So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

水族館ができるまでの戦い 水族館ナイトinサンシャイン水族館 [その他]

サンシャイン水族館のリニューアル後はもちろん、その様々な過程で、プロデューサーの中村元氏がTVや雑誌など幅広いメディアに登場。自らが手掛けた新生水族館のプロモーションに勤しんでおられた。
まだオープンするよりずっと前、リニューアルを扱ったTVの特集? で、マンボウの展示について激論が交わされている様子が映し出されたことがあった。
「マンボウの展示はやめるべき!!」とする中村氏に対し、「絶対必要です!!」と反論する水族館のスタッフ氏。その時の会議室の様子は画面を通してもスタッフ氏の苛立ちが伝わってくるような、かなり険悪な感じだったことを憶えている。

そのやりとりを見ていたオレも、「マンボウなんて要らないんじゃない…」と思った。
サンシャイン水族館にマンボウがいなくてはいけない理由はないからだ。だが、同様に、いなくていい理由も見当たらない。
マンボウは不要? それを言い出すと、何もかもが必要ないような気がしてくる。
そもそも、池袋のビルの上に水族館があること自体がおかしな話なのだから、海に面した余所の水族館のような、地域性に起因した展示理由なんてあるワケないのだ。
そう考えると、マンボウがいるのがサンシャイン水族館なのなら、それは必要なんじゃないか? みたいに思えてきた。
TVで見た会議以降、その話がどういう決着を迎えたのかは知らないけれど、結局、新しくなった水族館でも今まで通りマンボウは展示されてた。
IMG_1467.jpg
きっと、あらゆる生き物で同じような“戦い”が繰り広げられたんだろうなぁ、と想像するのだけど、自分の言葉で情報を発信できる中村氏とは違い、片方の当事者である水族館スタッフ氏の思いや考えを聞くことはできない。オレとしては、そここそが是非とも聞いてみたい部分だったんだけど…

だが、そんな機会が訪れた。
IMG_0863.jpg
リニューアルオープン後、水族館で開催された水族館ナイトで、中村氏と戦いを繰り広げたであろうスタッフ氏が話し手として壇上へと招かれたからだ。
トークショーという公共性の高い場で、しかも時間にも限りがある中では、オレが期待?
したような戦いの遍歴は流石に聞けなかったけれど、飼育スタッフ氏の話の端々にそのプライドや意地が垣間見えるようで、非常に面白かった。
IMG_1456.jpg
戦いのステージ!? サンシャインラグーン

水族館の飼育スタッフの仕事は、担当生物の飼育、管理はもちろん、担当水槽の作成など、飼育以外の仕事も多いけれど、基本的には表舞台に出てくる機会の少ない裏方的作業が大半を占める。
そのせいか、職人的な雰囲気の人が多いように思う。その分野では、圧倒的な“技”を持っている部分でも共通しているし。

飼育スタッフに限った話ではないけれど、仕事でも何でも長い経験を持つ人なら、自分の“技”や技術に自信を持っているだろうし、それがプライドの拠り所になってることも多いだろう。
自分の技術に絶対の自信を持つ職人気質の人ほど、その人が認めない相手の話や言うことを聞いてくれることはない。
しかし、飼育スタッフの場合、仕事人である以前に、その水族館に勤めるサラリーマンでもあるため、会社の方針や上司が決めたことには従わざるを得ない。
それでも、そうした決定の中には、受け入れがたいものもあるのだろう。
恐らく、サンシャイン水族館のリニューアルでプロデューサーとしてやって来た中村氏は、飼育スタッフ氏たちからすれば、そんな“受け入れがたい存在”だったに違いない。
本来、リニューアルという同じ目的、ゴールに向かっている仲間のはずなのだけど、片や水族館における集客やマーケティングのプロ、もう片方は飼育や生き物のプロ。それぞれの立場で物の見方はまるで違っていたはずだ。しかも、そのどちらの意見もその立場からすれば、絶対的正解なのだろうから、相手の意見をすんなり呑めるはずなんてなかっただろう。
オープンに至るまで、あらゆる戦いが繰り広げられていたことは間違いなさそうだ。
館内の雰囲気や水槽の形、見せ方は大きく変わっているけれど、展示生物自体は大きく変わっていないのは、もしかするとスタッフ氏たちの抵抗が強く、中村氏が負けてしまったのかも!? なんて邪推してみたり…
IMG_1574.jpg
戦いのステージ!? クラゲトンネル

サンシャイン水族館のスタッフ氏に個人的な知り合いはいないけれど、酒でも飲みつつ話を聞けば、もっと濃い話が溢れ出てくるんじゃないか… 壇上で話している飼育スタッフ氏は、時間の都合で、エンジンが暖まりきる前にステージを降りていってしまったが、オレにはそんな風に見えた。
リミッターがかかっているような飼育スタッフ氏同様、中村氏の話もやはりクライアントである水族館でのトークショーとあってか、やはり出力控えめな印象。こちらも酒を片に話を聞けば、もっといろいろ聞けそうな予感(笑)

やっぱり、水族館を作るというのは、ハード、ソフトの両面で大変なことのようだ。

水族館ナイトの様子
http://www.ustream.tv/recorded/16516628 (1日目)
http://www.ustream.tv/recorded/16534363(2日目)
http://www.ustream.tv/recorded/16552867(3日目)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

pomu.

「ぼくはこう思うんだけど」「あ、それいいっすねぇ」「じゃ、それでGo!」
ってな具合にはいきませんよねぇ
それぞれの見かたがあり、思いがあり
そのうえ予算だとか空間だとかの制限もあるんですもんね~

考えてみれば、地上に水の空間を作るのって
海の中に人が住める空間を作ろうっていうのと
規模こそ違えど「違う空間を作る」っていう点では一緒ですもんねぇ

先日テレビで放送されていた「サンシャインのできるまで(こんなタイトルじゃなかったですが……」
録画だけしてまだ見ていないのですが、見るのが楽しみです^^
by pomu. (2011-08-15 10:02) 

ミストラル

>TV、見ました?
ウチ、TVなし生活をしてるので、携帯のワンセグで見ようと思って窓の側に行ったら、その脇にいるアロワナがいつもと違うオレの動きにビビって、ガラス蓋を突き破って床で大暴れ。
結局、魚を水槽に戻して、床を拭き終わった頃、番組も終わってました…

内容は、水族館ナイトで話していたことのような感じだそうですが…

サンシャインのスタッフ氏は、中村氏のことを、キリスト教徒とイスラム教徒くらい違う相手だと話してましたよ。
意見、徹底的に合わなかったんでしょうね(笑)
by ミストラル (2011-08-15 23:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0