So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

久しぶりの油壷マリンパーク [水族館レポート]

ゴールデンウィークが明けて最初の週末、久しぶりに油壷マリンパークに行ってきた。

もともと出掛けるのが嫌いで、かつ究極的な人混み嫌い。
用がなければ家に引きこもっているので、ゴールデンウィーク期間中、用のない日は外に出ることがなかった。
それは悪くないんだけど、社会復帰が困難になるのが問題。
行かなきゃいけない仕事とかでもない限り、出掛けることを避けるようになってしまい、ますます悪循環にはまる。
その悪い流れを断ち切る意味でも、ちょっと遠い油壷まで行ってきたというワケ。

2年ぶりくらいだろうか。
そこまで久しぶりという訳でもないつもりだったけれど、変化はいろいろとあった。それも、オレとしては嬉しくない方向に。
生き物のことだから、当然、寿命もあるし、何かの理由で死んでしまうことは起こり得る。いなくなって残念に思うものは、定期的に見に行っておかないといけない、と改めて思わされた。

まず、入館してすぐのチョウザメ水槽のバルチックチョウザメがいなくなってた。
他のチョウザメの数も減っていて、水槽は何だか寂しい感じに。
まぁ、大型のチョウザメを飼育、展示するには少々窮屈な水槽だったから、今くらいの数でちょうどいいのかも知れないけれど、日本で唯一、かつ、この先、絶対に日本に輸入されてくることはないバルチックチョウザメがいなくなったのは、やはり少々残念に思う。
LY5A7154.jpg
在りし日のバルチックチョウザメ。

2Fの回遊水槽も多少のメンバーチェンジがあった模様。
まず、1匹しかいなかったオオメジロザメが3匹に増えていた。
LY5A9344.jpg
今年の1月末にやってきたものだそうだ。
いずれも沖縄(美ら海水族館)からやってきたそうなので、オレにとっては再会、だろうか。

それよりも、シロワニとノコギリエイが1匹ずつになっていたことは残念だった。
LY5A9428.jpg
シロワニは他所でも見られるが、ノコギリエイもバルチックチョウザメ同様、この先、日本に輸入されてくることがない魚だけに、その数が減る≒見られなくなる、と考えると、やはりショックは小さくない。
LY5A9337.jpg
2年前はまだ3匹いたはずだが、残り1匹になってしまったことで、日本のノコギリエイは全部であと6匹。
1日でも長く生きてくれることを願うばかりだ。

残念なことばかりではなく、ラッキーな出会いもあった。
油壷のタカアシガニ水槽では、ゴールデンウィークの頃、深海ザメ、エドアブラザメが展示されていたらしい。
もちろん、すぐに駆け付けなかったので、見られるとは思っていなかったが、真っ暗な水槽を覗き込んでも、やはりそれらしい姿は見当たらなかった。
館内をひと通り見回した後、再びタカアシガニ水槽の前を通ると、アクリルの前に

“あれっ!! ギンザメがいる!!”
LY5A9439.jpg
全頭亜綱と言えば、最近ではゾウギンザメが話題だが、同じグループのギンザメである。
鴨川シーワールドで状態よく飼われているらしく、元気に展示されているらしいのだけど、個人的には初めて見るギンザメだった。
ジッと着底していて、タカアシガニに踏まれでもしない限り動かない。
体に傷はあまりないようだけれど、初めて見るので、それがいい状態なのかどうか判断が付かない。
近い仲間のゾウギンザメやスポッテッド・ラットフィッシュが常に泳ぎ続けていることを考えると、あまりいい状態ではないのかも知れないけれど……

状態の良し悪しはともかく、この手の魚はすぐに来なければ見られなくなってしまう可能性も高い。
そこで、その場でTwitterに上げたら、多くの人に反応(オレのTwitterにしては、ね)をいただいた。
ゾウギンザメの時にも思ったのだけど、オレのフォロワーさんや、その周辺にいる人たちはどうやら全頭類好きが多いらしい(笑)

オレがこの個体を見たのは、もう2週間も前のことなので、もう見られないと思うのだけど、この個体が見たい!! という人は電話確認などをしてみることをオススメしておきます。

とりあえず生きたギンザメが見たい、という人は、鴨川に行けば見られると思う。多分。
そういえば、オレも鴨川のギンザメ見てないし、頑張って行かなきゃ、だな。
nice!(0)  コメント(1) 

丹後魚っ知館の気になる魚 [海の魚]

丹後魚っ知館にはアザラシやペンギンもいるにはいるが、基本的には魚の水族館だ。
その魚の展示も、ちょっとマニアックな感じがあったりして、魚好きには楽しい。
とりわけ、あらゆる魚がギュッと沢山入った大水槽は、いろいろな魚を探し出す楽しさがある。
水槽の縁に、魚類カードよろしく“全種類分出てる?”みたいな魚名板が並んでいるのだけど、それを見ながら、“これもいるの?”と探し出すのが、この大水槽の楽しみ方だ(多分・笑)。
中でもハタの仲間は充実していて、11種類が入っていた。
魚名板は12種類分あったけれど、その中でスジアラだけはいないようで見つからなかったが、それ以外の11種類はちゃんと探し出して、その姿を見ることができた。
その中で気になったのがアカマダラハタ。
LY5A8728.jpg
気になった理由は、見た記憶がないから。
これまでどこかで見たことがあったのかも知れないし、よく似たマダラハタはあちこちで何度も見た覚えがあるのだけど(同じ水槽にもいたし)、このアカマダラハタは見た覚えがない。
初めてだったのか? という訳でここに。
googleで画像検索すると、丹後魚っ知館で撮影された個体(同じ個体?)の写真がいくつか出てくるので、ここにしかいないのかも知れない。

大水槽はハタ以外にもフエダイとコショウダイが多くいた。
その中で目を引いたのがアジアコショウダイ。
LY5A8758.jpg
幼魚は白と黒のメリハリがハッキリしていて綺麗だが、成魚は昔のTVの“砂嵐”みたいな色柄。もちろん、それもシックで綺麗だとは思うけど、万人受けする幼魚と、マニア向けの成魚、みたいな感じ?
それはともかく、ここの大水槽にはそんなアジアコショウダイの成魚が数多く泳いでいて、やけに存在感を主張していたような気がしたのだ。
サイズもそこそこあるし、動きも力強くて速い。それが目の前を次々に横切っていく。
数多ある魚の中でもアジアコショウダイが大好き!! という人がいるなら、この水槽、間違いなく最高だと思う。

