのスカラレ。しかもかなりのクオリティだ。
ワイルドのエンゼルは好きで、クオリティの高い個体を見ると、種類に関わらず感動してしまう。
水族館で感動させてくれたワイルドエンゼルと言えば、最近では竹島水族館のアルタムがいたが、スカラレは番匠川おさかな館以来久しぶり。
アルタムに比べて、スカラレはより好戦的で、個体間の闘争もより激しいイメージがあったのだけど、ここでは小競り合い等もほとんど見られず、実に平和に群れていた。
エンゼルフィッシュを飼うには圧倒的な水槽サイズが、すべていい方に作用してるんだろうな。
もともとの個体クオリティもよかったんだろうけど、とにかく綺麗でビックリ。
サイズも立派なので、現状、水族館のスカラレ部門では暫定No.1としておこうかな(笑)

足立区生物園に行くと、楽しみなのはやはり蝶の温室だ。
オレが行った日はとても暖かかったので、温室の暖かさは、ありがたいよりも暑く感じることの方が多かったけれど、寒い今時期にはいつも以上に魅力的に感じるものだ。
しかし、その暖かさ以上に、温室内の水槽にピラルクーがいることも大きい。
IMG_9676.jpg
ここは東京圏の数少ないピラルクースポットのひとつでもあり、オレがここに来る原動力となっていることは間違いない。
久しぶりに見ると、あまりにも久しぶりなので、前からいた個体なのか、知らない内に入れ替わったのかは分からないけれど、こんなに小さかったっけなぁ? と。

水槽内を泳ぐその他の魚たちも、多少の入れ替わりがあったようで、記憶にはあるのに姿が見えないものも。
まぁ、5年近くも経っているのだから仕方がないのだけど。
IMG_9652.jpg
でも、アリゲーターガーたちはなかなか綺麗に育っていたし、それ以上に水底を這い回るポルカドットスティングレイの立派さはこれまた目を奪われた。
IMG_9644.jpg
以前は結構大きいモトロもいたような憶えがあるのだけど、その日に見かけたのは2匹のポルカドットのみ。
模様の美しさだけなら、もっと綺麗な個体がいることもよく知っているけれど、体型や大きさも含めて見ると、かなりいい個体と言っていいんじゃないだろうか?
大きな個体はメスだったんだけど、これだけ大きくて立派なメスなら、繁殖を狙ってみてもいいんじゃない!? なんて思ってしまう。

明るい温室内にある水槽なので、映り込みが強烈で、写真はおろか、中を眺めるのも難儀することがあるほどなのだけど、温室ならではの高温多湿な環境は、寒くて乾燥している今時期にはとても気持ちがいい。
真冬なのに汗ばむほどの暑さも、ピラルクーや淡水エイの故郷を想像させてくれるようで、温室水槽ならではの醍醐味だ。

足立区生物園の展示は、その園名が示す通り、生き物全般多岐に渡っており、魚以外にもいろいろいる。
オレが行った時は、館内で昆虫展が開催されていたようで、南西諸島や海外の昆虫が並んでいた。
小さい頃、虫好きだった記憶が蘇るのか、こうした変わった虫が楽しい。
魚を見に行ったはずなのに、その日、一番印象に残ったのはスカラレよりもピラルクーよりも、実はナナホシキンカメムシという南西諸島産のカメムシだった(笑)
IMG_9640.jpg
だって、メタリックグリーンに輝く体が驚くほど綺麗だったから。こんな虫がいるのか!! ってね。

ピラルクーなどの魚を見に行ったはずなのに、違うものでも楽しめてしまう。
そんな所も足立区生物園ならではの魅力なのかも知れないね。

最後にちょっと告知を。
2月24日(日)にお台場の東京カルチャーカルチャーで開催される「中村元の超水族館ナイト」に、私ミストラルがゲストとして参加させてもらえることになりました。
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_130124204149_1.htm

いつもはすぐに前売り完売してしまうイベントながら、今回はゲストが小粒(汗)なせいか、2月10日の時点でもまだ残り席があったとのこと。
中村氏による興味深い水族館話が楽しめるのに加え、会場には水族館好きの人が沢山来ています。水族館や水族館の生き物が好きな人なら間違いなく楽しめるイベントですので、24日の夜は時間がある、なんていう人は是非!!

私めもお台場でお待ちしています。よろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ずぅ

なるほど・・・
ビラルクーやガーだけではなく、
珍しい昆虫にも出会えるスポットなんですね(^^)

水族館ナイト出演、おめでとうございますヽ(*´∀`)ノ
ミストラルさんの話を聞きに行きたいのですが、
大会の出張と重なっております。
行くのは難しいと思います(T_T)

中村さんとミストラルさんならば超マニアックで、ディープなナイトになるでしょうね(^.^)

成功をお祈りしています(#^.^#)
頑張ってください☆
by ずぅ (2013-02-24 10:47) 

ミストラル

>ずぅさん

水族館ナイト、関係者、来場者の皆さんのお陰で、何とか無事に終えることができました。
ありがとうございます。

ご来場いただけなかったのは残念ですが、またどこかでお目にかかれれば、と思います。

足立区生物園には行かれたことがありませんか?
展示されている生物たちの“身近な特別感”が楽しい園館ですよ。
もし行かれたことがないようなら、1度足を運んでみて下さい!!
by ミストラル (2013-02-25 11:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ご用の方はmistralaquqrium@gmail.comまでご連絡下さい。
メッセージを送る