So-net無料ブログ作成

久しぶりの… マリンワールド海の中道 [海獣全般]

もう1ヶ月くらい前の話になるのだけど、マリンワールド海の中道に行ってきた。
海響館まで行ったこともあり、そこまで行ったのだから、こっちにも行っておくか、みたいな感じ?
だから、明確な目的のない訪問となったのは、その前日に行った海響館と同じ。

明確な目的がなく、しかも初めてでもない水族館となると、今ひとつ気合いが入らないというのか、ダラッと見てしまう。
もっとも、普通、水族館の楽しみ方というと、そんな感じなのだろうけど、館内をぶらぶらしながら、気になったものにカメラを向け、ショーを観て、気が付いたら閉館時間、そんな感じの1日だった。

明確な目的がなかったからか、はたまた、マリンワールドのものが魅力的だったからなのか、海獣類を眺めていた時間がいつもより? 長かったような気がする。
そんな中で、前回訪問時には見られなかったコビレゴンドウのショーを見ることができた。

コビレゴンドウを飼育している水族館は3館しかなく、実はかなりのレア鯨類。
マリンワールドのショーはショーに出演する個体がチームごとの入れ替え制になっていて、コビレゴンドウが属するチームが出演しなかったため、前回訪問時には姿は見られたものの、ショーでの活躍は見ることができなかったのだ。
今回も1回目のショーには出演していなかったので、見られないのかと思っていたら、その後、チームの入れ替えがあり、それ以降のショーには出演。
IMG_9143.jpg
結構広いと感じていたプールが狭く見えるほどの存在感。小さなカマイルカとのペアでのジャンプでは、その巨体がひときわ目立っていた。
それこそカマイルカの数倍はある巨体故か、ジャンプでは身体が重そうだったが、最後に彼女の大技? であるスピンジャンプを披露してくれた。

鯨類と言えば、スナメリも見逃せない。
スナメリを展示している水族館はいくつかあるが、マリンワールド海の中道のものは特に可愛い。今回も2頭が代わる代わるガラス面まで顔を見せにやって来てくれた。
それだけでも個人的には満足なのだけど、知らない間にスゴ技を身につけていたようだ。
IMG_9185.jpg
それがコレ。
ただのバブルリングじゃない。バブルリングを作るのはオス個体。
しかし、その口に空気を入れるのはメスの役割。つまり、口移しされた空気をバブルリングにして見せるというスゴ技なのだ。
給餌時間に合わせて披露されるが、オレが行った時は練習中だったのか、特別なアナウンスもなく、スイーッとガラス面にやってきたオスが突如、バブルリングを吹き出したので“エッ!!”という感じで慌ててカメラを構えたのだった。
だから、バブルリングは何度か見たものの、口移しする所などは実は見ていない。
でも、既に話題になりつつあるから、次に行った時には、スナメリ水槽には近づけなくなってるかも知れない!?

マリンワールド海の中道で海獣と言えば、その名もずばり「かいじゅうアイランド」というアシカやアザラシを展示したエリアがあるが、そこにいるアシカの仔も印象的な1頭だった。
IMG_9167.jpg
そろそろ乳離れし、魚を食べ始める頃に差し掛かっていて、プール内に沈んだ餌の魚をくわえて泳いだり、それをグチャグチャ噛んでみたりと、まさに食べ始める直前段階。
オレが行ったのは3月の始めのことだったけれど、今頃はもう、魚を喜んで食べているのだろうな。
好奇心いっぱいの幼いアシカは、観客の所までよくやって来てくれるのだけど、この仔は見てもくれず、魚をくわえたままスイーッと目の前を通り過ぎていくばかり。
むしろ、母親個体の方がいくらか愛想がよかったくらい。
もっともそれも、もう少し成長したら、遊んでくれるようになるのかも知れないけれど。

マリンワールド海の中道で産まれた海獣と言えば、ラッコのマナもいる。
人工保育で育てられた子で、今現在、日本にいるラッコの中ではもっとも若い個体だ。
IMG_9325.jpg
給餌の際、ちょっとしたパフォーマンス? を見せてくれるのだけど、落ち着いてこなす母親個体と比べると、落ち着きがなく、すぐにトレーナーの元へと返ってしまう。
隣のプールで父親個体が餌を食べていると、上陸して仕切りからそれを覗き込んだりと、落ち着いた母親個体と比べると、慌ただしく動き回っていて微笑ましい。
IMG_9331.jpg
母親は落ち着いてトレーナーの指示をこなす。

これは個人的な話なのだけど、オレにはラッコが撮れないのだ。
どういうワケか、綺麗に撮れたためしがない。
今回も閉館間際の給餌の際、飼育スタッフ氏がオレのカメラに気付いて、ラッコをその方に向けてくれたりしたのだけど、それでも撮れない。

思い入れや愛情が足りないから? 確かに好きな動物ではないけれど、それほど難しそうな相手とも思えないのだけどねぇ…
今回も、撮影している時は「今日はラッコが可愛く撮れちゃってるんじゃない?」なんて内心ほくそ笑んでいたのだけど、家に戻ってみてみたら、例によって、ほぼ全滅。いつも通りの証拠写真にしかなってなかった。

せっかくいろいろ見せてくれたのに…
ラッコの写真、多少は撮れるように、頑張って練習してみるかな!?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ご用の方はmistralaquqrium@gmail.comまでご連絡下さい。
メッセージを送る