スズメダイの仲間は、小さくて、水槽の中でも“その他大勢”的ポジションな魚の印象がないだろうか?
オレの好みが大きいもの、というのもあるけれど、特定の種類が強い印象となって残ることは多くないように思うのだけど、綺麗なスズメダイが多い丹後魚っ知館ではそんなスズメダイがしっかり印象に残る。

サンゴ礁水槽に沢山いたナミスズメダイもそんな1匹。
LY5A8668.jpg
大小沢山数が多かったものあるけれど、やはり綺麗に仕上がっているのが好印象。
水槽の前に行くまでに、何あの綺麗な魚!? と思い近寄ってみるとナミスズメダイだった。
これまた記憶にないものの、この魚は恐らく、他所の施設で見ているはず。綺麗な個体と巡り合うことで、ハッキリとした印象に残すことができたのはラッキーだった。

綺麗なスズメダイと言えばもう1種、小さなスズメダイなどを展示した水槽にいたイシガキスズメダイも印象に残った1匹だった。
LY5A8775.jpg
大きなサンゴ礁水槽ではなく、小さな水槽に入っていたが、デバスズメなどよく見掛ける種類が泳ぐ中で、異なった色合いのスズメダイ。
おっ!! ここにも綺麗なスズメダイがいるぞ、と水槽に近づくと、サッとサンゴの後ろに隠れてしまい、なかなかその姿を見せてはくれなかったが、出てくる時には水槽の真ん中で偉そう? にしているツンデレ系(笑)
ナミスズメダイ同様、これまで特に意識したことのない魚だったが、次はどこで会えるだろう。そんな風に思わせてくれる出会いだった。

最後の1匹は、サンマに触れない訳にはいかないだろう。
LY5A8850.jpg
小さな円形の水槽に、小さなサンマが展示されていたが、まさかサンマがいるとは思わず、かなり驚いた。
展示されているものは大きくても10㎝程度と小さく、水槽もさほど大きくないのだけど、水槽の上半分はプライバシーガラスのようなフィルムが貼られており、また、サンマの動きがかなり落ち着きなくビュンビュン動き回っているため、周辺の映り込みも手伝って、見にくいことこの上なしではあるのだけど、それも仕方がない。
サンマは食材としては有名だが、水族館では滅多に見られない。神経質で飼育が極めて困難な魚としてもよく知られているからだ。

こうした展示は物珍しいだけでなく、サンマの生きた姿を見られる貴重な機会でもある。
水槽が置かれている場所は明るく、水槽も小さいので、いつでも見られるとはいかないかも知れないが、もし、見ることができたらラッキーだ。

こんな魚たちを見に、また行きたいとは思うけれど、意外と行きにくいんだよなぁ……
nice!(0)  コメント(4) 

丹後魚っ知館(京都) [水族館レポート]

以前から“行きたい”とは思ってはいたものの、絶妙な行きにくさと、見てみたい何か、みたいな明確な目的がなかったことから、なかなか足を運べずにいた丹後魚っ知館。
水族館好きの間で評価が高い施設であることもあり、昨年のイベント開催前に足を運んだ。
しかし、そこまで行ってまさかの休館日。

水族館はいつでもやってる、みたいなイメージがあって、事前に休館日などを調べる習慣がなく、これまでも何度か休館日に遭遇するという、間抜けな経験をしているというのに、ここでもやってしまった。
木曜休館の施設ってないよな、と、これまた勝手に思い込んでいたんだけど、丹後魚っ知館は水木が連休。予想外にまさかの連休!!
新幹線と在来線特急とレンタカーを乗り継いで辿り着いた魚っ知館で、本日休館という看板だけ見て帰るガッカリ感たるや……

以後、ちゃんと休館日情報は調べて出掛けるように心掛けるようになりました(汗)

全国制覇に向け、再訪する機会を窺っていたのだけど、福井の海浜自然センターに行くのに合わせて約1年ぶりに、初訪問(笑)してきた。
IMG_2257.jpg

ちょうどいい。

この水族館を見た感想。

大きすぎて疲れることもなく、小さすぎて物足りなさもない、まさしくちょうどいい感じ。
規模は大きくないものの、ちゃんと水族館らしい水槽が並んでいて、水槽の中身も、地元から南の海、寒い海のものまで色々な魚が満遍なくいるし、中には“!!”と思うようなもの(サンマがいた!!)もいたりして、さらにそれらが落ち着いた雰囲気の中で、ゆったりと楽しめるのがよかった。
確かに、水族館好きの印象がいいというのも頷ける、と納得した。

個人的には、水族館のほとんどの面積を占める大水槽と、フロアの一番奥に位置するサンゴ礁水槽の2つが強く印象に残った。

LY5A8644.jpg
大水槽は温帯域~熱帯域の大小さまざまな魚がどっさり入ったような水槽で、水槽前に置かれたソファーに腰を下ろすと、目の前を色々な魚が次から次へと通り過ぎていく。個体数も種類数も多いので、魚好きには楽しい水槽だ。
この水槽で長く暮らしている魚も多いようで、何種類か入った大型ハタやロウニンアジを始め、年季の入った雰囲気? の個体が数多く見られた。
LY5A8800.jpg
オレが行った日は、幼稚園だか保育園の遠足が何組か来ていたけれど、中にはかつて遠足に来た子供たちが成長し、子供を連れて再訪した時、再び同じ個体に遭遇する、なんてこともあるのかも知れない?

