So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

オススメ!! 充実の深海魚@沖縄美ら海水族館 [海の魚]

今(2018年7月1日現在)、美ら海水族館の深海エリアの展示が超充実している。
十数年ぶり、とか、初めて展示した、とか、そういう魚がゴロゴロいるのだ。
しかし、そこは飼うのが難しい深海魚だから、早めに見に行くことをオススメしたい。
深海生物を目的に沖縄に出掛けたとしても、少なくとも魚好きなら、今のラインナップを見れば間違いなく満足できるはずだ。

まず、ボロサクラダイ。
LY5A9553.jpg
とても華やかで綺麗な魚なのに、ボロとはまたおかしな名前が付けられたものだけど、深海性のハナダイの1種で、初めて展示された大変珍しい種類だそうだ。
深海の担当氏が「ボロサクラダイ、見ました?」と真っ先に言うくらいに“スゴイもの”なのだ。
深海から引き揚げられて以降、ガス抜きなどの処置を施したものの、なかなか餌を食べるようにならず、展示に出すまではかなりの苦労があった模様。
様々な工夫と処置がなされた結果、ようやく餌を食べるようになり、状態も安定。展示が実現した。
まだやや体が浮き気味とのことだが、餌もよく食べているそうで、見た目には“普通”に見えた。
大変珍しい魚なので、沖縄に出掛けた際はお見逃しのなきよう!!


お次はこれまた相当珍しいと思われるヒメクサアジ。
LY5A9551.jpg
幼魚時代は浅い海域で過ごし、成長とともに深場へと移るそうで、以前はサンゴ礁エリアの個水槽で展示されていたが、あらためて深海エリアへと移動になり、再展示されたとのこと。
まだ小さく、十分に若い個体だと思うのだけど、そのおかげで水槽が明るく、見やすい。
見た目にはエンゼルフィッシュ的な雰囲気の姿形をしていて、可愛らしい。
何より、見た目からして“珍しい”雰囲気なので、特別なものを見ている感もいい。
展示されている個体は、水槽の壁面に何か付いているのか、ほとんどの時間、そこに吸い付いているような感じで、あまりいい位置には来てくれない。
見る分には問題ないのだけど、写真を撮ろうとすると、なかなか角度が付かない位置まで出てきてくれないので少々難儀した。

十数年ぶりの展示が実現したというオオグチイシチビキも珍しいはずだ。
LY5A9435.jpg
沖縄ではタイクチャーマチという名で、主に釣りのターゲットとして知られている。
展示されている個体も釣りで採集されたもので、釣った後のケアがよく、無事に生き残ったため、十数年ぶりの展示へとつながったのだそうだ。
オレが行く少し前から展示が始まり、もっとも見てみたかった1匹だったのだけど、初めて見たはずなのに既視感が。
というのも、現在、このオオグチイシチビキが泳ぐ水槽には以前、似たようなサイズのオオグチハマダイがいたことがあり、魚の体色が分からない照明の中では、体型と長いライアーテールなど共通する特徴があるハマダイと見間違えてしまうのだ。
よく見れば顔が違うので分かるのだけど、でもまぁ、思った以上にハマダイと似ているということも本物を見られたからこそ分かった訳で、ありがたい話。
あとは、このまま大きくなって、それらしいカッコよさを見せつけてくれることを楽しみに待ちたい。

同じ水槽にいたミヤコベラも、展示されたのは恐らく初めてだろうとのこと。
LY5A9434.jpg
青い水槽の中を泳ぐクサビベラのような魚。色は分からないけれど、クサビベラでないことも分かる。
そこで、担当氏に聞いてみると、「これはミヤコベラ。多分、展示したのは初めてじゃないかと思いますよ」とのこと。
比較的深場に暮らす種類ということもあり、その扱いの難しさはよく似た浅海性の種類とはまるで違う。
この個体もずっと餌を食べずにいたそうなのだけど、環境を変えてみたら餌を食べるようになり、展示に至ったのだとか。今では展示水槽で餌食いも良好なのだそうだ。
ミヤコベラが泳ぐ水槽(オオグチイシチビキがいるのと同じ水槽)は照明が青く、中を泳ぐ魚の色はまるで分らないのだけど、人が視認できる光があると、とても綺麗な色をしていることが分かる。

最後の1匹は、これまた同じ水槽にいたキビレカワハギ。
LY5A9533.jpg
色なしの魚たちの中で、ひと際のっぺりとした印象のウマヅラハギ的な魚。
もちろん、こんな魚を美ら海水族館で見たのは初めて。
ミヤコベラの正体を訪ねた時、このカワハギも聞いてみると、キビレカワハギとのこと。
色が分からない水槽なので、黄鰭かどうかは分からなかったけれど、その照明のお陰でのっぺりとした感じが強調され、何だかとてつもなく変わった魚のように見えた。
とは言え、沖縄ならではの魚という訳でもないようで、本州付近でも漁獲されていたりするようだ。
ウマヅラハギに混じって流通することもあるらしいのだけど、オレが見たのは初めてのはず。

他にも、美ら海水族館では初めて見たルリハタとか、トウカイスズメダイとか、魚ではないけれど、やたら大きくて数もいるコトクラゲとか、今の美ら海水族館の深海エリア、超オススメです!!
nice!(0)  コメント(0) 

志摩マリンランドの気になる魚 Vol.2 [海/淡水・魚全般]

先々週のブログでボアフィッシュに誘われ、9年ぶりに志摩マリンランドに行ってきた、という話をした。
まぁ、志摩マリンランドの気になる魚と言ったら、先週のブログに書いたボアフィッシュに尽きるのだけど、魚の水族館たる志摩マリンランドだけに、他にもいろいろと。
という訳で、9年ぶりの“志摩マリンランドの気になる魚”。
そういえば、“気になる魚”をブログに書くのも久しぶりなような……(汗)

最初の1匹は、アウロノカラ・トリカラー。
LY5A5789.jpg
かつてノコギリエイが泳いでいた水槽が、マラウィ湖のシクリッドが展示された水槽になっていた、という話は先週のブログに書いた通りなのだけど、そこにいた1匹。
特徴的な色合いが目を引くシクリッドなのだけど、実は改良品種でこの色の魚がマラウィ湖で泳いでいる訳ではない。
でも、こういう大きい水槽できちんと泳がせて飼うと、綺麗に育つんだなぁ、と。
しかしまぁ、一般の家庭ではこんな大きな水槽でこういう飼い方はできないので、あまり参考にはならなさそうだけど……

2匹目。
回遊水槽にいたフエダイ。
LY5A5620.jpg
サイズもかなり大きく、肌の質感や眼など、かなり年季が入っていそうな個体だったのだけど、体色は驚くほど鮮やかで、金色? オレンジ色? に輝き、それがとりわけ目を引きつける。
この水槽で長く暮らしているんだろうなぁ… と想像させてくれるのだけど、健康そうな色や動き。
餌の時間はきっと豹変するのだろうなぁ、なんて思っていたのだけど、志摩マリンランドならではの海女の餌付けショーの時間になっても、我関せずな感じ。
結局、餌に群がる瞬間はその日、一度も見られなかったのだけど、キミ、何食べてるの?


回遊水槽のフエダイ続きでゴマフエダイも印象に残った。
LY5A5761.jpg
フエダイ類、それも大型になる種類は比較的好きな部類の魚だ。
とは言え、どこにでもいるような印象のゴマフエダイは、特別な思い入れがある訳ではないのだけど、志摩マリンランドの回遊水槽にいたものは、とにかくデカい!!
まず、それだけで、うわっ!! スゲェ!! となるのだけど、しかもそんなのが沢山いるから、これまたスゲェ!! となる。

このゴマフエダイ、幼魚時代に汽水~淡水域に侵入することがあるため、時折、観賞魚として販売されていたりすることがある。
だから、これが自分の水槽を泳いでいるのを想像してみたりするんだけど、恐ろしげな顔つきに、ボリューム感のある巨体……
こんなのウチにいたら凄いだろうなぁ、と思う反面、これは飼えないよなぁ、と、回遊水槽のゴマフエダイたちの巨体は、強力に納得させてくれるのに十分でした(笑)


巨大フエダイでもう1種。センネンダイ。
LY5A5855.jpg
これもよく見る魚だけれど、回遊水槽にいたものは、これまたやはり、年季が入っていそうな体色&巨体。
これも比較的好きな魚ということもあって、いい位置に来てくれるとカメラのシャッターを切ってしまう。
狙った訳でもないのだけど、写真の枚数がそこそこあったので、ここに(笑)
まったく関係のない話なのだけど、センネンダイ、たいそう旨いらしい。


最後の1匹はフエダイではなく、フエフキダイ。
キツネフエフキ。
LY5A5844.jpg
キツネフエフキは大型のフエフキダイで、美ら海水族館の大水槽にも大きな個体がいるけれど、それ以外の施設ではあまり見掛けないような気がするのは、その中途半端な大きさのせい? それとも、意外と珍しいのかな? 見た目は特徴的なのに……

そんなキツネフエフキが、回遊水槽に何匹か泳いでいるなぁ、なんて思いながら見ていたのだけど、志摩マリンランドの公式Twitterによると、回遊水槽に1匹だけしかいないとか。
この個体を別の場所で見ていただけのようだ(汗)

見たいと思ってもすぐに見られないキツネフエフキ。
志摩まで行けば、1匹は見られます!!
nice!(0)  コメント(0) 

上越市立水族博物館うみがたり(新潟) [水族館レポート(認定)]

上越市立水族博物館が新しい水族館「うみがたり」へと生まれ変わり、3日前の26日、グランドオープンを果たした。
2018年にオープンした水族館の中では、シーライフ名古屋と並び、もっとも注目度の高い施設ではないだろうか?

IMG_0943.jpg
「うみがたり」として生まれ変わった新生水族館は、場所こそ以前の水族館とほぼ変わらないが、建物の雰囲気は大きく変わった。内外装共に木材が多く使われた落ち着いた色合いで、旧水族館と比べると大幅にモダナイズされている。

観覧順路は入館するとまずエスカレーターで3Fまで上がり、そこから展示を見ながら1Fへと至る構成。
ちょっとした迷宮感があった旧水族館と比べると大幅に分かりやすくなり、迷ったり、何かを見落としたり、ということは起きないだろう。
ただ、通路はあまり広くなく、混雑していると逆行が難しいほぼ一方通行。もう1度見たい展示がある場合は、1Fまで戻り、順路の最初から再スタートするか、エレベーターで各階を移動するかする必要があるので、今後しばらくは見にくい水槽が出てきそうだ。

エスカレーターで3Fに上がると、そこには広々と水場が広がっている。
背後の日本海につながっているような、開けた景色に驚かされる。
そこにある水場こそ、この水族館のメインたる3つの水槽だ。
ひとつはイルカショースタジアム。一番広々としているのが日本海大水槽。そして一番小さいのがシロイルカのいるふれんどプールだ。

この3つの水槽の内の2つ、イルカショープールとシロイルカプールは新生上越水族博物館の目玉とも言える水槽だ。
以前はイルカショーは夏場のみの期間限定だったものが定番化され、いつでも見られるようになった。また、八景島からシロイルカが2頭移籍してきたことで、日本で5か所目のシロイルカ展示館ともなった。
ゆくゆくはゴマフアザラシとの混合展示を目指しているそうだ。

