So-net無料ブログ作成

マリンピア日本海の気になる魚 [海/淡水・魚全般]

マリンピア日本海は、魚が見たくて水族館に行く人にとっては、悪くない水族館だ。
リニューアル効果で、水槽は外光による影響を抑えてあるなど、観覧面は暗く、水槽内は明るく、とても見やすくされている。
さらに、リニューアルから日が浅い今は、水槽内外もとても綺麗で、また、それに合わせたかのように、水槽の中の魚たちも綺麗なものが多く、綺麗に見えるようになったからそう見えるのかも知れないが、魚そのものを眺めるには旧水族館時代よりも楽しめるようになったんじゃないかな?

ひとつ前のブログにも書いたように、展示の内容自体は、旧水族館時代と大きくは変わっておらず、以前あったものは新しくなった水族館にもある。
個人的にマリンピア日本海では、ターポンの水槽印象が強かったのだけど、新水族館でも相変わらず? その水槽の前にいる時間が長かったような…(笑)
ただ、以前いた水槽から、同居していたレッドドラムやスヌークも一緒にホール脇の少し広い水槽へと移動。エンゼルやルックダウンなども追加され、カリブ海水槽となっていた。
ただし、水槽内ではターポンやレッドドラムなど大型魚のキャラが強く、追加された魚たちは申し訳程度、といった印象しかない。
IMG_5897.jpg
でも、ターポンは相変わらずのカッコよさ。
水族館で見掛ける機会の少ない魚だから、ターポン好きならマリンピア日本海は大きな満足感が得られるのではないだろうか?


ターポン同様、この水族館ならではの気になる魚と言ったらウケクチウグイだ。
IMG_5856.jpg
以前来た時は、その存在も知らず、何か変わったウグイがいるぞ… くらいの感覚だったのだけど、久しぶりに見て驚いたのは、何よりその大きさ。
確かに名前の由来ともなっている顔つきも特殊だが、60㎝以上ありそうなウグイとは思えない巨大さに「こんなデカかったっけ!?」と驚いた。
帰ってきて調べてみたら、ウグイの仲間では最大種で80㎝近くになるものもあるとか!!
その巨大さもさることながら、生息範囲の狭い珍しい魚でもあるから、マリンピア日本海に行ったら、是非、見てみて欲しい。
川の水槽も、以前より大幅に見やすくなっているし。


新潟の人に好まれるのか、サンゴ礁の水槽がいくつもあった反面、日本海を感じさせてくれる水槽が少ないような気がした、というのはひとつ前のブログに書いた通り。
だが、その数少ない日本海や深場の海を表現した水槽が魅力的だったのも事実で、じっくり見入ってしまった水槽もいくつか。
そんな水槽のひとつにいたのがアズマハナダイ。
IMG_5602.jpg
日本海ならではの魚ではないものの、その綺麗さに水槽前を通りがかる度に足を止め、カメラのシャッターを切る、を繰り返してた。
別段珍しい魚ではないものの、綺麗なのは間違いないし、それが大きめの水槽に沢山入っているというのはあまり見掛けない光景だ。
隠れがちでジッとしているイメージの強い魚だが、個体数が多いからか、よく見える位置にも泳いでおり、もともと泳ぎ回るタイプの魚ではないため、写真撮影を楽しませてもらった。
アズマハナダイを見に行くなら、マリンピア日本海、オススメです!!


アズマハナダイがいる水槽の並びは、日本海や深場など、暗めの水槽が並んでいる。
それらの中で、一番大きい(と言ってもそれほど大きくはないけれど)水槽には、オオクチイシナギやアカアマダイなど、深場のメジャー種? が多く入っている。
この水槽の魚たちときたら、よく泳ぎ回るので、よく見知った顔ぶれとはいい、見ていて楽しいのだ。
その中でも、ホウボウ&カナガシラはひと際目を引いた。
IMG_5790.jpg
普段は底でジッとしていることの多いこれらの魚たちも、本来の美しさを自慢するかのように、忙しそうに泳ぎ回っていたからだ。
翼のような胸ビレを広げると、ホウボウの方が綺麗なんだけど、体色の鮮やかさはカナガシラが上かな?
とは言え、どちらもいい位置では胸ビレを広げてくれないので、こんな写真が精一杯。
せっかく泳ぎ回ってくれているのにねぇ…


最後の1匹は、日本海ならではのイサゴビクニン。
IMG_5712.jpg
日本海の深海に生息する巨大なオタマジャクシ的な魚。
この形で60㎝は超えていそうなかなりのサイズで、一見不気味なんだけど、しばらく見ていると何となく可愛く見えてくる、不思議な魅力を持っている。
しかも、ほとんど動かないのにものすごい存在感があって、薄暗い水槽の中で、黒い魚だというのに、水槽前を通るほぼすべての観客を吸い寄せるように集めていく。
同じ水槽にはマダラ(真鱈)も入っているのに、そちらまで見る人は稀で、ほとんどはこのイザゴビクニンに釘付けになる。
その魅力を解説することはできないけれど、スターの素質、大いにあると思う。
比較的小さな水槽にいたけれど、もっとスポットを当てるべき存在だと思う。マリンピア日本海なのだから、ね。

見たことない人は、是非、見に行ってみて欲しい。好きか嫌いかは別にしても、間違いなく、強く印象に残るはずだから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ご用の方はmistralaquqrium@gmail.comまでご連絡下さい。
メッセージを送る