サンゴ礁の水槽も、他所で見るのとはちょっと雰囲気が違っていた。
LY5A8788.jpg
水族館でよく見るサンゴ礁水槽は、横長な水槽が多い印象だが、ここのは縦長。
幅よりも高さ(深さ)を優先した作りの水槽。
また、そういう水槽の主戦力はチョウチョウウオやニザダイ類な印象だが、ここはスズメダイ類がメインな印象。
そのため、水槽の前に立った直後は一瞬、地味な水槽に見えてしまうが、よく見るとそれぞれの魚、とりわけ主戦力のスズメダイたちが綺麗に仕上がっていて、引き込まれていくような魅力がある。
丹後魚っ知館というと、サンゴ礁魚類に強いイメージ(竹島水族館のサンゴ礁魚類が丹後魚っ知館からやってきたという話を何度か聞いていたので)だったのだけど、こういう水槽にしては構成メンバーがややマニアックな感じがするのも、その“強さ”故のことなのだろうか!?

屋外に出ると、子供が入って遊べるような広いタッチプールがある他、アザラシとペンギンもいたりして、アザラシはちょっとしたショー的なフィーディングタイムもある。
LY5A8855.jpg
生憎、オレが到着直後から雨が降り始め、水族館を後にした直後に止むという、アザラシプールには近寄らせないぜ!! みたいな天候だったので、庇のあるちょっと離れた位置からしか眺められなかったのが残念だったけれど。

先にも書いたように、規模は大きくないんだけど、水族館に求められるものがひと通り揃っているみたいな印象で、水族館に来た、という満足感をちゃんと得られる施設だと思う。とりわえず、わざわざ足を運んでも後悔することはないんじゃないかな?

水槽に対して、周辺が少し明るいことと(反射で大水槽が少し見にくい)、他の地域からだと少々行きにくいことを除けば、不満もない。
ちょっとした食事ができる喫茶スペースもあるし、遠征組みにも優しい。ただ、水木連休だけどね。
nice!(0)  コメント(2) 

赤いイトウ@北の大地の水族館 [淡水魚]

ゴールデンウィーク頃の恒例? 北の大地の水族館の婚姻色を発したイトウの展示。
今年も4/27から始められているが、その最初の時、3年前のことだっただろうか、公開された写真を見た時の驚きは、今でもよく覚えている。

イトウも繁殖の時期には婚姻色を発して、それが赤っぽい色である、ということまでは知っていたし、水族館でも時折、ほんのりピンク色に色付いた個体を見掛けることもあったから、そういうものなのだろうと思っていた。
けれど、北の大地の水族館で展示されたものはというと、まさしく真っ赤!!
そこまで赤くなるとは思っていなかったので、心底驚いたし、惚れ惚れするほどのカッコよさに、これは実物を見てみたい!! そう強く思った。

すぐさま北見行きを手配しようとするも、ゴールデンウィークの北海道である。
航空券だけでなく、レンタカーやら宿やら、その暴騰した値段は、赤いイトウを“幻”とするのに十分だった。
そしてそのまま月日の流れと共に、赤いイトウのことは記憶の奥底にしまい込まれてしまっていたが、その翌年、再び“赤いイトウを展示しました”の案内を目にした時、忘れていたことを深く悔やむと共に、来年こそ!! と、固く誓った……

そして2018年。
ようやく念願の“赤いイトウ”を目にすることができた。
LY5A7054.jpg
カッコいい!!

写真などで、そのカッコよさは分かっていたつもりだったけれど、やはり本物はひと味どころじゃない違いがあった。
とにかくカッコよくて、夢中で写真を撮った。

LY5A6946.jpg
この赤い体色は婚姻色なので、燃えるような恋を全身で表現しました、と言ったところだろうか。
繁殖で死ぬことはないイトウの場合、それがサケのような“死に装束”という訳ではない。
有体に言えば、“モテたくて普段とは服装を変えた”みたいなことだけど、赤くなるだけでどうしてこんなにカッコよく見えるのか!?
もちろん、カッコよくなければモテない(子孫を残せない)訳だし、展示されているものは選び抜かれたイケメン揃いということも大いに影響していそうだけど、そのカッコよさは、春の北見に足を運ぶのに十分な理由だと思う。
LY5A7299.jpg
婚姻色に染まった真っ赤なイトウを見られるのは、この時期の北の大地の水族館だけだが、飼育中のものが色づいている訳ではなく、この展示のために朱鞠内湖の繁殖地から一時的に借りてくることで行われている。
飼育下のイトウがどうして赤くならないのかは分かっていないようだが、婚姻色の由来とされるカロテノイドの摂取が限られるため、様々な形でカロテノイドを摂取しているらしい野生個体のような体色にはならないのではないか、と、推測されている。
それでも、繁殖期を迎えるのは飼育個体も同じ。オスはほのかにピンク色っぽく見える程度には色付く。

わざわざ借りてきてまで展示を行っているのは、イトウは北の大地の水族館の看板的存在であることもあるのだろうけど、それ以上に、

「ボク(館長)が初めて見た時の強烈な衝撃と感動を、水族館に来る人にも味わってほしいんですよね」

という、山内館長の思いも大きいようだ。

いいよね、こういう理由。個人的には大好きだし、こういう話聞くと、見に行こうじゃないか、みたいな気分にさせられる。

山内館長の初めての時みたいに、自然環境下でそれを見られれば、もっと大きな感動が得られるのかも知れない。でも、水槽でも十分以上に衝撃的だったし、感動もできた。個人的には、2018年に水族館で見たものの最高峰だ。
留辺蘂まで行く必要はあるけれど、その時期に行きさえすれば間違いなく味わえる感動である。
もし、イトウに少しでも興味があるのなら、1度は見に行くことを強くオススメしておきたい。ゴールデンウィークも終盤となった今だが、展示期間はまだ少しあるはずだ。

婚姻色、つまりは繁殖シーズンということ。
水槽内でイトウの繁殖シーンが見られる、なんてことはないのだろうか?

