So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年は激動の? 水族館イヤー [雑談]

2015年があけて4日目の1月4日、エプソン品川アクアスタジアムが一時休館に入った。
IMG_6708.jpg
エプソン品川アクアスタジアムが2005年にオープンして以降、サンシャイン水族館がリニューアルしたり、すみだ水族館ができたりと、都市型水族館を巡る争いは激化した。
サンシャインやすみだが多くのお客を集めている中で、オープンからたったの9年での大規模リニューアル。
http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/aquastadium/
オープン10年未満なら、まだまだ古いの範疇ではないと思うのだけど、同業他社がひしめく激戦区ならでは、なんだろうなぁ。
気になるのはリニューアル後のこと。新聞報道などで伝えられる事業予算の大きさからも想像できるように、各部、かなり大きく変わるらしい。
顔見知りのスタッフさんたちに色々探りを入れてみるも、当たり前ながら、帰ってくるのはあやふやな回答ばかり。
もっとも、仮に聞けたとしても、それをここで書くことはできないだろうけど(笑)

リニューアル休館を機に、退職してしまうスタッフさんも何人かいるようで、残念な部分もあるのだけど、個人的にもっとも行きやすい水族館でもあり、半年のこととは言え、それがなくなったのはオレにとっては結構な痛手。再オープンが待ち遠しいところだ。

エプソン品川アクアスタジアム以外にも、今年、2015年はリニューアルを行う水族館がいくつかあるのだ。
まず、そのひとつが千歳サケのふるさと館。
IMG_4410.jpg
7月に“サケのふるさと 千歳水族館”としてリニューアルオープンの予定。
北海道で再び、爆発的な水族館ブームが巻き起こるかも知れない。
千歳水族館がどう変わるのかは、教えてもらった部分もあったりするあるのだけど、ここでは内緒(笑)
IMG_6329.jpg
頭の中でまだ見ぬその新水槽を思い浮かべながら、これまた夏のオープンを楽しみにしている。

夏まで待たなくてもいいのが、大分のうみたまご。
IMG_1116.jpg
4月18日に新施設「あそびーち」がオープンする。
http://umitamago.jp/goto/asobeach/
こちらは、動物とのふれあいが楽しめる公園的な? 施設のようだ。
八景島のふれあいラグーンの進化版、みたいな感じだろうか? それを確かめる意味でも、オープンしたら、行ってみなくちゃいけないのだろうね。

また、全面リニューアルではないが、竹島水族館、鳥羽水族館がそれぞれ部分的なリニューアルが行われ、それぞれ3月中~下旬にオープンする予定。
竹島水族館にはカピバラが、鳥羽水族館にはスナドリネコがやって来るらしい。

今年はリニューアルオープンだけでなく、新規オープンもある。
注目度が高いのは、やはり夏にオープンを予定している「仙台うみの杜水族館」だろう。
http://www.sendai-aquarium-development.co.jp/
震災の前から話だけはあった仙台水族館がようやく形になる。
震災前とは計画の内容が変わっているけれど、閉館してしまうマリンピア松島水族館の後継園館としての立ち位置は変わらない。
新水族館の運営を行う八景島シーパラダイスでは、仙台で活躍する予定のイルカたちのトレーニングが行われているとか。
周辺にはアウトレットモールなどもできるらしく、オープンする夏場は激しい混雑が予想されそうだ。

アウトレットモールと水族館という組み合わせは、大阪にもできるのだ。
エキスポランドの跡地にできる、海遊館が手掛ける新水族館、というのがそれ。
こちらは秋頃のオープン予定らしい。
http://www.kaiyukan.com/topics/2014/07/topic_001215.html
詳細はあまり伝わってこないけれど、これまでにない水族館になるのだとか。
こちらも仙台と同様、周辺にはアウトレットモールなど複合商業施設が作られる。
イメージとしては、すみだ水族館みたいな感じだろうか?

京都水族館のオープン以降、関西でも水族館の競争が激化しているけれど、それがさらに激しくなるのだろう。
特にこの新水族館を手掛ける海遊館は、同じ大阪で客の食い合いにならないのだろうか?
いずれにしても、混雑は間違いないだろう。いつ行くかは思案のしどころだ。

これらの新水族館とは別に、行きたい水族館、行く予定の水族館がいろいろあるというのに、今年はいろいろ大変そうだなぁ…(笑)

水族館にジンベエザメは必要なのか!? [雑談]

水族館プロデューサーの中村元氏は言う。
「水族館に魚を見に来ている人なんていない」と。

魚が好き。
そもそもそれが水族館に行く原動力となっている魚好きとしては、受け入れたくない言葉だけれど、でも、水族館で他の観客を見ていたりすると、「そうなのかもなぁ」とか「そうなんだろうなぁ」と中村説にも納得できてしまうのだ。
大抵の人は、水槽の前で長くて5分。目の前の魚を魚名板と照らし合わせると、その場から立ち去ってしまう。
このブログを始めたのも、そんな人たちに「目の前にいるその魚、凄いんだぜ!!」と言いたいがため、みたいなところもあったくらいで、水族館の魚をちゃんと見る人っていうのは、残念ながら本当に少ないのだ。

しかし、そんな人気薄の魚の中でも、ジンベエザメだけはちょっと違う。
その名前で客を呼べる、唯一と言ってもいい魚だ。
最大の魚というステータスもさることながら、目の前を巨大な魚が泳ぐのを目の当たりにすると、誰もが感動し、喜びの声を上げる。
4m少々の小ぶりな個体でもそうなのだから、水族館からすれば、それを展示したい!! と考えるのは当たり前と言ってもいいくらいの話なのだろう。

しかし、ジンベエザメならではの魅力である巨大さは、展示する上では最大の障害だ。
超巨大水槽を作れば飼育、展示は可能だが、その建造費用、そしてその後のランニングコストなど、とにかく膨大な資金が必要となる。
100以上もの水族館がある日本でも、ジンベエザメを飼育、展示しているのはたった5館(現在は4館)しかないのは、そういう事情だ。

先日、その5館の内の1館であるかごしま水族館で、飼育されていた個体が死んだ。
放流を目前に海上生け簀へと移動後、死んでしまったのだそうだ。
IMG_4453.jpg
※かごしま水族館のジンベエザメ水槽。今回死んだのは写真の個体ではありません※

かごしま水族館では放流を前提としたジンベエザメの飼育、展示を行っている。
現在、主流となってしまっているその方法を考案し、実行している最初の水族館でもある。そのため、一時的な飼育、展示、そして放流という展示法を「かごしま方式」と名付けていたりする。

でも、水族館が飼育している魚を放流するのってどうなの? と思う。
手持ちの水槽で飼いきれないから、一時的に飼育して、大きくなったら海に放流する。
それでは、アリゲーターガーやミドリガメなどを自然下に遺棄する無責任な飼い主と違わないじゃないか!! と思うのだ。
飼うことができる入れ物がないのなら、飼うべきではない。
これは一般飼育者だけでなく、水族館でも変わらないことのはずだ。

それもないのに飼育を始めて、死なせてしまったのが10月の下田海中水族館であり、5m超の魚を水槽から取り出して、移動するなんて、リスクもコストも高いことをしなくちゃならないのが、今回死なせたかごしま水族館や、のとじま水族館。最近では海遊館もそこに含まれるのかな?
IMG_4821.jpg
魚の移動、それも大きいものになればなるほど、そのリスクは高まる。
水中で暮らす魚は、陸に揚げてしまうと自分の重さで内臓に負担が掛かり、それが原因で死んでしまうことも多い。
重くて運びにくいのに、水ごと運ばなくてはいけない理由もそこにある。
IMG_1136.jpg
のとじま水族館のジンベエザメ水槽

また、環境の変化も、魚には少なくない影響を及ぼす。
自然の海では、何が起きるか分からない不安定さもある。台風が来たり、大荒れになることだってあるだろう。
今回、そして以前に死んだかごしま水族館の個体、そして、以前放流時に死んだのとじま水族館の個体は、このあたりが死なせてしまうことになった理由だ。

もう、こういうの、止めませんか?

勘違いして欲しくないんだけど、オレはジンベエザメの飼育、展示自体には反対じゃない。
どこかに搬入される度に見に行っているくらいで、それが見られることは嬉しいし、ありがたいと思っている。
でもね、その扱い方も、飼い方も、ある程度以上分かっていて、設備さえ用意すれば、“飼える”生き物になっているはずのジンベエザメを、人の都合のつまらない理由で死なせ続けてしまうのは、水族館がすべきことではないと思うのだ。

かごしま水族館はこうも言ってる。
“水族館としても「客寄せのためにジンベエザメでも展示しよう」といった安易な考えを持つことは許されないでしょう。”とね。

ジンベエザメを展示しようという計画があったのに、結果的にそれが飼える水槽を作らなかった。それはもう飼育自体を諦めるべき話なのだと思う。
しかも、同じような失敗を何度か繰り返しているのだから、なおさらでしょう。
ジンベエザメなんかいなくても、魅力的な水族館であることはできるはずだし、実際にそういう水族館だって沢山ある。

もちろん、それはジンベエザメに限った話ではなくて、大きくて目立つ存在だから、より強くそう思うだけで、どんな生き物だって基本は同じ。

沖縄に行かなければジンベエザメが見られなくなる?
それでもいいじゃないですか。
人の都合で狭い水槽に押し込めているのだから、それが見たければそのくらいしたっていいと思う。
それこそ海の中で見ようと思ったら、費用だけでなく、運も必要になるけれど、とりあえず沖縄に行きさえすれば、いつでもちゃんと見られるんだからね。
IMG_0249.jpg
水族館ファンとしては、こんなこと、書きたくはなかったんだけどなぁ…

「ミストラルの水族館ブログ」を見てくれてる人って…!? [雑談]

8月も末。そろそろ夏休みシーズンも終盤。
オレにとっては再び水族館シーズンの始まりでもあるんだけど、夏の終わりというのは、何となく寂しさがありますなぁ。

夏休みシーズン。即ち、水族館に人がひしめく季節。
ミストラルの水族館ブログも多くの人たちがやって来てくれる時期でもある。
今回は8月に検索で見に来てくれた人の検索条件の中から、気になったものをいくつか。
水族館好きの傾向を調査してみたいと思う。
ネタが切れたんだろうって? ええ、そうです。ネタ切れですよ(笑)

ウチのブログは、生き物好きの人が、自分の興味のある生き物を検索してやって来てくれることが多い。
それも、ジンベエザメ、マンタ、ノコギリエイ…e.t.c. 圧倒的に多いサメ・エイ関連に加え、シャチ、ガー、ピラルクーなんかが多いところ。
まぁ、仕方ないよね(笑)
ところで、ウチのブログでは「ジンベエザメ」と表記していて、「ジンベイザメ」とは絶対に書いてないはずなんだけど、検索して来てくれる人は「ジンベイザメ」で来る人がほとんど。
「ジンベイザメ」でも絶対的な間違いではないけれど、ディー(D)をデーって読むみたいな感じ? ちなみに、図鑑などに掲載される名称は「ジンベエザメ」
また、ガーやアロワナなど観賞魚として流通しているものでは、その飼育者と思しき人なんかも結構来てくれているようで、こんな検索でやって来た人も。

「アジアアロワナ幼魚が大きな生餌咽に詰まらす」

喉に詰まらさない大きさの餌を用意してあげてね… としか言えないのだけど…
他にも不思議な検索条件はいろいろあって、

「アクアリウム展みつけたけど、ネットが固まって、今見れない(」
名古屋港水族館マナティの背中の模様」

ネットが固まったのに、検索はできるの?
マナティに模様、ないよ。それ以前に、名古屋港水族館にマナティ、いないけど…

いる、いないで言えば、こんな検索で来てくれる人も結構多い。

「鳥羽水族館にはノコギリエイはいる?」
「EPSON品川水族館にジンベイザメはいますか」
「能登島水族館雨だとイルカショーはない?」

検索するより、電話して聞いてみる方が早くない? なんて思ってしまうのだけど(笑)
その検索条件でウチのブログに辿り着けるのも、なんかスゴイ!!

上記の検索結果は、水族館に行こうとしてる人が検索したものなんだと思うんだけど、こういうのも多かった。

「名古屋港水族館と白浜アドベンチャーワールドのイルカショーどっちが凄いのか」
「越前松島水族館とのとじま水族館どっちがいい?」

好みにもよるので何とも言い難いけど… ブログにはどちらがいい、みたいな書き方はしてないし。
でも、イルカショーだけなら、名古屋港水族館よりアドベンチャーワールドがオススメです!!(←言っちゃった・笑)

イルカショーと言えば、最近、こんな検索条件が増えている。

「イケメンのイルカ調教師」
エプソン品川イケメン調教師」
「EPSONトレーナーイケメン」

以前、コメントを残してくれた人もいたけれど、エプソン品川のイケメントレーナーに注目が集まっているらしい。
誰のことなのか、オレも興味津々(笑)
まぁ、でも、イルカの背に乗ってプールを縦横無尽に行き交う姿や、プールからイルカと一緒に飛び出す様は、やっぱりカッコよく見えるもの。

イルカトレーナーと言えば、こんな検索条件も

大分うみたまごのイルカのトレーナーカッコいい人がいました」

だそうですよ。個人的には1度しか行ったことのない水族館なので、どんな人がいたのか、覚えていないのだけれど、イケメントレーナーを見てみたい人は、うみたまごに行ってみるといいかも知れない。

季節に関係なく、TVで水族館関連の番組を放送したり、海の生き物の番組があったりすると、一時的にアクセスが集中することがよくある。
今年の8月も、17日に放送された水族館の番組の放送以降、番組で紹介された水族館に関する検索条件で多くのアクセスが。
中でも多かったのが

「九十九島水族館イルカショーのキャッチボール」

初めて見ると誰でもビックリするもんね。イルカの空中キャッチボールも含め、海きららはとってもオススメな水族館です!!

他にもこんな検索でウチのブログにやって来た人も

「山の水族館山内」

TVの中の活躍ぶりからファンになったかな? ちなみに北の大地の水族館(山の水族館)に山内さんは2人いるのでお間違えのないよう。
と言うか、オレのブログで山内さん情報、何か書いたっけなぁ…?

最後に、ちょっと変わった検索条件も。

山形水族館へ東京から行くブログ」

恐らく、加茂水族館のことだと思うのだけど、確かにオレも東京から行ったけど…
でも、東京から山形の水族館に行くブログではないのだけれどねぇ…

それからこんなのも。

「アクアスの辺りのラブホテル」

知りません!! というかそんな検索条件で何でウチのブログが? って感じなのだけど…
水族館の近くのラブホなら、エノスイの向かいにあるよ。
残念ながら、利用したことはないのだけれど…

とまぁ、いろいろな人が、いろいろな検索でやって来てくれた、という話でした。
夏休みシーズンも終盤。そろそろ始動したいと思います!!
タグ:水族館

さいたま水族館の悲劇 [雑談]

つい先日の話だ。
さいたま水族館の外池の魚、約300匹が死ぬという事件が起きた。
池の水からは塩素が検出され、何者かが、何かしらの毒物(塩素系の薬剤)を池に流し込んだことによるものらしい。
ニュースなど報道もなされているから、知っている人も多いだろう。
悲劇の舞台となった外池は、餌やりなど魚たちとのふれあいを楽しめる、さいたま水族館の大きな魅力となっていた場所。ゴールデンウィークを控え、水族館にとっては商業的にも大きな痛手だろう。

信じられないのは、同じような事件は2月にも起きていて、その時は当時、池にいた約500匹の魚たちが全滅したという。
まったく酷い話だ。

ニュースにはなった。しかし、死んだのが魚だったからか、大騒ぎ、というほどではなかったような気がする。
でも、この犯人がしでかしたことは、テロと言ってもいいくらいのことだ。
もし、全滅したのが、どこかの水族館の屋外のプールで飼われているイルカだったらどうだろう?
殺されたのが、500匹の犬や猫だったなら…


先にも書いたように、庭の池での餌やりは、さいたま水族館の大きな魅力だった。
しかも、餌を食べに集まって来るのが、コイばかりでなく、巨大なアオウオやソウギョまでいるというのがさいたま水族館ならではのスペシャルだった。
IMG_7675.jpg
しかし、それがすべて失われてしまったのだ。その損失は想像以上に大きい。
何故なら、同じものを取り戻すには、長い時間がかかるし、中には取り戻せないものもいたのだから。

例えば、アオウオ。
IMG_7680.jpg
まず、手に入りにくい。
手に入ったとしても、かつてのサイズまで成長するには長い時間が必要だし、さらに、コイのように慣れやすい魚ではないから、以前のように人の前に寄ってくるようになるまでにも長い時間がかかるだろう。そこはソウギョも同様だ。
IMG_7694.jpg
また、2月に死んだ魚の中には、今や手に入らないレイクスタージョンもいた。
何匹いたのかは分からないが、20年くらい前に輸入されたものの生き残りがいくつかの水族館に残っている程度だったのに…
IMG_7699.jpg
それら貴重な魚たちに加え、オレのお気に入りだった奥の“無国籍池”も失われてしまったのだろうと思うと、本当に残念で、腹立たしい。

3ヶ月ほどの間に、同じような事件が2回も起きた。
再発は防止できるのだろうか?
そもそも、この事件には不思議な点がいくつもある。
池の魚を殺すということ自体が? さいたま水族館やそこで働く人への恨み? 羽生市に恨みを持つ人? なんて意見も。

また、塩素と言われている使用毒物についても、あれだけ大きな池の魚を根こそぎ殺すほどの塩素と言ったら、ちょっとやそっとの量ではない。
いくら屋外で夜中とは言え、監視カメラなども付いているのだろうし、ポリタンクをいくつも運び込むようなことは難しいんじゃないかと思うのだ。
そのため、関係者による犯行なのでは、みたいなことを言う人もいるくらい。
もっとも、個人的には、事件の全容が解明された所で、失われた魚たちが戻ってくる訳でもないので、そういうのは案外どうでもよかったりする。

しかし、犯人が早く捕まること、同じような犯罪がもう起こらないこと。
その2点については、水族館好きとしては、やはり祈らずにはいられない。
誰が何のためにこんなことをしたかは分からないが、さっさと捕まって、然るべき罪に処されることを強く望むのみ。

ミストラルの水族館ブログ 2013年シーズンの総括 [雑談]

年末ということで、今年も何回くらい水族館に行ったのか数えてみた。
65回。昨年よりも27回も少なかった。
だから、という訳でもないんだろうけど、少々ネタ切れ気味。
もうこんなに寒いっていうのに、今シーズンは深海生物ネタも昨年より弱い感じ!? で、とうとう年末。
もしかすると、11月のミツクリザメ大量搬入がピークだったり!?

それはともかく、今年の水族館の訪問回数が少なかったのは、サンシャイン、すみだ、エプソン品川に行った回数がそれぞれ減ったから。
反対に、美ら海水族館やおたる水族館は、例年より多く行ってたりするのだけど。
今年、新たに行った先では、和歌山、長崎がとりわけいい遠征となった。
5館(アドベンチャーワールド、白浜水族館、太地町くじら博物館、串本海中公園、和歌山県立自然博物館)を巡った和歌山は、どこも優劣をつけがたいくらいにそれぞれ個性的で魅力的。とんでもなく行きにくいのが大きな難点ながら、また行きたいなぁ、なんて思ってる。
IMG_2306.jpg
串本海中公園
もう一方の長崎でも楽しませてもらったけれど、特に佐世保の海きららは、再訪を画策している水族館のひとつになった。
IMG_5089.jpg
海きらら
和歌山、長崎ともにオレ以外の水族館好きにも、是非、行ってみて欲しい園館だ。

また、これからのシーズンなら、北海道の北の大地の水族館、冬の海獣公園ツアーが開催されるおたる水族館もオススメだ。
何も真冬にクソ寒い北海道に行かなくても… と思われるかも知れないが、水面を覆った氷を下から見上げた時の美しさ、雪で覆われた真っ白な海獣公園、そしてその中で生き生きとした様子を見せてくれるトドたち。まさに今の時期の北海道だからこそ見られる美しい光景だ。これも多くの人に見てみて、知って欲しいと思う。
IMG_8972.jpg
北の大地の水族館
IMG_1707.jpg
おたる水族館(海獣公園)

また、ミツクリザメや深海生物も、シーズンいっぱいはできる限り追いかけたい。
特に、先日のミツクリフィーバーに乗れなかった悔しさもあるから、なおさらにね。
110.jpg
一方、06年からスタートした全国制覇に向けた水族館巡りも、丸7年も経過しているというのに、まだ終わらず。現在87館と、まだ90にも届いてない。
とりあえず100を目指しているものの、あとどこに行けば100に届くのか、いつまで経っても見えてこない終わりにイヤになりそうになったり…
また、新たに行った水族館を気に入ってしまい、行きたい水族館ばかりが増えるのも資金や時間が限られることを考えると、悩ましい問題だ。

とりあえず、来年はまだ行ったことのない、あそことここを… なんて思いつつ、海外進出もしたいなぁ… なんて、難易度の高そうなこともちょっぴり思ってみたり。
年末ジャンボが当たっているとよいのだけれど(笑)
なお、水族館の方からの「ウチに来い!!」的な挑戦? もお待ちしています(笑)

それから、今年は“水族館の専門家”としての活動もいくつかさせてもらえた。
1月発売の「水族館で珍に会う」の執筆、8月には日本テレビ「PON」で水族館をいくつか紹介させてもらった。
来年もそんな活動ができればよいのだけれど…

出版社、編集プロダクション、TV製作会社の皆さま、
水族館関係で何かやりたい、そんな風に思った際のお声掛け、お待ちしております!!

水族館関係の方からの挑戦? も含め、何かありましたら
mistralaquqrium@gmail.com

まで、ご連絡のほど。

いずれにしても、来年も水族館やそこにいる生き物の話をしていければなぁ、と思っております。
見ていただきました皆さま、どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

それではよいお年を。
タグ:水族館

おかしなニュースの話 [雑談]

少し前、バルト海の端、デンマークスウェーデンの間、エーレスンド海峡で1匹の風変わりな魚が捕獲されたのがニュースになった。
その魚、何でも、キン○マを食いちぎるらしい。何とも物騒な話である。

しかしまぁ、ニュースを読み進むほどに、メチャクチャな話だなぁ、と。
遠いデンマークの話なので、ウソか本当かは分からないけれど、オレに言わせれば、東スポが報じる“宇宙人襲来”くらいのレベルで信じ難い話だと思った。

と言うのも、その“キンタ○を食いちぎる”らしいパクーは、南米原産の淡水魚だ。
パクーなんて名前も、いかにも「パクッ」と食いちぎりそうだが、それとこれとはまったく無関係(笑)

まず、それが海にいること自体、何かの間違いでしょ? なのに、捕獲されたのがバルト海と、熱帯域に生息する魚がいるとは思えない場所。
○ンタマを食いちぎるかどうかの前に、その時点で信じるに値しない話だと思ったワケだ。

しかし、捕獲されたのは、どうやら本当らしい。

アマゾンで「パクー」と呼ばれる魚にはいくつかあるが、今回話題になっているのは、
Piaractus brachypomus、水族館などでは「レッドコロソマ」と呼ばれてるもののことのようだ。
IMG_0467.jpg
確かに、タフな魚である。
しかし、海と淡水を行き来するような生活をする魚ではなく、多少の塩分耐性はあるにせよ、海の中で生きられるとは!! まずそこが何よりの驚き。
また、低温にもそれほど強くない熱帯魚であるからして、冷たい水では長時間生きることはできないのだ。今時期のエーレスンド海峡がどのくらいの温度があるのか知らないけれど、そこもまた驚きだった。
デンマークやスウェーデンの熱帯魚店でコロソマが売られているのかは知らないけれど、そうだとしたら、飼いきれなくなって海に捨てた、そんなところなのだろう。

そして、例のキ○タマ事件が起きたのが、パプアニューギニアだというのも、最初、信じられなかった理由だった。
先にも書いたように、南米原産の魚だから、別の何かと間違えたんじゃ…
なんて思ったのだけど、食用を目的にパプアニューギニアに移入されてるらしい。
確かに、大きな淡水魚が少ない地域ではあるけれど…

ニュースなどで報じられてるように、硬い木の実を噛み砕くことのできる強い歯と顎を持っているから、その気になれば、キン○マくらい噛み潰すのは訳もないことだろう。
しかし、噛み潰せるくらいの大きさの個体、恐らく50㎝以上だと思うのだけど、泳いでる人間の大きく動く足の間をくぐって、わざわざ噛みに行くかなぁ?
大いに厚かましいところのある魚ではあるけれど、そこまで大胆とも思えないのだけど…
まぁ、噛まれた人は不運だった、としか言いようがないんだけど、タウナギをケツに突っ込むようなバカもいることだし、あるいは… とも思ったり。

同じ男としちゃあ、想像するだけでも震えがくるような話だけれど、あまりに無節操な生態系破壊の報い、ってことなのかも知れないね。

寒いバルト海にいたんだから、日本にも!? なんて思う人もいるかも知れないが、確かに川や湖なんかに投棄するヤツもいるかも知れない。
でも、真冬になれば死んでしまうし、ましてや、キンタ○目がけて襲いかかってくる、なんてことはないはずだから、もし、いたとしても心配する必要はないだろう。
そもそも、日本では公共の場所で全裸になると法に触れるから、水着も着用しているだろうしね。

変な伝説を作ってしまった魚を見てみたくなったら…
淡水魚がいる水族館なら、大抵いる。
IMG_8228.jpg
こんなニュースを見聞きした後だと、その姿も恐ろしく見える… かも!?
タグ:水族館

上野水族館って知ってますか? [雑談]

不忍池のほとりの上野動物園内、今、ビバリウム(両生爬虫類館)がある辺りにあった水族館のことだ。
92年に閉館し、東京都の水族館としては葛西臨海水族園がその跡を継いでいる。

閉館したのがデジカメもインターネットも普及していない時代だったせいか、かつての水族館を振り返ろうにも、それが難しく、「上野水族館」とネット検索すると、同名のバー? がヒットする。行ったことはないけれど、水槽があるお店らしい。

水族館は64年に開館しているので、オレが産まれた時には既にオープンしており、閉館するまでに何度か足を運でいる。
最後に行ったのは25~26年前のことだったと記憶している。

どうして今、上野水族館の話かというと、書店で「水族館をつくる」という本を見つけ、手に取った。
アクアマリンふくしまの館長である阿部義孝氏が書かれたものだった。
その阿部氏、アクアマリンの前は、葛西の館長だったことまでは知っていたが、そのキャリアのスタートは上野水族館からだったらしい。
その本には、上野水族館の話も比較的詳細に書かれていて、当時の記憶を振り返りながら、何とも懐かしい気分になったからだ。

比較的規模の大きな水族館だったような記憶があるけれど、今からすれば、驚くようなものではない。
動物園に併設されていたから、アザラシやアシカ、ペンギンなどは(動物園で)見ることができたけれど、イルカなどの海獣はおらず、ショーなどもなかった。
入館してすぐの所にサメが泳ぐ大水槽があったけれど、それもたったの160tしかない、今では大水槽とは呼べない程度のものだ。
何せ小さなガキンチョだった頃の記憶なので、おたる水族館のパノラマ海遊水槽くらいはあっただろうと思っていたんだけど、その1/3くらいしかなかったってことだ。
それでもできた当時は国内最大だったようで、アクリルパネルを使った最初の大水槽だったらしい。
オレは30年以上前に、この水槽で初めてシュモクザメを見た。
餌用だったのだろう。生きたイワシが水面付近で群れていたのを覚えている。
IMG_6445.jpg
シュモクザメとイワシの組み合わせは、30年以上前に既にあったのだ!! 写真は葛西のもの。

他には、ヤジブカやドタブカの魚名板が出ていて、それらが本当にいたのかは覚えていないものの、「何だかカッコ悪い名前だなぁ」と思ったのは今でも記憶している。

そこから階段を上がり、3Fが魚の展示フロアだった。
階段を上がった正面に、プラタパッドという名前で展示されていたアジアアロワナと、スッポンモドキが泳ぐ水槽があり、その斜向かいにタイル張りの風呂みたいなプールがあって、そこにピラルクーやコロソマなどアマゾンの大型魚が泳いでいた。
上からしか見られないピラルクープールは、正直、あまり好みではなかったけれど、アロワナの水槽、とりわけウミガメみたいなスッポンモドキは、30年も前の話なのに、今でも鮮明な記憶があるくらいの、ひたすら夢の生き物だった。
IMG_5425.jpg
スッポンモドキ。名古屋港水族館で撮影したもの。

その先の展示フロアはコの字型に水槽が並んでいて、さほど大きくない水槽にポリプテルスや肺魚などの古代魚類が中心的に展示されていた。
この3Fには、淡水魚フロアと同じ配列で、海水魚も展示されていたらしいのだけど、どういうワケか、そちらはまったく記憶にない。
記憶がないから、サメ以外の海水魚はいなかった… なんて思っていたくらいだ。

上野水族館と言えば、忘れられないのがマンファリ(キューバンガー)である。
IMG_3703.jpg
コの字型に並んだ水槽の一番奥に、少し大きな水槽があって、そこにはガーが泳いでいた。
スポッテッドガーだったと思うのだけど、その中に1匹だけ、他のガーと同じ形なのに、柄がなく、真っ黒でひと際大きな個体がいたことをよく憶えていて、今にして思えば、それがマンファリだったんだろうなぁ、と。
その水槽の魚名板は、ガーパイクと出ていたが、もうひとつ、違った名前のものが出ていたことまでは憶えている。でも、それがマンファリだったかは憶えていないんだけど。

マンファリは今でこそ熱帯魚店で買える魚になっているが、その当時、日本にいたのはキューバ政府から公式に日本へ贈られた4匹のみで、上野とよみうりランドにそれぞれ2匹ずつが飼われていた。
当時、その価値は分かっていなかったけれど、それを見たという事実は、後になって同行のガーや古代魚好きと大いに盛り上がるネタとなった。

4Fは爬虫類のフロア。
沢山の淡水カメが入った池、フロアの中央に金網で囲われたワニのプールがあったことをよく憶えている。
オレが何となく憶えているのはカメの池くらいのものだけど、古くからの爬虫類マニアにとっても上野水族館は“心の故郷”だったようだ。

オレの水族館デビューは上野ではないけれど、今ほど身近ではなかった外国の魚たちに会える場所、そしてその後、それらを自分で飼うようになったことを考えると、幼い日に上野水族館による刷り込みは、その後のオレに大きく影響を与えてるんだろうなぁ、と。

前述の本を読んでいて思ったのは、アクアマリンふくしまの展示は、古代魚類から始まる順路や、金魚の展示など、上野水族館に通じるというか、共通している部分もあり、もしかすると、上野時代のコンセプトを現代風にアレンジし、その当時できなかったことを形にしたものだったのかなぁ、なんて思ったり…
IMG_1501.jpg
文字を追いつつ、頭の中では昔懐かしい水族館に再訪した、夏の1日でありました。

琵琶湖のブルーギル [雑談]

少し前の話だけれど、千葉のダチョウ牧場? で、特定外来生物に指定されているダマシカが飼われていたというニュースがあった。
事業者には、恐らく5000万円なりの罰金刑が科せられるはずだが、無許可で飼育されていたシカは、恐らく処分されてしまうのだろう。
このニュースが出た時、SNSなどではシカが可愛そうだという書き込みが多く見られた。
シカには罪がないのだから、確かに不憫である。

そもそも、特定外来生物と言っても、その原因は人にあるのだし、生態系を乱すとは言え、生き物は連れてこられた先で、自分の生活をしているに過ぎない。
とは言え、多くの同情を集めるシカとは違い、侵略者のイメージが強いブラックバスやブルーギルは同情さえもほとんどない。ひたすら悪者だ。
自分たちで侵略しに来た訳じゃないってのにね。
むしろ、人の悪行のツケを押しつけられてるみたいな気すらする。
サッカースタジアム建設によって、亀岡の個体群が滅ぼされようとしているアユモドキだって、本当に絶滅してしまった日には「ブラックバスなどの外来種によって…」と言われてしまうのだろう。
IMG_2555.jpg
話が少々横道に逸れてしまったが、以前、琵琶湖博物館に行った時のことだ。
植物園に行こうと、琵琶湖のほとりを歩いていると、小さな子供を連れた家族連れが水際で釣りをしていた。
IMG_0360.jpg
季節は違うけれど、場所はこの辺りだったはず。

釣りと言っても、小さな子供が遊びでやるようなもので、スーパーとかで売ってそうな、オモチャみたいな竿でだ。
でも、箸に糸を付けただけみたいな竿でも、500円玉サイズのブルーギルを次々に釣り上げていく。
釣っている子供の足下には、ブルーギルではち切れそうになったビニール袋が。
IMG_2823.jpg
琵琶湖は滋賀県の県条例で、ブルーギルなど外来魚のリリースは禁止されている。
そのため、釣り上げられた魚たちは、回収箱に捨てるのがルール。だから、前述の家族が釣ったものも、ゴミとして捨てられることになる。
もちろん、その家族が悪いワケじゃない。ルールに従っているだけだからね。
でも、端で見ていると、外来種だからという理由だけで、ゴミにされてしまうブルーギルたちが浮かばれないなぁ、なんて思った。

とは言え、日本のあちこちに分布を広げているブルーギルなどの外来魚を肯定している訳ではなく、むしろその逆だ。
でも、駆除でゴミにしてしまうのではなく、何かに使えないのかなぁ、と。
例えば、魚の餌にする、とか。
養殖用の魚の餌とか、観賞魚用の餌など。
養殖用飼料の加工用として、ブルーギルやブラックバスでは使いづらいのだろうか?

マリンピア松島水族館だったと思うのだけど、駆除されたブラックバスをピラルクーの餌に活用している、という話を聞いた覚えがあるし、普段はぶつ切りのウグイを食べている琵琶湖博物館のチョウザメたちだって、それをブルーギルやブラックバスに変えたって、多分、食べてくれるはずだ。
ウチの魚でも、10㎝程度、ブルーギルは多少体高があるから、もう少し小さい方がいいかな? のものなら食べるから、そのサイズの冷凍ブルーギルやブラックバスがあれば、それを利用しても構わない。

膨大な量の魚を食べるイルカやトド、ペンギンなどの海獣類に協力してもらうことはできないのだろうか?
海の魚よりは栄養価が低いのだろうけど、彼らが食べてくれるなら、駆除事業にもかなりの貢献ができると思うのだ。仮に、その日に食べる量の内の1/3程度でも、長い目で見ればかなりの量になるはずだ。

外来種の問題に館として取り組んでいます、しかも、命を無駄にすることなく、役立てています、なんてアピールすれば、イメージもアップするように思うのだけど!?

ただし、水族館などで餌として使うには、安定供給されることが第一。
個人が魚の餌として使うにしても、キビナゴやワカサギなんかと同じ程度の値段で供給されることが望ましい。
駆除のためだけではなく、飼料用として、積極的に活用するための漁を行ってもらうことはできないのだろうか?
滋賀県も駆除や、漁業補償として補助金を出すばかりでなく、こうした活用のためにその補助金を使ってくれればいいのに、なんて思ってしまうのだけど…

ブルーギルやブラックバスに特別な思い入れはないけれど、代表的な外来種だからという理由で、その命を無駄に扱っていいということではないと思う。
また、こうした対策が実際に行われたとしても、完全な駆除は不可能だろうとも思う。
もしかしたら、ただの気休めかも知れない。
でも、それをするのとしないのとでは違うはず!! と信じたい。

もし、冷凍ブルーギルとか、ブラックバスがあれば、オレは積極的に使いたいと思う。
タグ:水族館

規模では決まらない水族館の魅力 [雑談]

年に3回、お台場カルチャーカルチャーで開催されている「中村元の超水族館ナイト」
今年の2開催めとなる今回は、竹島水族館の小林学芸員がゲスト。
テーマは「ちいさな水族館の爆発力を学べ!!」

大きな水族館は、大水槽があって、イルカショーがあって、と、似たような構成、展示になっている園館もあって、後で思い返してみると意外なくらい印象に残っていないことも少なくない。
しかし、小規模水族館はテーマが明確だったり、個性的な所が多い分、大規模園館よりも印象深かったり、楽しませてくれる所が多いのだ。もっとも、どうしようもなくつまらない所もあったりするけれど…

竹島水族館もそんな楽しませてくれる水族館のひとつ。確かに、規模は大きくないものの、展示されている魚の種類数も多いし、アシカショーもある。少なくとも満足度においては、規模が大きいだけの水族館よりも高いと思う。
入場者数も多く、特に2011年のリニューアル以降は、大幅に集客を伸ばしている。
その成功譚の裏側にあった苦労話や、現在の躍進につながった取り組みなどが今回の小林学芸員の話の内容だった。
IMG_9568.jpg
ショー中の小林さん。

今でこそ民間の施設も多くあるが、かつて水族館というと、公営施設が大半を占めていた時代が長かったことが影響しているのか、教育施設とか博物館という肩書きを口実に、集客のための努力を怠っていたり、入館料を支払うお客に見せることよりも、研究所よろしく、生物飼育に重点を置いてしまうような飼育スタッフ氏もかつてはいたようだ。
話し手だった小林学芸員は、水族館業界に根付いたそうした慣例や風習を良しとせず、ある意味での開き直りや割り切り? で、歴史ある水族館の改革を主導してきた。
竹島水族館の今日の躍進は、それが功を奏したものと言えるのだろう。
IMG_9562.jpg
竹島水族館躍進の象徴的存在、さわりんプール。

場合によっては、少々刺激的に聞こえることもある小林学芸員の言葉だが、実際の竹島水族館展示はというと、ちゃんとしたものをちゃんと見せるという、基本に忠実な超正統派。
IMG_5120.jpg
どの水槽も、いつでもピカピカで、中を泳ぐ魚たちも綺麗。
見ていてとても気持ちがいいだけでなく、展示された対象をしっかり見ることができ、それを理解することができるのだ。
オレが竹島水族館が好きな理由もそこだ。

そもそも、水族館は、展示という形で海や水中世界、そこに住まう者たちを紹介する場所である。そのための魚や水槽が汚ければ、どんなに素晴らしい理念やコンセプトがあったとしても、意味がないとオレは思う。

竹島水族館の“ちゃんと見せる”という姿勢は、深海生物の展示にも見て取れる。
IMG_3602.jpg
深海生物というと、どこも真っ暗な水槽で展示していることが多い。
そういう環境に住まう生き物だから、それらしさの演出という側面もあるのだろうけど、暗い水槽ではそこで展示されているものがどんなものか、ちゃんと見えないことも多い。
また、水族館を訪れる観客は暗い水槽を好まないものだ。
エノスイでも美ら海水族館でも、珍しいものも数多く展示された深海コーナーでも、意外と空いているとは思わないだろうか?

でも、竹島水族館の深海生物水槽はかなり明るい。
もちろん、それ以外の水槽に比べれば多少は暗いものの、見るのに支障はない程度の明るさだったりする。
暗闇に暮らす深海生物にとっては、その明るさはいいことではないのかも知れない。
飼育法が確立されておらず、減圧の影響も受けている深海生物は水族館に搬入されてもすぐに死んでしまうことが多いが、同じ死ぬでも、見えにくい環境でも生き物に影響の少なささそうな方法で展示を続けるのが正しいのか、展示できる時間が短くなる可能性があったとしても、ちゃんと見せるのがいいのか。
どちらが正しいのかはオレには分からないけど、もしかすると、もう2度と見られないものかも知れないことを考えると、きちんと見せてくれる竹島水族館のやり方はオレには有り難い。
実際、その“ちゃんと見せる”という姿勢のお陰で、これまで数多くの激レア深海生物を見ることができているし。
IMG_9570.jpg
水族館は個人の趣味や、研究所ではない。
だとしたら、やっぱり“見せてこそ”でしょう。
自分たちの持っているもの(魚や機材など)を理解し、それをどう見せればどう伝わるのかを考え、それを実践してる。
だから竹島水族館は魅力的なんだろうなぁ、と常々思っている。

お台場でのトークショーを観ていて、何となく思ったこと。
小林学芸員は、水族館プロデューサー中村元氏の弟子なのだそうだ。
いつか中村氏がその道を退くような日が来たら、その跡を継ぐのは小林さんなのかなぁ、って。

そんな風に思った人は、きっとオレだけじゃなかったと思うんだけど…!?

頑張れ!! 東京タワー水族館 [雑談]

もう2ヶ月くらい前の話になるのだけど、4月末のゴールデンウィーク初日、浜松町に用があったついでに、何年かぶりに東京タワー水族館に寄ってみた。

東京タワーに到着すると、展望台エレベーターには長い行列。タワー周辺にも出店などが出て、人で溢れていた。
想像以上の人出に、引き返そうかと思いながら、水族館入り口まで行ってみると、周辺の混雑がウソのようにひっそりしている。館内には人もいたが、混雑しているというほどではなかった。
人ごとながら、GWでこれはまずいんじゃない? と心配になったくらい。

でも、館内をひと回りしたら、それも仕方がないのかなぁ、と。
訪れたほとんどの人は、もう1度来たいとは思わないだろうから… オレもそう思ったし。

そう思った理由は、規模が小さいとか、大きい水槽がないとか、ペンギンやイルカがいないとか、そういうことじゃない。
魚が汚かったからだ。

飼育下に長くある個体は、どうしても体型は崩れがちになるもの。
でも、どうやって飼えば、こんな風になっちゃうんだ? みたいに思わせる、体が歪んだりした個体が種類を問わず多数。それがちょっと酷く、また、そうなった個体の数が多い。

水族館はお金を取って観客に魚を見せる場所だから、汚い魚を並べておくべきではないとオレは思っている。
もちろん、上記のようにどうしようもない部分もあるから、多少は仕方がないにしても、そんな個体ばかりが目に付くというのはいただけない。
また、その魚の本当の姿形を知らない人が、そんな状態の個体を見て“○○っていう魚はこういう形なんだな”と思ってしまうのは、とても残念なことだと思う。

加えて、昔に比べて水槽数が大幅に減っていたことも残念だった。
でもそれも、人員やコストの問題などで、数が減ることがあるのも理解できるし、仕方がない部分もあると思う。
でも、水槽があった場所がそのままになっていたり、そこに取って付けたみたいに小さい水槽が置かれたりしているはどうかと思う。
まるで、閉店セール中の熱帯魚店か、撤収が始まったイベント会場みたい…
ダウンサイジングは時代の流れ? だけど、それならそれで、もっと違ったやり方があったんじゃないかなぁ?

昔、オレがまだ中学生の頃、東京タワー水族館はもっとも好きな水族館だった。
東京には葛西臨海水族園もしながわ水族館もまだない頃の話ではあるけれど、当時は東京タワー水族館の水槽も今ほど小さい感じがしなくて、水槽を泳ぐ見知らぬ沢山の魚に、ワクワクドキドキしてた。
もちろん、オレの魚を見る目は今ほど厳しくはなかったのかも知れないけど、そんな魚たちが見たくて、年パスがあったワケでもないのに、しょっちゅう行ってたくらいだ。
でも、今のままなら、この先も水族館を続けていくことは難しいような気がする。

イルカやペンギンもおらず、大水槽もない。水族館としては、小さく地味な印象のある施設なんだと思う。
仮に、本格的な改装をするにしても、予算の問題を除いても、スペースや重量など、イマドキの水族館に生まれ変わるのも簡単ではないのだろうと思う。
でも、それならそれで、やり方はあるはずだ。

サンシャイン水族館、加茂水族館、竹島水族館、おんねゆ山の水族館… e.t.c.
条件が厳しくとも、成功を収めている例も少なくない。

大変大きなお世話ながら、是非、何とかしてもらいたいと思う。
昔みたいなドキドキ感を味合わせてくれるような施設に立ち戻ってくれることを願うばかりだ。

最後に、“見られる”クオリティを維持した魚たちをいくつか。
カメラを持って行ってなかったから、全部コンデジで撮った写真だけどね。
IMG_1864.jpg
トモキクラ・トゥバ
反対側はあまり綺麗じゃないんだけど、こんな色を発色するの!! と驚かされた。
昔から数が少なく、珍しい種類で、オレは小さいものしか見たことがなかったので。
IMG_1867.jpg
パラクロミス・ドヴィ
オレのもっとも好きな中米産シクリッド。まだ若い個体で、もう少しゴツくなる。
性質は超凶悪で、ウチで飼っていた時は、コイツに殺された魚もいくつかいたなぁ…
これらに限らず、シクリッドの類は多い。綺麗なのは少ないけれど…
IMG_1865.jpg
スポッテッド・ピニランプス
最近あんまり見ない南米産大型ナマズ。と言っても、レッドテールとかタイガーショベルほど巨大化しない。
飼いやすいけど、オレはあんまり好きな種類じゃなかったなぁ(笑)
IMG_1866.jpg
ラインノーズピラニア
シクリッド同様、ピラニアの種類も多い。
単独飼育されてる(じゃないと飼えないから)お陰か、綺麗な個体が比較的多い。
IMG_1880.jpg
パーカーホ(ドイツタイプ)
ドイツ鯉風の大きな鱗を持ったパーカーホ。ノーマルタイプも2匹いたけど、行動パターンや顔つきも異なる。
そんなのが作られているのかは知らないけれど、ドイツ鯉との雑種なんじゃないかなぁ?
顔つきも普通のパーカーホよりもコイっぽいし…
ご用の方はmistralaquqrium@gmail.comまでご連絡下さい。
メッセージを送る