ショースタジアムは珍しく木材で作られており、落ち着いた雰囲気。
プールは日本海を借景としているため、とても広々として見えるが、実際はそれほど大きくはない。
しかし、そこで繰り広げられるショーは、それほど大きくないプールなのに、トレーナーもイルカと一緒に水に入り、ダイナミックな技を見せてくれる。

LY5A8593.jpg
オープン間もないというのに、イルカたちは様々な技を見せてくれることに驚いた。何でも、オープンする1年以上前から準備が進められてきたそうで、現時点で既に、ショーとして見せるのに十分なクオリティに達している。
しかも、トレーナー氏によれば、まだまだ高めていく!! とのこと。期待していいと思う。
ただ、気になったのが、観客席の傾斜が緩いこと。前の席に座る人がかなり視界に入ってくるのだ。後ろの方の座席に座ると、少々見にくく感じる人もいるかも知れない。

壁を隔ててイルカプールと並ぶ大水槽は、広々とした水面をテラスから眺められるようになっている。
しかし、そのテラスの縁が何ともいびつな形をしている。変なデザインだなぁ、なんて思って眺めていたのだけど、大水槽に浮かぶ島が佐渡島の形をしていることに気が付いた。

LY5A8487.jpg
つまり、この淵は新潟の沿岸。水槽が日本海を表現しているという訳だ。
そのため、手前(テラス側)は水深が浅くなっていて、奥に行くと急激に深くなる地形も再現されている。
中を泳ぐ魚も日本海で見られるもの。ブリやマダイ、ウマヅラハギ、コブダイ、水面を覆う沢山のマイワシに加え、小ぶりなサケの姿も見られた。
順路はこの大水槽を様々な角度から眺めながら下へ降りていくようになっていて、水中トンネルを除くと、大きな1枚パネルの窓がないので、見る位置によって違う水槽を見ているように感じたくらい表情が異なる。
LY5A8617.jpg
水槽内の複雑かつ大量の擬岩にコケでも付く頃には、より魅力的な日本海ができあがるのではないだろうか?
展示の大半を大水槽が占める日本海に特化した展示は、新潟の水族館らしさ、という点ではいいのかも知れないけれど、大水槽の周辺に並ぶ小水槽も中にいるのは日本海の生き物が中心で、淡水魚や外国の魚などはごく僅かがいるのみ。旧水族館のような展示生物のバラエティはない。また、同じ県内のマリンピア日本海とキャラが被ってくる部分もあるだろう。今度はイルカショーもあるしね。
両施設はかなり離れていて、どちらに行くか迷うほど近くないからいいのかも知れないけれど、個人的には、魚をがっつり見たいならマリンピア、イルカショーはうみがたり、かなぁ?

上越市立水族博物館と言えば、旧施設の時代から数多くのマゼランペンギンを飼育していたことでも知られていたが、もちろんうみがたりでも、マゼランペンギンは主役のひとつを担う重要な展示となっている。
何が凄いって、とにかくペンギンと近いのだ。
イメージとしては、動物園にあるフライングバードケージのペンギン版。
ペンギンの展示エリアにお客が入っていけるようになっており、観覧通路とペンギンの生活エリアを仕切るのは紐だけ。
LY5A8526.jpg

そのため、観覧通路にペンギンが出てきて、お客の足元を歩いていたりする。混雑で詰まった観客の列に並ぶみたいにペンギンがいたりして、手を伸ばせば触れられるような距離、ではなく、ペンギンと同じ場所で見学できるのだ。
ただ、ここは館内でもっとも強烈な混雑発生エリアでもある。ペンギンの息遣いまで聞こえてきそうな展示エリアだが、そんな風に楽しめるようになるのは、まだまだしばらく先のことになりそうだ。
nice!(0)  コメント(0) 

9年ぶりの志摩マリンランド [水族館レポート(認定)]

いつものように何気なくTwitterを見ていたら、見たことない魚の画像が上がっているのが目に入った。
何だこりゃ? ボアフィッシュ?
撮影した場所は…… 海外の水族館… かと思いきや、何と志摩マリンランドだった。
何でそんなものがいるの? と思ったのと同時に、見てみたい!! と。

志摩マリンランドに行ったのは過去1度きり。しかもそれは9年前のこと。
その時は前日にカメラのレンズが壊れ、満足に写真が撮れなかったので、いつか改めて、そう思っていたら9年も経ってしまっていた。
珍しいボアフィッシュの存在は、長らく行ってなかった水族館へ行くきっかけになってくれた。

まずは目的のボアフィッシュ。
LY5A5471.jpg
10㎝ほどの個体が2匹、展示されていたが、可愛い!!
サイズ的なものもあると思うけれど、動きとかオモチャみたいで、とにかく可愛い。
これでBoarfish(イノシシ魚)? この名前で呼ばれる魚にはいくつかあるようで、志摩マリンランドにいるヒシダイ科のものは、その姿形からイノシシは連想できにくい。
同じ科なので、日本のヒシダイとはよく似ているけれど。
LY5A5469.jpg
この種類(Capros aper)は地中海や東部大西洋に生息しているそうなのだけど、こんなマニアックな魚が何でここに? 大西洋や地中海の魚を展示したコーナーでもなければ、企画展の特別展示でもなく、この2匹が唐突にいる感じ。
でも、この魚が見られるのは恐らく日本ではここだけのはず。その機会を与えてくれたことには素直に感謝したい。

とても珍しい魚だから動画もアップ。



9年ぶりともなると、結構あちこち変わっているもので、巨大なホシエイがいなくなっていることは知っていたものの、建物の色が変わっていたり、入館してすぐの場所にあったウミガメの池がなくなっていたり、かつてチョウザメが泳いでいた水槽が水草水槽になっていたりと、様々な変化があった。
中でも残念だったのはノコギリエイがいなくなっていたこと。
9年前にノコギリエイが泳いでいた水槽では、マラウィ湖産のアフリカンシクリッドが展示されていた。
LY5A5708.jpg
それらも嫌いな魚ではないし、それはそれで綺麗だったけれど……

一方、9年前から変わってない… と思わせてくれたのが、2F回遊水槽の魚たち。
もちろん、入れ替わってはいるのだろうけれど、見るからに年季の入っていそうな個体も結構おり、前に来た時からいたんだろうなぁ、なんて思わせてくれるようなものも。
LY5A5836.jpg
中でも特に、いかにも年季が入ってそうなゴマフエダイやバラフエダイなどの巨大さに驚かされた。
あまり大きくない水槽だから巨大に見えるのだろうか? 