LY5A7218のコピー.jpg
水槽のイトウたちを眺めていると、オス同士のポジション争いに加え、メスに近づいてブルブルっと産卵を促すアプローチも見られた。
また、メスもこぼすように無精卵を排出する瞬間も何回か目撃した。
実際、飼育中のイトウも、性成熟し、抱卵まではするらしい。

野生では、冬の厳冬期を乗り越え、水温の上昇に合わせて繁殖期が始まる。北海道では5月頃だそうで、その時期のオスは真っ赤な婚姻色に染まり、メスに対するアプローチを始め、メスは砂礫の川底に大きめの石で産卵床を作り、ペアになったオスと産卵、放精する。

水槽内でも冬は水温が下がるため、成熟には達するものの、産卵床を作れるような底床環境ではないことと、その場にいる個体数が多すぎることで縄張りが作れず、ペアリングに至らないらしい。

人工的に増殖されたイトウは珍しくないけれど、水槽内での自然繁殖は例がない? あっても極めて珍しいことのはず。
山内館長も「繁殖は狙ってみたいんですよね」と話してくれたが、もし、いつの日かそれが実現する機会が訪れたら、また慌てて温根湯に行くことになるんだろうな。
nice!(0)  コメント(0) 

水族館を楽しむためのコツ!? [雑談]

「この前、初めて美ら海水族館に行ったんですけど、思ったほどじゃなかった……」

意外や意外、初めて美ら海水族館に行ったという人から、しばしば聞かれる感想だ。
実を言うと、オレも初めての時はそう思った。今じゃもっとも好きな水族館のひとつだっていうのにね。

117 美ら海.jpg
沖縄旅行に行った人(水族館好きじゃなくても大抵は水族館に行く)に聞くと、「すごくよかった~!!」とか「あれは感動したな」とか、想定通り? の感想が聞かれる。

美ら海水族館と言えば、国内最大の水槽があり、そこでしか見られないものも多い大規模施設であり、国内では毎年ぶっちぎりの集客数を誇る超人気水族館である。
今ひとつな感想なんてあり得るのだろうか? 普通はそう思う。後者の感想こそが正しいはずだと。

初訪問時の感想を今ひとつなものにしてしまうのは、間違いなく期待値の高さだ。
わざわざ沖縄まで行って、さらに那覇空港から2時間前後の時間を掛けて行った先にある、きわめて高い評判と集客力のある、国内最大級の施設である。
期待するなと言われたって無理な話。誰だってものすごく期待して入館するものだ。
しかも、水族館好きの人なら、見られるものや、水族館のことをあらかじめ調べてしまうので、美ら海水族館のような情報がたっぷりあるような施設だと、行って見たものの多くに既視感があったりして、なおさら“あれっ!?”となってしまうのだ。

「すごくよかった~」な人の多くは、普段水族館に行かない人たち。
水族館は規模に関わらず、楽しいところである、ということは、このブログを見てくれているような水族館好きの人ならよ~く知っていることだろう。
普段から行っていて、その楽しさを日常的に体験している人と、沖縄旅行がきっかけで久しぶりの水族館に行った人とでは、感じ方が違うのも当然だ。

長々と書き連ねてきたけれど、ここまでは前置き。

結局のところ何が言いたいかというと、水族館を楽しむコツは

“期待しないこと”

これに尽きる。

美ら海水族館だけの話じゃない。初めて行く施設で、評価が高い施設だったりすればするほど、期待しないなんてとても難しいけれど、期待値が低ければ低いほど、行った先の水族館は楽しく、魅力的になる!!
例えば、満足度100の施設があったとしよう。そこに期待値200で行けば、当然、思ったより…… となってしまうが、反面、期待値が50なら、考えていたより魅力的!! となるから、期待値はできる限り低い方がいい!!

とは言え、期待って、しようと思ってするものでもないし、期待値を任意で下げる、なんて機械みたいなことはできないのだけれど……

LY5A1633.jpg
オレ個人の話をすると、昨年行った「アクアテラス錦ケ丘」がまさにそれ。
期待値が低すぎたお陰で、実際に行ってみるとすごく印象が良かったし、イベントでものすごくネガティブな評価を聞いていたA水族館も、実際に行ってみると“そこまで酷くないじゃん!! 嫌いじゃないよ”みたいな印象になったりした。
また、同じくイベントで寄ってたかってdisられてた(笑)、M水族館も、その直後くらいにめnちが行ったようだけど、思いのほかその印象が悪くなかったようなのも、期待値が大幅に下げられたことによる効果なのだろうと。(笑)

ただ、初めて行った施設が、期待していたほど楽しくなかったとしても、こんなもんか、と思わずに、もう1度足を運んでみて欲しいのだ。

初めての時とは、違った印象を受けるはずだからだ。
そしてその印象は、初めての時よりも、好転していることが多い、というのがオレが経験から得た結論だ。
生き物を展示している水族館は、時間の経過とともに同じ水槽でも見え方が違ってきたりするものだし、新しい展示も増えていたりすることもある。
また、最初の印象がイマイチだったなら、2回目訪問時は期待値も下がり、「あれ、ここ、もっとイケてないと思ってたのに、楽しいぞ」となるかも知れない。

むしろ、その後、好きになる施設は、最初の印象がイマイチだったところの方が多いような……!?

結論。

初めての水族館に行くときは期待しないこと。

趣味や好みが違うのが当たり前なので、他人の評価、それもいい方は当てにしないこと。
でも、悪い評判はしっかり聞いておいてもいい。行く前の印象が悪いと、実際に行くといい印象につながりやすい。

行ってみた水族館の印象が今ひとつだったとしても、もう1度行ってみると、そんな印象が覆ることがよくあること。

世間は10連休である。
水族館に行くという人もいるだろう。(混んでいると思うけれど)
そんな人は是非、上記2点を意識しつつ、どこの水族館に行くか決めてみて欲しい!!
タグ:水族館
nice!(1)  コメント(2) 

記録に挑戦!? サメ(板鰓類)の話 [サメ]

4月4日、仙台うみの杜水族館で飼育、展示中のヨシキリザメが、同館が持つヨシキリザメの飼育記録、252日を更新した。
LY5A1407.jpg
今日の時点で262日めに突入しているはずで、このまま順調にいけば、1年に届く!? そんな期待が持ててしまう快挙だ。

マンボウ展示を目的とした比較的大きな水槽で、全長1mにも満たない小さな個体をたった1匹。他には賑やかし役? のサバが少しいるくらいという、とても贅沢な環境で飼われている。
水流なども調整されているそうなのだけど、そういうのも含め、現時点ではヨシキリザメの飼い方としては、これがもっとも正解に近い、と言えるのかも知れない。

そもそも、ヨシキリザメに限らず、野生の生き物の正しい飼い方を知っている人は誰もいないし、100%の正解もないのだろうと思う。
でも、それが正しければ(間違っていなければ)、成長した個体が繁殖し、その産まれた個体が成長し、繁殖する。
そんなサイクルが確立された時、あらためてそれが“正しい飼い方”だったと言えるようになるのかも知れない。

仙台うみの杜水族館のヨシキリザメは今、その正解に向けた答えを探している最中で、現時点ではもっとも正解に近い環境や日常の管理は、これまでに飼育されてきた個体によって積み上げられてきたデータやノウハウから、手探り状態であれこれ試してきた中で辿り着いたものだ。

オレはそんなチャレンジを遠くから眺めているだけでしかないのだけど、時々こうして聞こえてくるチャレンジの一端を目や耳にする度、とんでもなくワクワクしてしまうのだ。

水族館から聞こえてきた、オレをワクワクさせて仕方ない話はいくつもあったけれど、ヨシキリザメ記録更新を記念? して、サメを中心とした“チャレンジの記憶”を振り返ってみたい。

かつて、ヨシキリザメの飼育記録を保持していたのは葛西臨海水族園だ。
ヨシキリザメは更新されてしまったけれど、葛西臨海水族園は他にもとんでもない記録を保持している。
サメに限れば、あのミツクリザメの記録保持者でもある。
IMG_5527.jpg
2014年に打ち立てられた15日が現在のレコード。
たった15日!? と言うなかれ。
大抵、水族館に搬入されても1~2日で展示終了してしまうミツクリザメを2週間以上も展示を続けただけでなく、その間、ちゃんと泳ぐ姿も見せてくれていたのだ。
残念ながら、摂餌には至らず、飼育記録というよりは展示記録だが、輸送方法や魚の取り扱い方など、活かすための方法が編み出されたのだろう。
この記録をさらに伸ばしてくれることを期待したい。

大記録と言えば、先月(3月)、飼育25年めに突入した、沖縄美ら海水族館のジンベエザメ、ジンタだ。
LY5A5006.jpg
ジンベエザメの展示を行う施設は、海外まで含めれば結構あるような印象だが、それでもこんなに長く同一の個体を飼育、展示しているのは美ら海水族館だけ。
今回も自らが持つレコードを更新することになった訳だが、今後、この記録に追いつく施設は出てくるのだろうか? そんな風にさえ思えるくらいの大記録だ。
95年の飼育開始時に4.6mだったものが、現在は8.7mとなり、数年前には性成熟に達したことも確認されている。
つまり、現時点でもっとも正解に近い飼い方の結果であると言え、同じようにすれば、うまく飼える可能性が高いということでもある。

サメではないけれど、伊勢シーパラダイスのノコギリエイもとんでもない記録を更新中だ。
LY5A7873.jpg
今日の時点で飼育日数11529日め(31年半くらい)を迎え、未確認ながら恐らく世界記録だろう、とのこと。
余談ながら、伊勢シーパラダイスの魚類担当チームの誰よりも年長らしい(笑)
仙台のヨシキリザメと同じように、30年前に水族館にやってきた当時、飼い方が分からない中で色々なチャレンジがなされた結果、今日に続く記録へとつながった。
“たまたま生きちゃった”訳ではないのだ。

ノコギリエイはこの先、新たな個体の輸入が期待できないものとなってしまったこともあり、この記録がどこまで伸びるのかに注目すると同時に、いつまでも続いてくれることを願うばかり。

伊勢シーパラのノコギリエイも凄いのだけど、それ以上の記録を持つサメが1匹いる。
美ら海水族館で現在も飼育、展示が続けられているオオメジロザメだ。
LY5A9455.jpg
沖縄海洋博が終わった頃に搬入されたものが、今でも生き続けていて、飼育日数は今年で41年め。まさに美ら海水族館の生き証人とも言うべき存在だ。
ちなみに、この個体、美ら海水族館(当時は海洋博記念水族館)が飼育を手掛けた最初の個体である。
長く飼われているだけでなく、繁殖にも度々成功し、現在、油壷マリンパークで飼われているものも、この個体の血を引いている。
そもそも、オオメジロザメって何年生きるの? という疑問さえ超越するような記録だが、とりあえずとんでもなく凄いことは間違いない。
生き物なのだから、いつかは死ぬ日も来るのだろうけど、今なお新たな武勇伝が伝わり聞こえてくることを思うと、この個体に限っては、そんなことはないのかも? みたいにすら思えてしまう。

とりあえず、目指せ、50年、といったところかな?
nice!(0)  コメント(2) 

白池地獄 熱帯魚館(大分) [水族館レポート]

水族館の全国制覇を目指し始めてまだ日が浅い頃、優先的に回る施設を決める際の条件に“ピラルクー”があった。
水族館の全国制覇と並行して、日本中のピラルクー展示施設を回ろう!! みたいに思っていたのだ。

しかし、ピラルクーを見るなら、なかがわ水遊園が最高である!! と、自分の中で結論に達してしまったことで、いつしかピラルクー巡りは意識の中から消えてしまっていた。
別府の白池地獄 熱帯魚館に行って、その頃のことを思い出した。

かつてピラルクー巡りの時に、別府にもピラルクーを展示した施設があるらしい…… と、行くことを迷った覚えがあったからだ。

時は流れ、水族館イベントでのこと。
認定施設を選定する中で“水族館”ではない“熱帯魚館”は水族館としていいものなのか、ということが話題となり、来場者の多数決によって水族館として認定された。
かつて、行こうかどうしようか迷った施設が、そこで“行かなきゃならない”施設となった。

という訳で、白池地獄である。
地獄めぐりとして様々な色の湯が轟轟と湧き出る温泉のひとつで、古くからメジャーな観光地だ。
熱帯魚館はその温泉熱を利用して熱帯魚を展示した施設だ。
IMG_1785.jpg
白濁した湯が沸く池を横目に、目的の熱帯魚館へ。

ここ、水族館か!?
コの字型に並んだ水槽は、考えていたよりずっと小さく、しかも暗い。6つ並んだ水槽の内、2つは稼働しておらず、魚が入った4つの水槽には、水槽1つにつき1種類ずつ、ピラニア、レポリヌス、スポッテッドガー、レッドテールキャットが展示されていた。
LY5A6377.jpg
水槽の前には柵、さらにワイヤー入りの強化ガラスの壁が立っていて、水槽に近づくことはできない。
恐らく、水槽はガラス製で、叩かれたりした拍子に割れてりまったりする可能性があるため、水槽に触れられないようになっているのだろう。
まぁ、それはいい。ただ、室内は暗いのに、屋外の光がまともに入ってくるため、水槽前のガラスにそれが反射しまくって見にくいことこの上ない。
だからなのか、入れ代わり立ち代わり、団体ツアーが流れ込んでくるものの、1分くらいで出て行ってしまうので、狭いのに意外とゆっくり見学できる。
とは言え、オレも30分はいなかったけれど……

さらに進むと、元・植物用の温室? みたいなところに、コロソマとアリゲーターガーがいる水槽が2つ。
ここは水槽の周りも明るい分、水槽前のアクリル壁の映り込みがさらに絶望的なレベルで、水槽の中身はほぼ見えないに近い。
頑張って写真を撮ろうにも、どうやっても自撮りになってしまう始末。
LY5A6399.jpg

仕方ない。ここは諦めて次に行こう!!
その次こそ、ここの主役たるピラルクーだ。
LY5A6401.jpg
三角形みたいな変な形の水槽に、コロソマとともに展示されていた。
保温にお金が掛からないんだから、もっと大きな水槽作ればよかったのに!! と思うサイズ感。
かつてピラルクーを目的に来なくてよかったかも。と、ちょっと思った。
ただ、中を泳ぐピラルクーの1匹が、やけに綺麗だったことは救いだった。
LY5A6415.jpg
正直、水族館のつもりでここに来るのはオススメできない。
見られるものは水族館ではお馴染みの顔ぶれだし、個体のクオリティ的にも驚くようなものもいない。
しかも、水槽前のガラスやアクリルの壁のお陰で、水槽の中はものすごく見にくく、本気で魚を見ようと思ったら、腹立たしくなるくらいだ。

でも、ここにはここにしかない、別の楽しみ方があるように思う。
水槽の周りに取り付けてあった“人食い魚ピラニア”みたいな解説板とか、オープンの頃から時間が進んでいないみたいな感じ。
それも、“昔の水族館”よりさらに昔、水槽の保温が簡単にできなかった頃くらいまで遡ったような時代感。
解説や、水槽周辺の注意書きとか、圧倒的なノスタルジー。
しかもそれが、昔を再現したものではなく、昔からそのまま、今も現役という点が凄いのだ。
昔懐かしいとかじゃなくて、もはや知らない世界だ。
こんな時代が止まったままの空間は、ここにしかないものだ。
だから、今ある施設を壊して、新しい水槽に作り直す、なんてことはしなくていい。
この見にくさも含め、ひとときのタイムスリップを楽しんでみて欲しいと思うのだ。

もし、ピラルクーやらピラニアが見たいのなら、うみたまごに行けばいい。
クルマなら、ここから20分ほどで行けるから。

意外と面白かったけれど、もう1回行くかと言われれば……
だけど、1度くらいは見に行っても損はないんじゃないかな? 1度だけなら(笑)
nice!(1)  コメント(2) 

くしろ水族館ぷくぷく(北海道) [水族館レポート]

もう1年近く前の話だけれど……
昨年5月、イベントのお礼を兼ねて、標津サーモン科学館に顔を出した時のこと。

今回は、釧路の偵察ですか? と、館長。

釧路? 何かあるんですか?

エッ!? 水族館ができるの知らないんですか?

その時初めて、釧路に水族館ができることを知った。
「くしろ水族館ぷくぷく」として新水族館がオープンする2ヵ月ほど前の話だった。

残念ながら、オープンには間に合わず、また、オープン後ほどなくして夏休みシーズンに入ってしまったことから、釧路行きはしばらくお預け。
その頃、夏休み時期に行ったという人に、話を聞いたのだけど、“なかなかよかったですよ”と。

オープンすることを初めて知った時から4ヵ月後の9月。ようやくオレは釧路へと足を向けた。
既にオープンから2ヵ月が経過しようとしていた。

水族館は、周辺に大きなショッピングセンターなどが立ち並ぶエリアに新しくできた「釧之助本店」の2F部分。
IMG_1136.jpg
地元の水産会社の新しい旗艦店で、海産物を買ったり、食べたりできる施設だ。

その入り口を入ると、正面に2フロアを貫く大きな円柱形の水槽。
LY5A9941.jpg
水槽を正面に左へ行くと、買い物ができるエリア、右が食事ができるエリア。
水槽に沿うように配置された階段で2Fへ上がると、水族館の看板が目に入る。
賑やかな1Fに対して、2Fはややひっそりとしていて、入り口も何となく隙間みたいな感じ。
入り口の脇に置かれた券売機でチケットを買い、中に入る。

斜めに進むように配置された21本の水槽を縫うように進む順路になっていて、館内の暗さも手伝って、実際の規模以上に大きい? みたいな印象を受ける。
実際はかなり小規模なので、そのまま出口まで辿り着いてしまうと、あらためてその規模を実感することになるのだけど、実際の小ささよりは大きく感じられるような気がする。
LY5A0055.jpg
順路は色鮮やかな南の海の魚たち、クラゲ、地元の海の魚、タッチプールと続いていて、エントランスにある円柱水槽も、トラフザメやナポレオンフィッシュなどの南の海の魚が泳いでいる。
冬が長く、寒さが厳しい北海道だけに、明るく暖かい南の海の住人への憧れがあるのだろうか。全体的には南の魚が多い印象だ。

一方、地元の魚の展示コーナーはミズダコやカレイなど、下の階に行けば食用としても売られているものの他、マイワシが泳ぐ円形水槽、北海のアイドル、フウセンウオもいる。
LY5A9978.jpg
ひとつひとつの水槽は大きくないのだけど、やはり地元だからなのか、魅力的な個体が揃っており、オレにとっては“北海道に来た”ことを感じさせてくれるそれらの魚たちの方がありがたみを感じてしまうのだ。

また、変わった形の水槽が配置されているのも見た目には新鮮さを感じるだろうか。
半円形とかひょうたん型みたいな水槽とか、タッチプールも変わった形のアクリル製。
正直、水槽の中は見やすくないけれど、水槽の形が変わってることで、その中身を見てみたくなる効果があったりするのかもしれない?
LY5A9958.jpg

先にも書いたように、水槽は全部で21本。
入館してすぐの大水槽を除くと、それほど大きな水槽がある訳でもなく、規模は小さいので割とあっさりした印象。
しかし、水族館ぷくぷくがあるのは、地元水産会社が運営する販売店。
水産業が盛んな釧路だけに、水族館のついでに、美味しいものも楽しめてしまう点は見逃せないだろう。
オレに“なかなかよかった”と話してくれた人は、水族館だけでなく海鮮も楽しんだそうだが、それをするか否かで、水族館の印象も変化するような気がする。
オープンしてすぐの時間帯だったこともあり、オレは何も食べずに帰ったけれど、特別な印象とならなかったのは、それも理由かも知れない?
そう考えると、ランチや買い物のついでに行くといいかも知れない。

なお、大水槽は水族館に入館しなくても(入館料を支払わなくても)見ることができる。
nice!(0)  コメント(2) 

珍魚・ゾウギンザメ展示開始@サンシャイン水族館 [海の魚]

1週間前のことだっただろうか。
サンシャイン水族館で3月15日より「ゾウギンザメ」の展示が開始されることが発表された。

ゾウギンザメだと!!
LY5A7509.jpg

もちろん驚いた。
とんでもない級のビッグニュースなのはよく分かる。でも、どこか降って沸いたような話、みたいな印象だったし、当のゾウギンザメ自体、よく知らない魚だし……

オレはギンザメ類に憧れを抱いたことは、正直言うとなかった。
サメの名前が付いた軟骨魚類ながら、その見た目はずいぶん印象が異なっているし、オレがサメやエイに求めてる魅力みたいなものを、ギンザメ類に見出すことができなかったから、なんだろうと思う。
余談ながら、ギンザメ類はサメやエイと同じ軟骨魚鋼に属しているけれど、サメやエイが属する板鰓亜鋼ではなく、全頭亜鋼という別亜鋼に属している。
つまり、近いようでいて、それほどでもない間柄、と言ったところだろうか。

ギンザメ類に興味が薄いのは、あまりにも馴染みがないことも影響している気がする。
オレが見たことのあるギンザメ類といったら、スポッテッド・ラットフィッシュただ1種のみ。
今現在、鴨川シーワールドでギンザメが展示されているようなのだけど(それも早く行かなくちゃね)、生きた姿を見る機会なんて同じ深海の住人であるはずのミツクリザメやラブカよりずっと少ないのだからね。

そんな馴染みが薄いギンザメ類の、しかも日本にはいない種類が唐突にやってきたのである。
正直、どう驚けばいいのか分からない、みたいな感覚だった。
でも“生き物系水族館ブロガー”としては、やっぱり行かない訳にはいかないよね。
しかも、未飼育種へのチャレンジ、それも簡単じゃなさそうな魚種、等々、オレ好みなワードも並んでいるし。
なのに、公開日には行けない……
15日のTwitterには、ゾウギンザメの画像が並び、遠くからそれを羨ましく眺めていた。

そして18日、朝一で駆け付けたオレの前に、初めて見るゾウギンザメが。
LY5A7489.jpg
特徴的な突き出た吻もさることながら、一般的な? ギンザメとは大きく異なるチョウザメのような尾ビレが何とも印象的。
LY5A7445.jpg
胸ビレを羽ばたかせるような泳ぎ方はギンザメらしいところだが、突き出た吻先、大きな頭、高く尖った背ビレ、比較的高い体高など、全体的なフォルムはロングノーズ・コリドラスのような印象。
LY5A7714.jpg
※参考 ロングノーズ・ブロキス(コリドラスじゃないけど・笑)
こうして見るとあんまり似てないね。

でも、とりあえず、見た目からして珍しさが伝わってくるようなフォルムと、水槽の前に立つだけで目に入る適度なサイズ感など、水族館の話題の新人には素晴らしいくらいの条件が揃っている。
ゾウギンザメは卵の形もとても変わっているが、サンシャイン水族館ではその展示を目指していたそうなのだけど、いろいろ情報を集めていると、魚自体が手に入ることが分かり、今回の展示と相成った、とのこと。

ゾウギンザメはかつて葛西臨海水族園でも展示されていたことがあるそうで、その意味では、今回が日本初ではないのだけど、葛西で展示されたものは今回サンシャイン水族館で展示されたものとは別の種類。
サンシャイン水族館のものはオーストラリア産のCallorhinchus miliiという種類で、葛西のものはC.callorynchusという南米産の種類だったようなので、今回の展示は日本唯一にして日本初と言っていいはず。

ゾウギンザメは繁殖期になると浅いところまで上がってくるため、その時期に捕獲されたものは水槽でも状態よく飼育することができるのだという。
現地で畜養されていたこともあり、とてもいい状態で日本に到着したそうで、到着した早々から餌を食べ始めたらしい。
今では、アジやエビなどの餌を毎日大量に食べているのだそうだ。

状態がいいと、黒と銀が混ざったような体色になるそうで、サンシャイン水族館の展示個体はとてもいい状態であることが分かる。
LY5A7431.jpg
この手の魚にありがちな“早く行かないと見られなくなる”みたいな危うい感じがないことでも、状態の良さが見て取れる。
そのことをTwitterに上げたら、多くの人がリツイートやいいねをしてくれて、この魚に関心が高い人が多いことが分かった。
水族館の関係者でもないのだけど、珍しい魚に高い注目が集まることはオレも嬉しい。

サンシャイン水族館では、ゾウギンザメの繁殖を目指すと発表しているが、そんな夢のような話が意外とすんなりいけてしまうのでは? みたいな気さえしてしまう。

この不思議な感じは多くの人に見てみて欲しいと思うのだけど、状態がいいので慌てる必要はない。
これから先は、いつ行っても見られるだろうからね。
nice!(0)  コメント(2) 

番匠おさかな館の気になる魚 Vol.2 [淡水魚]

淡水魚専門の水族館には、ここ素敵!! と思えるような施設が多い気がしている。
単にオレの琴線に触れるだけ、ということかも知れないけれど、好きな施設が多い。
そのひとつが、大分の番匠おさかな館。
7年前に初めて行って、えらく気に入ったのだけど、その後、なかなか行く機会に恵まれず、というか、その遠さに阻まれ、気が付けば7年のご無沙汰。
昨年から、基準を満たした水族館巡りを終えることに注力してきたが、今回、その残りを片付けるため大分へ行くことになり、水族館のために大分まで来たのだからと佐伯まで足を伸ばすことにした。

2回目だから、初めての時のような感動はなかったけれど、それでもやっぱり楽しかった。
魚や水槽が綺麗な水族館は、魚好きにはやはり魅力的なのだ。

最初に気になったのはウナギ。
LY5A6837.jpg
最近、絶滅危惧種としてTVなどを賑わせているウナギ、Anguilla japonicaそのもの。
食材としての馴染み深さは、年々薄れてきているけれど、水族館ではまだまだ普通に見掛ける魚で、それがいたからと驚くことはない。
でも、番匠おさかな館に展示されていた個体は、とにかくデカい!!
1mは超えている長さも驚きだが、何よりその太さに驚かされた。500mlのペットボトルくらいはあっただろうか?
LY5A6977.jpg
この巨大さから察すると、恐らくはメス個体(ウナギはメスの方が大きくなる)だと思うのだが、こんな巨体なら卵も沢山産めそうだし、ウナギの未来のために海まで連れてって放流しては!? みたいなことを思ったり。

隣の水槽にはオオウナギも並べて展示されていたが、このウナギと変わらないくらいの長さの個体のため、その印象の薄さたるや…… 頑張れ、オオウナギ!!

お次はアカメ。
LY5A6901.jpg
日本に生息する唯一のラテスにして、オレの大好きな魚。
生息地として宮崎県が知られているが、大分の番匠川ではきわめて珍しいらしい。
この個体は番匠川で捕獲されたものだそうだが、餌となる小魚を追って入ってくるものが時々いるのだとか。
幼魚が確認されたことがないそうで、恐らく、番匠川には生息していないだろう、とスタッフの人が話してくれた。
そういう意味では幻の1匹、と言っていいのかも知れない。

番匠おさかな館は、その名の通り、番匠川の魚を展示した施設だが、オレ自身は、こんな豊かな自然や川がない環境で育ったので、日本の淡水魚に対する馴染みが薄い。
反面、熱帯魚店で買える魚には、小さい頃から見続けてきたこともあり、そうした日本の淡水魚より馴染み深く感じるものが少なくない。
番匠おさかな館では、外国産の魚も少し展示されていて、7年前にもそんな魚たちに感動させられたが、今回もやはり? 温室の魚たちにときめかされた。
7年前も思ったことだが、ここの魚、綺麗なのだ。水槽が綺麗なのはしっかり掃除されているからなのだろうけど、光り輝かんばかりの色、艶をした魚たちを見ていると、何が効いてるんだろう? みたいな秘密を探りたくなる。

温室の水槽は、水槽自体は変わっていなかったけれど、その中身は変更された水槽がいくつか。
7年前、タンガニイカシクリッドが展示されていた水槽は、マラウィシクリッドの水槽に生まれ変わっていた。
巨大というほど大きくない水槽で、こうしたシクリッドを群泳させると、いじめられたりする個体が出てくるものだが、何故かここの水槽ではそれがないようで、どれも綺麗な姿を見せてくれていた。
その中で気になったのが、プラキドクロミス・ミロモ。
LY5A6843.jpg
魚名板には出ていなかったけれど、水槽の真ん中で“オレが主役だ!!”と言わんばかりに陣取っていた。
この種以上に好きな種類も入っていたのだけど、その綺麗な姿を、よく見える位置でアピールされれば、イヤでも気になるというもの。
今なら絶対覚えられないような種名も、昔に覚えたものだからスルッと出てきた。
オレが中学生くらいの頃、“スーパーVC-10”という、訳の分からない名前で売られていた魚だが、その不思議な商品名と、当時のオレにはやけに高く見えた値段のこととか、一瞬、昔の記憶まで呼び起こしてくれるような再会? だった。

温室からもう1匹、ピラニアとパクーが混泳する水槽から、ピゴケントルス・カリバ。
LY5A6852.jpg
黒いスポットが特徴的なピラニアの1種。
7年前、この水槽ではアジアのコイ科魚類が泳いでいたような記憶があるが、ピラニアを中心とした中型カラシンの賑やかな混泳水槽になっていた。
ピラニアはナッテリー、ピラヤ、カリバの同属の3種類。
かつてはここにブラックピラニアを入れようとしたこともあるそうなのだけど、結果は推して知るべし。
水槽の魚が皆殺しになる前に、バックヤードへ移動になったとか。

ピラヤやカリバは1匹ずつしかおらず、ピラニアはナッテリーが主戦力。
しかし、そのナッテリーもまた、やけに綺麗なのだ。
ちょうど、餌の時間に遭遇したので、その綺麗の秘密を探るべく、話を聞きつつ、餌やりについて回ってみた。
ピラニア水槽は、ワカサギとオキアミ、そしてペレット。シクリッドはフレークフードをメインに、オキアミを少々、といった感じ。

特別なものはやってませんよ、というスタッフ氏の言葉通り、餌は考えていた以上に“普通”。
だとしたら、やはり綺麗の秘密は、地下水を使っているという水なのかも知れない。
真似できる部分ではないだけに残念だが、いかにも水がよさそうな場所だけに、何となく納得できてしまう推定結果。

とまぁ、7年ぶりに思い切り楽しんできた、という話でした。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -