So-net無料ブログ作成
検索選択

沖縄美ら海水族館の気になる魚 Vol.7 [海の魚]

今年の水族館初めも、沖縄美ら海水族館からだった。
イトマキエイやマンタの話をしているので、今さらな感じだけれど……(汗)
いつもとは違い、今回の沖縄行きは水族館が目的ではなかった。でも、オレが沖縄まで行って、美ら海水族館に行かずに帰ってくる、なんてことはあり得ない!!
行ってしまえば、やっぱりいろいろと楽しくて、イトマキエイやマンタ以外にも驚きがあって、すっかり満足して帰って来られたのでした。

今年最初の美ら海水族館で、オレを一番驚かせてくれたのがオキナワオオタチ。
LY5A6701.jpg
4年もの歳月を掛けて展示に漕ぎ着けたという、沖縄の深海に住まう巨大タチウオ。
最大2mにも達するとかで、その大きさから釣り人にはメガタチなんて呼ばれているらしい。

実物を見て思うのは、デカイ!! のひと言に尽きる。
LY5A6430.jpg
水族館まで運んでこれるくらいのサイズなので、オキナワオオタチにしては驚くほどのサイズではないのかも知れないけれど、それでも1m超の大きさは、一般的なタチウオと比べると相当大きい。生きたタチウオを見たことがある人なら、余計にその大きさに驚けるのではないだろうか?

動画(ほぼ動かないけど)


食材としてはよく知られたタチウオが、水族館であまり見られないのは、輸送や飼育が難しいから。もちろん、オキナワオオタチも例外じゃない。むしろ、その大きさが輸送をより難しいものにするのだろうと思う。
昨年の末頃にも展示されたことがあったようなのだが、その時はごく短期間で展示が終了してしまっていた。しかし、深海担当のスタッフ氏たちはそこで終わりにはしなかった。引き続きチャレンジを続け、前回を上回る規模で再展示を実現させた。

展示個体は1匹ずつ、釣りで採集され、餌付いたものから展示水槽へ。
LY5A6586.jpg
展示されている水槽は、それまで深場の魚たちが展示されていた水槽。マンボウ水槽のようなビニールフェンスが設置され、擬岩や底砂も取り出され、水槽の雰囲気はそれまでとガラリと変わっていた。
以前の展示の時には、薄暗い水槽ということもあってか、それほど水槽前が混雑する印象がなかったのに、水槽の住人がタチウオに変わった途端、やはりその巨大さが目を引くのか、はたまた圧倒的な珍しさからなのか、水槽の前には人だかりが絶えなくなった。
個人的には、元々の住人たちも好きだったから、それらに会えないのはちょっと残念に思う部分もあるけれど、誰が見てもひと目で“スゲェ!!”と思える巨大タチウオは、美ら海水族館ならではの新しい見所と言っていい。

いずれにしても、飼うのが難しい魚であることは間違いないので、興味があるという人は、できるだけ早く見に行くことをオススメしておきます!!

オキナワオオタチがいる深海エリアを抜けると水族館の出口ゲートが出てくる。その先のお土産ショップを抜けて、エスカレーターを下ったところにある水槽をご存じだろうか?
これまでヒラアジ類の幼魚が泳ぐ、これまた個人的には結構お気に入りの水槽のひとつだったのだけど、その水槽が久しぶりに展示替えがされ、新しい住人としてミズンが搬入された。
LY5A6499.jpg
ミズン? 簡単に言えば、沖縄のイワシ。
マイワシと比べると、体高が高く薄っぺらな体型で、色や柄もなく銀ぴか。そのため、イワシというよりはサッパに似てる。
そのため、既視感があったりする…… のだけど、関東はおろか、本州では見られない魚なので、沖縄の人以外からすれば、見慣れない珍しい魚だ。

以前、危険ザメ水槽で展示されていたこともあったので、見たことがある人もいるかも知れない。でも、小さな小魚だから、大きなサメ水槽で見るよりも、この水槽での方が、どんな魚なのかはよく見えると思う。
なお、この水槽がある美ら海プラザは、水族館に入らなくても無料で入れるので、ミズンだけは“タダで”見ることができる。

余談ながら、地元では“みじゅん”と呼ばれていて、標準和名もそれに由来するものだと思うのだけど、オレもミズンよりみじゅんの方が好き(笑)


オキナワオオタチやミズンは、目を引く展示だから、見る人も多いはず。
だが、その水槽の中の1匹、みたいな、注目されなさそう? なものにスポットを当てるのがこのブログなので? そんな1匹も。
大水槽へと至る、サンゴ礁エリアの個水槽。その中にクマノミとヘコアユが泳ぐ水槽がある。
クマノミが暮らすイソギンチャクがちょうど水槽の中央に配置されていて、子供を中心に「あっ!! ニモ~」という声とともに人だかりができる人気の水槽だ。
ひねくれ者のオレは「そんな水槽には用はないぜ!!」と、素通りしてた。そもそも混雑していて近づきにくいしね。
でも、ある時、水槽の前を通った時、変な動きをしているヘコアユの姿が目に入った。
何だ? どうなってるんだ? と水槽に近づいてみたところ、変な動きをしていたヘコアユはヘコアユではなく、カマスベラの幼魚だった。
LY5A6776.jpg
色といい、形といい、遠目から見ればヘコアユに見える。おまけにこの個体は大きさもヘコアユ級だったから、もしかして、小さい内はヘコアユと混棲してるの? みたいに思ったくらい。実際はどうなのかは分からないけれど……

これ、狙ってやってるんだとしたら、この水槽の担当の人、スゲェなぁ、と。

と、こんな感じで、水槽担当者のこだわりを感じられる? 美ら海水族館の水槽・魚 3選、でした。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

さもさ

いつもブログ更新楽しみにしています!
最近更新がなく、少し残念に思っていたので再開していただけて(閉鎖のききにあったなんて、、ほんとに)感謝しています!
私は、エイのファンなので今回の沖縄の更新とても楽しく拝見いたしました!

沖縄の方言って、ミジュンもそうですが、イラブチャー(ブタイ)とかも、すごく魅力を感じるネーミングだって私はこの思ってます。

いつも、旅行ではかならず水族館にいくのですが、ミストラルさんの水族館ブログに書いてあったことを思い出して、「あの場所に私もいるんだー!」って感激してます。笑
美ら海水族館には行ったことがないので、また機会があったならば、同じように思うに違いないですね!
色々あると思いますが、頑張ってください!
by さもさ (2017-02-15 20:55) 

ミストラル

>さもささん

ようこそ。
コメントをありがとうございます。

加えて、応援までいただきまして、ありがとうございます。
こういうコメントを頂けると、とても励みになります。

沖縄の魚の名前、いいですよね。
すごく沢山あるし、一般的な和名よりも親しみやすいと言うのでしょうか? 魅力的に感じます。

ご期待に添えますよう、続けていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
by ミストラル (2017-02-16 13:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ご用の方はmistralaquqrium@gmail.comまでご連絡下さい。
メッセージを送る