気になると言えばもうひとつ。化石コーナーの壁画。
ベレムナイト? やウミユリなどが描かれた太古の海の絵の中に泳ぐ魚が、どう見てもパイクとティラピア(笑)
LY5A5513.jpg
何故?
そんなに古代魚っぽい見た目でもないような気がするんだけど……
そもそも、描かれたような時代に、これらの魚はまだ出現していないんじゃないのかなぁ?

海獣ショーのないそれほど規模の大きくない志摩マリンランドでほぼ1日。
鳥羽水族館に行こうかな… なんていう思い付きにもめげず、長い時間を過ごしたお陰で、写真が満足に撮れず不完全燃焼に終わった9年前の“借り”は返せたのかなぁ、と。
nice!(0)  コメント(0) 

チョウザメ腕ガブ体験@標津サーモン科学館 [淡水魚]

ゴールデンウィーク中盤に差し掛かりつつあった5月2日。
携帯にメッセージが届いたことを知らせる音が鳴った。
メッセージの送り主は、標津サーモン科学館の副館長。

「めnちさんが腕ガブやりましたよ」

わざわざご連絡いただいて何なのですが、別に競っている訳では……

めnちには絶対できないと思っていたんだけど(笑)、館長にサポートされ、無事? 腕ガブされてきたらしい。
http://blog.livedoor.jp/pokomenchi0929/archives/52026055.html(めnちのブログ)

めnちが腕ガブされた6日後、別件で道東に行く機会ができたので、イベントのお礼も兼ねて標津までレンタカーを走らせた。

サーモン科学館に到着すると、オレを見るなり館長が、

「めnちさんが腕ガブやりましたよ」

競っている訳ではないんですけど……

とはいうものの、やりたいと言い続けていながら、やっていなかったのは事実。
今日こそやって帰りますよ!! と宣言すると、オレの前を歩く館長が真顔になり、

「分かってると思いますけど、骨折しても知らないですからね」

標津サーモン科学館名物? のチョウザメ腕ガブが一般の人に向けた体験メニューにならない理由は、まさにこれ。
口に歯がないとは言え、相手は2mを超すパワフルな魚。しかもそれが餌を食べるつもりでくるのだから、予測できない何かが起きるかも知れない。
その口に好きこのんで手を突っ込もうというのだから、自分のことながら、頭おかしいんじゃないの? と(笑)
骨折したら、帰り、運転できるのかなぁ? とか考えながら、チョウザメが暮らすプールへ。

ゴールデンウィークも過ぎた5月の半ばと言うのに、この日の標津の気温は真冬の東京くらいに寒くて、しかも風も強い。
ガタガタ震えながら(寒さにね)、上着の袖をまくり、チョウザメプールに腕を突っ込むと……
温かい!!
チョウザメプールの水温は16℃。
あまりの寒さに水温が暖かく感じてしまうのだ。5月半ばにしてこの寒さ。標津恐るべし。

LY5A6925.jpg
手に餌を握り、水中でしばらく待っていると、スーッとチョウザメが近づいてくる。
やってきたのは、吻の長い綺麗な顔をした“はっぴ”。(画像上)

バクッ!! バシャッ!!
IMGP1524.jpg
一瞬の出来事。
オレの腕は見事に折れ…… 

てはいなくて、突き指も怪我もなし。
それどころか、たいして痛くもなかった。
これなら館内の指パクプールにいる最大個体、ボスの方が痛いくらい。
館長によると、はっぴは優しいらしい。
TVなどで紹介される際に登場するのは、エース級の個体、“うっぴ”。
LY5A2940.jpg
うっぴの腕ガブby館長。いつかこれに挑戦したいなぁ。腕を折りたい訳ではないけれど……

うっぴの腕ガブは見た目にも豪快だが、その分、素人にはハード? らしい。
この日のうっぴは機嫌が悪かったようで、餌を持っているのに見向きもしてくれなかった。
反面、はっぴはとても反応がよく、その後も残りの餌を握ってはバクッ!! を繰り返し、少なくともはっぴが相手ならスムーズに腕ガブができるようになった。

動画


すると館長、

「回数はめnちさんの上行きましたね」

いや、だから、館長、競ってないんですってば!!

誰でも体験できる話ではない腕ガブに対し、館内の指パクなら誰でも体験できる。
この日もそちらにも手を突っ込んできたが、空腹にいきり立ってた? ボス(最大個体)が激しく泳いでおり、餌に対する反応もすごくよかった。
もちろん、手にも勢いよく喰らいついてくるのだけど、見る度にデカくなってるボスだけに、まぁまぁの圧力。
手の小さな人なら、こちらで十分腕ガブが楽しめると思うので、こちらでどうぞ。

そんなボスのガブガブもそこそこに、見慣れないチョウザメが泳いでいるのを見つけた。
前からこんなのいたっけな?
LY5A6861.jpg

その正体はカラムカルミカ。ハイブリッド同士のハイブリッドという、もはや何が何だか分からないチョウザメ。
せっかくなので、こやつに指パクしてもらうことにした。
LY5A6865.jpg

オレくらいの上級者ともなると、個体を選んで指パクしてもらうことができるのだよ。
分かるかね? めnちくん。

あっ、競ってないんだった……(汗)
nice!(1)  コメント(0) 

城崎マリンワールドの気になるあれこれ [鰭脚類]

最近、ブログであんまり生き物の話をしてないような気がするので、久しぶりに。
とは言え、城崎マリンワールドの水族館「SeaZoo」は、あまり魚の印象が強くなくて、記憶により強く残っているのは海獣が中心。
そういう意味では、海獣が主役の水族館、ということなのだろうか?

深さでは日本一の水槽があるけれど、中を泳ぐ魚は、その深さと関連付けられているような印象はなく、深さありき、なのかなぁ? と。
結局、SeaZooで一番いいと思った水槽は、この深い大水槽ではなく、深場のカニを展示した水槽だった。
LY5A4434.jpg
泥が敷かれた水槽の底にズワイガニなどのカニがいるんだけど、それがいかにも海底に佇むカニの姿をリアルに想像できるようで、この水槽いい!! と思わされた。
城崎マリンワールドの関連会社には「かに道楽」があるけれど、それだけにズワイガニの展示には力が入っている、ということだろうか?
LY5A4341.jpg

ほとんど動きがないズワイガニだけに、いつ見ても同じ位置にカニがいるほぼ動きのない水槽。そのため、ずっと眺めていたい!! とは思わなかったけれど……

結局、いちばん印象に残ったのは「Tube」にいたアシカと、「Dolphine Tank」にいたカマイルカだったような気がする。
イルカについては、2つ前のブログにも書いた通りなのだけど、今回はアシカ、それもTubeにいたトイくん(多分)。
LY5A4429.jpg

アクリルチューブの中を右へ左へ泳いでいたので、何気なく手に持っていた飲み物のペットボトルをかざしてみた。すると、思いのほか反応が良く、こちらの方を覗きに来た。
どうやら、好奇心旺盛なようだ。
だけど、手に持っていたものを色々見せてみるも、反応があったり、なかったり。
とりわけスマートフォンは、誰もかれもがやるのだろう。横目でチラリと見るだけで、一瞬でも止まってくれることはなかった。
ならば仕方ない。全国各地の水族館でイルカや鰭脚たちの心を虜にし続けてきた伝家の宝刀、カメラバッグのタオルを投入。
するとどうだ。上の写真のように心をつかむことに成功した訳だが、トイくんと遊んでいると、何やら視線を感じる。
LY5A4497.jpg

視線の方を見ると、アザラシも釣れてた(笑)
LY5A4505.jpg


ただ、鰭脚でもイルカでもそうだが、複数頭を集めてしまうと、1頭に対しての遊び方が散漫になるのか、すぐに反応が悪くなり、その場を離れてしまう。
1度離れてしまった個体は、同じアイテムで呼び寄せるのが難しくなる。
するとそこに、お土産のぬいぐるみを持った家族連れがやってきた。

オレのタオルに興味を失いつつあったトイくんは、すぐさまそちらへ。
オレのところに戻ってきてくれることはなかった。

余談ながら、このトイくん、だるまさんが転んだができる。
バックヤードツアーに参加して、ツアー中に出されたクイズに全問正解したことで、だるまさんが転んだを体験させてもらえた。
しゃがんだ状態で振り返ると、大きな眼でこちらを見てる顔がどんどん近づいてくる。
189㎝、100㎏ほどの体はオスアシカとしてはまだ小ぶりだが、同じ目線でそれを見ると少々怖いくらいには大きい。
噛まれたら痛いかなぁ? とかいう思いがほんの少し、頭の中をよぎる中、オレの背中にトイくんの大きな前脚が触れた。
バシッとくるかと覚悟をしていたのに、驚くほどソフトに、ソッと手を置く感じ。
ショーには出演していないけれど、しっかりトレーニングされた賢い子だった。

バックヤードツアーは有料だが、運が良ければ、こういう体験もできるらしい。
個人的には、DIVEのフロートよりそちらをオススメしたいと思う(笑)
nice!(0)  コメント(0) 

DIVE@城崎マリンワールド [雑談]

「水族館以上であること」

そうテーマに掲げる城崎マリンワールドの、“水族館以上”の部分を象徴しているのが、DIVE(ダイブ)という施設だ。

360°シアターの中央にドーナツ型の水槽が配置され、その中央に人が乗れるフロートが浮かんだアトラクション的施設。
かつて、そこで行われていた「ダイブアドベンチャー」というアトラクションでは沈んだフロートの周りをイルカが泳いでいたらしい。
今は「フィッシュダンス」となり、フロートの周りを魚たちが泳ぐ、というものになっている。
e3bc566aacde8d49acc5ad006134189a.jpg
※画像は公式HPから拝借しました。

ダイブアドベンチャー時代は「ビミョー」という評価も聞いたことがあったけれど、どう感じるかはその人次第。
せっかく城崎まで来たのだからと、オレもフロートに乗ってみることにした。

600円を支払い、案内された前室へ。
そこで案内してくれる係の人が、

「この回、おひとりだけの参加です」

ラッキー♪

バックヤードツアーでも何でも、参加者ひとりというと、得した気分になるものだ。
ちょっとしたラッキーを喜んだのも束の間、その1~2分後、それがラッキーでもなんでもなかったことを思い知らされることになる。

前室のドアが開き、フロートへと案内された時、

「エッ!? 何で人がいるの?」

円形の水槽を取り囲むように、何人かの人が立っていた。
そして、入り口からは、まだ何人かの人が入ってきているのが見えた。
場所柄、カップル率高め。
フィッシュダンスは600円を支払わなければ見られないものだと思っていたが、見るだけはタダ。600円はフロートに乗るための料金だったのだ。
名称未設定 1.jpg


オレは案内されるがまま、円形水槽の真ん中のフロートへ。
その瞬間、円形の水槽を取り囲む人たちのど真ん中に、オッサンがたったひとり。

「さっ、晒し者じゃないか……(汗)」

ここで断言しよう。
「フィッシュダンス」のひとり参加は、ラッキーでもなんでもないことを!!

カップルの興味が、オレになんかないことはよ~く分かってる。
でも、円の中心にいるオレは、どこからでもその人たちの目にイヤでも入ってしまうのだ。

しかもオレはというと、カメラも何も持たない丸腰状態。
フロートから何かを落とすと回収できないからだと思うのだけど、ここでは撮影禁止。というより、フロートには何も持って行けない。
この時の画像が一切ないのはそういう事情。
だから、そこでできることと言ったら、目線を伏せ、水槽を泳ぐ魚を眺めるだけ。
もちろん、そうしたよ。結構必死にね。

水槽を泳いでいるのはブリのみ。
LY5A2855.jpg
ブリ@標津サーモン科学館

いかにもカップル率が高そうなこの場所で、何でブリ? と思わなくもないけれど、オレはそんなブリをとにかく必死に見た。
特別な思い入れがある訳でもないブリを、こんなに一生懸命見たのは、きっと初めてだ。
でも、あんなに必死に見たはずのブリのことは、何故だかあまり覚えていないのだけど。

室内が暗くなり、フロートは水槽の下の方へと沈んでいく。
そこでオレは、円形の水槽を取り囲んだ人たちから、見降ろされるような恰好になった。
フロートが沈むと、壁を取り囲むようなスクリーンに、“フィッシュダンス”らしい映像が流れていく。
普段なら、本物がいることに意味がある水族館で映像を見せるなんていうのは、あまり好きではないのだけど、この時ばかりは、そんなことよりも、この時間が早く過ぎ去ってくれることばかりが頭の大半を占めていた。

再び室内が明るくなり、今度は水槽の魚たちが“ダンスの主役”となるべく、餌が投入される。
その餌を投げ入れるのは、フロートに乗った参加者。つまり、オレだ。

定員分が用意された餌も、投げ入れるのはオレひとり。
案内係の人にわんこそばよろしく、次々と餌が手渡され、それを助手のように、水槽へと投げ入れていく。
72ab598427e9ffb48bada70bb334f56e-600x600.jpg
※画像は公式HPから拝借しました。

本来ならそこで、上の画像のようにバシャバシャっと、勢いよくブリたちが餌に群がる…… はずが、沈む餌の近くを通りがかった個体がぱくりとやるだけで、至って静か。
餌が水面に落ちる「ポチャン」という音さえ聞こえそうな静けさ。
何このまったく盛り上がらない感じ? 魚にまでバカにされてる?
「まだ水温が低いので、活性が悪いですね~」と、案内係の人。
オレのDIVE体験は、ことごとく“スペシャル”だった。逆の方向に。

一連の流れが終了し、再び浮き上がったフロートから降り、荷物を持ってDIVEを出た時、何故だか、こそこそとその場を立ち去りたいような気分だった。

600円。
最近大人気の竹島水族館より100円高く、東京最大の葛西臨海水族園より100円安い金額。
フロートが浮上を始めた時、それが頭をよぎった。

その価値があったかって?
そりゃ、こんなブログが書けるくらいの、スペシャル体験ができたのだから、価値はあったのだろうと思う。
同じ体験は狙ってできるものではないからね。

でも、もう1度乗りたいか、と言われれば………
とりあえず、こんな事態になってしまう可能性もあるので、オッサンのひとり利用はオススメしませんよ!!
nice!(0)  コメント(2) 

城崎マリンワールド(兵庫) [水族館レポート(認定)]

名前くらいは知っていたけれど、来たことはなかった城崎温泉。
オレが知らなかっただけで、駅周辺はそれらしい雰囲気の温泉街が並んでいるメジャーな観光地。
とは言え、オレが温泉目当てに遠く城崎まで出掛ける訳はなく、目的はもちろん水族館だ。城崎マリンワールドである。
IMG_0600.jpg

目的の水族館へは駅からバスで約10分ほど。
海と崖の間に沿って各施設が存在するような作りになっていて、高い場所にある入り口からは施設のほとんどの部分が見えず、全貌はつかめない。期待を高めるのにちょうどいい?

入館すると明るく広々としたフロアに、地元の川を再現した水槽と、その奥に大きな磯水槽がひとつ。
背の高い水槽がないからこその広々空間なのだけど、その磯の水槽に近づくと、吹き抜けのフロアのずっと下まで続く深い水槽であることが分かる。
LY5A4330.jpg

これこそ、城崎マリンワールドが誇る、深さ日本一の水槽だ。その深さ、12m。
水槽に沿って階段があって、階下に行くのに合わせて深く潜っていくような演出だ。
しかしこの水槽、深さは日本一ながら、下の方は三角形になっていて底面積はあまり広くないことに気づかされる。実はそれほど大きくないのだ。
この水槽以外にも、城崎マリンワールドの水族館「SeaZoo」は、小さめな水槽でも高さがあるような作りになっていて、深さにこだわりがある様子。
でも、メインの大水槽も含め、その深さを活かした展示でもないようで、“深いこと”“縦長”とかがテーマだったのかなぁ、と。
個人的に一番いいと思った水槽も、そんな縦長の水槽ではなかったし。

「SeaZoo」を出ると、「Tube」というトドやアザラシ、ペンギンがいるゾーンとなる。
城崎マリンワールドは、あらゆる部分がやけにモダンでスタイリッシュな作りになっているが、この「Tube」もまた、海獣の展示施設らしくないみたいなスタイリッシュさ。
あたりに漂うペンギン臭がなければ、ここが海獣展示施設とは思わないかも知れない。
でも、水族館がSeaZoo(海の動物園)で、海獣がいるここがTube?
その疑問は、トドとアザラシのプールの間の階段を下りていくと解ける。
アシカが泳ぐプールにアクリルのチューブがあるのだ。
その中をアシカがスイーっと泳いでいくのが見られるのだけど、そのアシカがまだ比較的若いせいか、反応がよく、まぁまぁ遊んでくれる。そのため、しばしここで足止めを食らった(笑)

でも、このゾーンの主役はやっぱりトドだ。
LY5A4359.jpg

時間になると崖の手前に作られたジャンプ台からのジャンプが披露されるのだけど、アクリル面で見上げていると、結構高い位置からトドが落ちてきて、その水飛沫が自分の方に向かって飛んでくるので、なかなかの迫力だ。
だが、観覧面が限られる点に物足りなさを感じた。
というのも、1Fだとアクリルについた水滴が邪魔で、見上げれば時間によっては逆光気味になるため見にくくなる。しかし、2Fからだとアクリルや水滴に邪魔されることはなくなるが、ジャンプを見下ろすような形となるため、すぐ目の前で飛んでいるはずのジャンプの迫力が感じにくく、さらに2Fは1Fへ至る通路みたいな場所からの見学なので、柵の前に並べる人の数にも限りがある。
どちらで見るべきか。トドの給餌タイムの度に迷わされた。

さらに海沿いを進むと、釣って、それを食べることができるアジ釣りコーナーがある。
オレはパスしたけれど、ここが元祖のはずの有名なアトラクションだ。
釣りを楽しむ人たちを横目に進むと、その先にイルカショーが行われる「SeaLand」、さらにその奥に「DolphinTank」がある。

「SeaLand」はいわゆるショースタジアム。イルカだけでなく、アシカやセイウチまで出てくるショーが行われる。
LY5A4557.jpg

ショーはイルカパート、鰭脚パートがあって、カマイルカ、鰭脚、バンドウイルカと続く流れで時間的ボリュームもたっぷり。観客をショーに巻き込むような演出もあって、なかなか楽しい。
以前は火が吹き出す演出があったそうなのだけど、オレが見たのは洪水みたいに水があふれ出る演出のみ。だから、という訳ではないのだろうけど、以前のショーの方が楽しかった、なんて声もあるみたい。以前を知らないオレには十分楽しめるショーだったけれど。

イルカショーはもうひとつ。「SeaLand」の先にある「DolphinTank」でも行われる。
ここは完全な屋内施設で、映像を交えた解説型のショーと言ったところ。
ただ、屋内だからなのか客席からイルカまでの距離が近く感じられて、意外と楽しい。
LY5A4382.jpg

イルカの表情や、プハッ!! という息遣いは、ショープールよりもこちらの方がより強く感じられる。
その距離の近さのため、ショーを1Fの観覧席で見ていると、かなり大量に水が飛んでくる。水を被りたくないという人は2Fから眺めた方がいいだろう。
2Fでもかなり間近までイルカが飛んでくるので、楽しさは変わらないと思う。

ここでのショーに登場するイルカの内の1頭が、この施設で産まれた若い個体だったので、ショー中も他の個体にちょっかいを出してみたり、勝手に遊び始めたりと、とにかく見ていて楽しい。
ショーを見るなら「SeaLand」がオススメだが、イルカが見たいという人には「DolphinTank」がオススメだと思う。
ただし、「DolphinTank」にいるのはカマイルカだけ、だけれど。

この水族館が掲げる“水族館以上であること”というのは、どの辺のことを言っているのか分からなかったけれど、建物などのモダンさやスタイリッシュさは確かに水族館以上、かも知れない。
考えていたほど規模は大きくなかったし、個人的には水族館「SeaZoo」にもう少しガツンとくるような何かが欲しかったけれど、総じてなかなか楽しい水族館だったと思う。
nice!(0)  コメント(0) 

これで最後!! 5/26 イベント告知 [雑談]

※ジャパネットとかのテレビショッピングを想像しながら読んでくださいね※


今、このブログをご覧になってる皆さん、朗報です!!

以前からご案内しているイベント

「日本で一番“いい”水族館、決定!?
禁断の!?“いい水族館ランキング”ついに公開」

の追加開催、まだ、空きがあります。
3月17日に昼夜2回、満席になった人気イベントが、今なら確実にご案内できちゃいます!!

追加.jpg


それだけじゃないんですよ!!

このイベント、3月17日に開催したものの再演なんですが、今回、なんと、その時にはなかった内容が新たに追加されるんです!!
3月の時の内容に加え、その時にはなかった内容も追加されて、お値段そのままの2500円!!
これはもう驚きですよね!!

どうですか皆さん、来たくなりませんか?

このブログをスマートフォンでご覧の方、そのままこちらまでお電話ください!!
03-6804-0990(かなざわ珈琲)
5月26日の夕方、時間あるなぁ… という皆さんも、お申し込みはこちらまで。

※19~21日、かなざわ珈琲が休業のため、ご連絡は22日以降にお願いします。
かなざわ珈琲、フェイスブックページのコメント、こちらのコメント欄でも予約受付します。

珈琲屋さんのイベントですから、もちろん美味しいコーヒーも楽しめます。
水族館トークに美味しいコーヒーまでついて2500円!!

しかも、しかもですよ!!

話すのは、あの「めnち」と「かめきちかめぞう」ですよ!! ※ミストラルもいます

「めnち」って言ったら、皆さん、大人気水族館ブロガーですよ。
「かめきちかめぞう」って言ったら、水族館巡ラー界のエースですよ。
そんな2人にミストラルを加えて、3人でお話しするんですよ!!

さらに、この内容のイベントは、今回が最後です。
この先、同じ内容のイベントは2度とありません!! 今回が最初で最後のチャンスです。
是非、お見逃しなく!!

エッ!! そうなの!? と思った皆さん、
お電話はこちら。
03-6804-0990(かなざわ珈琲)

お電話、ご来場、お待ちしております!!

※19~21日、かなざわ珈琲が休業のため、ご連絡は22日以降にお願いします。
かなざわ珈琲、フェイスブックページのコメント、こちらのコメント欄でも予約受付します。

という訳で、ここから普通モード(笑)

追加開催まで残り2週間となりました。
追加開催ですから、基本的に同じ内容+α程度のものを考えていたのですが、用事があって、めnちとやり取りをしていた時のこと。

「前回とまったく同じ内容でやるというのはいかがなものか」

と、めnちが言い出しました。

いやいや、追加公演っていうのはね……
と、オレが言うより前に、何やら新たなリストを作成するというやる気っぷりを見せつけてきました。
すると、そのリストに呼応した別のリストを、今度はかめきちさんが作ってくるという、これまたやる気を見せつけられる展開。

という訳で、2人が作ってくれた新しいリストをベースに、3月のイベント時にはなかった新しいテーマの話を追加します。
追加されるテーマは、遠方施設の訪問難易度についてになるだろうと思います。
というのは、まだ3人で集まってきちんと内容を詰められていないから。

その分、ネタバレしてる従来の内容は圧縮されたものになると思いますが、来てくれる人にはご期待いただきたいと思います。
頑張って仕上げます!!

はい、という訳でお申し込みのお電話は
03-6804-0990(かなざわ珈琲)

お待ちしてます!!
タグ:水族館
nice!(0)  コメント(0) 

なぎさ水族館(山口) [水族館レポート(認定)]

マリホ水族館オープンの時の話だから、もう10か月くらい前の話なのだけど……(汗)
広島まで行くのに合わせて、周辺の施設も回ってきた。
マリンバイオセンター水族館に笠岡市のカブトガニ博物館、短時間だけど宮島水族館、それから山口のなぎさ水族館にも足を伸ばした。
山口と言っても、なぎさ水族館があるのはかなり広島寄りの場所。
しかし、行きにくさが有名なこともあって、これまでなかなか足が向かなかったのだ。
IMG_0048.jpg


実際に行ってみると…… 噂通り、遠かった。

岩国駅前でレンタカーを借り、水族館がある周防大島へ。
岩国市街から周防大島までは30分くらい。橋を通って島に渡り、そろそろ到着かと思いきや、実はそこからがスタートみたいな感じ。
クルマで10分、20分と走り進む内、まだ着かないの? と思い始め、そこからさらに時間は進み、もはや島に渡ったことを忘れた頃、ようやく目的の水族館に到着。
一体どれだけデカいんだ、周防大島!! 
まさに島の端。何でこんなところに? みたいな場所になぎさ水族館はあった。

と言っても岩国市街からは1時間半くらいだから、そこまで遠い訳でもないのだろうけど、東京から飛行機、バス、電車、レンタカーを乗り継いで行ったせいか、気分的にはものすごく遠く感じた。

入館すると、フロアを囲むように並んだ水槽に出迎えられる。
LY5A9905.jpg

いずれも90㎝とか120㎝とか、アクアリストの家にならありそうなサイズのもので、いわゆる水族館級の大きな水槽はない。
しかし、水槽はどれもピカピカに掃除がされていて、すごく綺麗。
しかも水槽が小さいので、中の生き物の写真はとても撮りやすい。
展示されているのは水族館周辺で見られるもの。珍品には会えな……くもなくて、驚くほどではないけれど、ちょっと珍しい、みたいなものはチラホラ。
水族館の規模が小さく、水槽も小さいので、そうした“ちょっと珍しい”がしっかり目に止まるのだ。
オレが行った時には、イボダイの幼魚がクラゲと一緒に展示されていたり、尾ビレが欠損してマンボウみたいな形になったウマヅラハギなどが“ちょっと珍しい”展示物だった。

また、周防大島周辺はニホンアワサンゴの国内最大の群生地だそうで、その地元の特産種もしっかり展示されている。
LY5A0014.jpg

これは恐らく、ここだけでしか見られない珍品なのだろうと思う。
しっかり開いたポリプが水流に揺らめく様は、じっくりゆっくり眺めたくなる魅力がある。
流石に地元!! と言ったところなのだけど、どうせならもっと大きな水槽で、この水族館の看板として展示したらいいのに…… 大きなお世話ながらそんなことを思ったり。

人によっては、そうした展示よりも印象深いのが手書きポップかも知れない。
最近、各所で人気を集めているが、ここにもたくさんあった。
しかも、その内容はかなり“独自路線”(笑)
LY5A9920.jpg

これをきっかけにプチブレイクする水族館もあるから、バカにできない展示だったりするのだけど、通常業務に加えて、こうした図画工作をしてるスタッフ氏はスゴイと思う。ここに限った話ではないけれど。

なぎさ水族館と言えば、館内別棟に大きなタッチプールがあることでも知られている。
建物のフロアのほぼすべてがタッチプールになっていて、浅く広い池にはそのまま入ってもいいらしい。
池は足首くらいの深さのところと、膝下くらいの深さの場所に分かれていて、浅い方はヒトデやナマコなど、タッチプールの常連が。深い方(の一角)には小さなドチザメが泳いでいた。
LY5A9977.jpg

おとなしいドチザメはタッチプールでもよく見掛ける顔だが、ここにいるものは、浅い池をジョーズよろしく、背びれを水面から出してギュンギュン泳ぎ回っていて、小さな個体とは言え、数の多さと泳ぎの勢いにビビッてしまう子もいる…… だろうなぁ(笑)

小さな施設であることは分かっていたし、失礼ながらさほど大きな期待はしていなかったのだけど、行ってみたら思っていた以上に楽しかった。
でも、人には少々オススメしにくい。遠いから。
例によって、オレはこの水族館に行くためだけにここまで行ったんだけど、そもそも周防大島って何をしに行くところなのだろう? 釣り? 海水浴?
水族館のためだけに行くには、不便すぎるような気がするのだけれど……
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -