So-net無料ブログ作成

ラッコが見られなくなる日@サンシャイン水族館 [その他]

ここ最近、ラッコの展示を終了する水族館が加速度的に増えているような気がする。
TVのニュースや新聞などでも盛んに報道されているため、その理由も多くの人が知る所だと思うが、1月7日にもサンシャイン水族館で飼育中だったラッコの「ミール」がリンパ腫で死亡。それによって、サンシャイン水族館も約30年続いたラッコの飼育、展示を終了することとなってしまった。
LY5A6096.jpg
現在はまだ、オスのラッコ「ロイズ」が展示されているが、そのロイズは繁殖を目的に他館からやって来た個体のため、繁殖という目的が不可能となってしまった今、ロイズは他の施設に移動となる。そのため、サンシャイン水族館でラッコが見られるのはあと3日。
移動を控えたロイズは、移動用ケージに入るトレーニングを行っていたのが、終わりに向けたカウントダウンのようで、何だかちょっぴり切ないような……
LY5A6080.jpg
とは言え、個人的にはラッコには特別な思い入れがある訳でもないし、むしろ、どちらかと言えば好きなではない類だったりする。
しかし、サンシャイン水族館は、オレが初めてラッコを見た施設であり、小学生だった当時から今日まで、行けば必ずいる存在だったから、それがなくなってしまうというのは、とうとうこの日が来てしまったか…… といくらか感慨深く思う。
“最初”も知っているのだから“最後”も見ておこうと、珍しく? ラッコを目当てに池袋へと足を運んだ。

しかし、ラッコ水槽の前は、人が何重にも列をなし、30年前に逆戻りしたようだった。
30年前と違うのは、そこに群がるほとんどの人がスマートフォンやタブレットPCを持ち、その姿を写真に収めようとしていること。
LY5A6067.jpg
そのため、いつまで経ってもそこからいなくならず、ラッコを見に来る人も次々やって来るから、ガラスの前に近付くことは結局できずに終わった。
ブームが去って以降のラッコプール前なんて、いつも空いていたのに……

かつて日本中を席巻した大ブームによって、多くのラッコが日本にやって来た。
だから、ちょっと大きめの水族館に行きさえすれば、“どこにでもいる”みたいな印象さえあったし、オレが全国水族館巡りを始めた06年頃も、まだ多くの施設でラッコを見ることができた。
しかし、そんなラッコも、今や日本中に13頭。その中には高齢の個体も多いため、近い将来、展示を終了する水族館はさらに増えてしまうことになるはずだ。

ラッコブームの仕掛け人だった、現・水族館プロデューサーの中村元氏は、ラッコが日本にやって来るまで、その名前を聞いて知っていた人はいなかった、と言う。
物心着く頃から動物図鑑ばっかり見て育ったオレは、ラッコが日本上陸する前から、ラッコという名前の動物がいることだけは知ってた。
しかし、お腹を上にして水面で浮かんで生活していることも、お腹の上で貝を割ることも知らなかったし、それ以前にあんなに大きなものだとも思ってなかった。
ラッコの名前を知ってたオレも、イタチの仲間として想像していた大きさよりも、ずっと大きかったことを知ったのもサンシャイン水族館でのことだった。
当時、東京や関東にいた人たちは、オレと同様、サンシャインで初ラッコを経験した人が多いのだろうと思う。
その後のブームではTVでラッコを見ない日はない、というくらいだったし、それを契機に、沢山のラッコたちが日本にやって来たことで、今やラッコがどんな動物か知らない人はほとんどいないのではないだろうか?
しかし、この先、日本からラッコが姿を消したら…… 誰もラッコを知らない35年前みたいな状態に少しずつ戻ってしまうのかもなぁ、と、ちょっぴり気掛かり。
日本で見られなくなるまでには、まだもう少し猶予がありそうだけれどね。
LY5A6060.jpg
始まりがあれば、終わりは必ずあるもの…… とは言え、色々な意味で厳しさを増している水族館や動物園を取り巻く状況も気になるところ。
例えば、ラッコに限らず、今いる個体が死んだらそれでお終い、みたいな生き物が他にも結構いることなど。

でもまぁ、今は、サンシャイン水族館によって与えられた、生きたラッコを見られたという事実に感謝したいと思う。
サンシャインで展示されたラッコたち、そしてそれに関わったスタッフの皆さん、どうもありがとうございました。おつかれさまでした。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

宮城

残念でしたね・・・・
私の初ラッコはマリンピア松島の、「貝を飼育員さんに返す利口な名物ラッコ」だったのですが、それもだいぶ前に亡くなりました。
私は中学生なのでラッコブームは知らないのですが、
サンシャインのラッコも見に行ったことがあるのでとても残念です。
サンシャインにこの前行きましたが、ラッコプールなんか多目的水槽って書いてあったんですけど、ラッコが引っ掻いた跡があって、
ああ、ラッコはたしかにいたんだなと面影を重ねました。
by 宮城 (2016-05-01 06:41) 

コトタマ

紹介


日本語の起源

言霊百神
by コトタマ (2016-05-03 21:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ご用の方はmistralaquqrium@gmail.comまでご連絡下さい。
メッセージを送る