So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

海きららの九十九島大水槽 [水槽]

パールシーセンターがリニューアルを経て、「海きらら」となったという話はひとつ前のブログに書いた通り。
でも、その“海きらら”という名前は、正直、あんまりカッコよくないなぁ、なんて思ってた。
しかし、実際に海きららに行き、大水槽を見た今ではそう思わなくなった。
あの九十九島大水槽をひと目見た瞬間、この水族館の名前は海きらら以外あり得ない!! そう実感したからだ。
IMG_5090.jpg
この大水槽は、08年のリニューアルで追加されたもの。
それまではアオウミガメや大きなタマカイが泳ぐT字型の大水槽(ひとつ前のブログ参照)が最大の水槽だったが、それを大きく上回る650tの容量を持つ大水槽だ。
水槽正面から斜め奥へと続く擬岩のせいか、水槽は見た目や数字で聞く容量以上に大きく見える。
とは言え、今日び、650tくらいの容量では驚くに値はしないし、中を泳ぐ魚も九十九島周辺に生息している魚ということで、特に珍しいものはいない。むしろ、ありふれた種類ばかりと言ってもいい。
それでも、この水槽は非常に印象深かった。
むしろ、内容を考えれば、それが驚きだったくらいだ。

何がそんなにいいのかって?
まず、何と言っても圧倒的に綺麗なこと。
行く以前から、とても綺麗な水槽である、と話には聞いていたし、写真でも見たことがあったから、“こんな感じだろうな?”とある程度の想像はしていたつもりだった。
でも、実物の美しさはそれをはるかに上回っていた。
オレが行った日は天気が良かったこともあるけれど、降り注ぐ太陽光が水槽を明るく照らし、水槽内は光で満ちあふれていた。
IMG_4884.jpg
IMG_4903.jpg
水、底砂、そして魚。
それらすべてがキラキラと光り輝いているようで、そんなのを眺めていた時に思った。
「海きらら…」って。
名は体を表す、ではないけれど、これ以上ない館名だと思った。

この水槽には屋根がない。
IMG_4794.jpg
イルカショープールの奥側が大水槽

そのため、外光はダイレクトに射し込む。オレが行った日は、日射しが痛いほどの好天だったせいもあるのだろうけど、太陽光を受けた水は輝き、底の砂も真っ白ではないはずなのに、直視できないほどのまぶしさ。
そこに水面の水紋が映し出され、さらにその上に泳ぐ魚の影が行き来する。
さらに、水槽の奥のコケで覆われた擬岩の緑が、白い砂の海から立ち上がる山のようで、これまたすごく美しいのだ。
しかも、時間によって(太陽の位置、陽の強さ)、水槽の明るさが変わる。
すると、水槽内の見え方も違ってくるから、見る時々によって違った美しさが楽しめる。
珍しい魚や、特別好きな魚が入っているワケでもないこの水槽の前で、ずいぶん長い時間を過ごしたけれど、それもそんな変化が楽しかったからなんだろうと思う。
でも、屋根がないお陰で、鳥による魚の食害は無視できない問題になっているらしい。

泳ぐ魚たちも綺麗だ。
そのため、目の前を通り過ぎるものをついつい写真に撮ってしまう(笑)
IMG_4752.jpg
もうひとりのオレが、“それ、ただのコショウダイだから…”とか、“それ、メジナだよ”とか、冷静な意見を投げかけてくるのだけど、魚好きにとって綺麗な魚は、それがよく見知ったものだったとしても、やはり魅力を感じてしまうのだ。

この水槽に限らず、太陽光が直接射し込む水槽というのは、どこでも綺麗なものだが、長崎の太陽、魚の密度、砂の色など、様々な要素がうまくバランスしてこその美しさなのだろうけど、とにかく、いつまでも眺めていたくなる水槽だった。
オレが行った日は天気が良かったので、晴れの日の美しさしか知らないけれど、雨や曇りの日にも、その時ならではの綺麗さがあるのかも知れない。

ただし、その綺麗さの維持は簡単ではないようで、強い太陽光は様々なものを美しく彩ってくれる反面、コケも強烈に育ててしまうので、オレが行った日にも、2人のダイバーが掃除を行っていたが、暖かい時期には2日ごとに、2人掛かりで潜水清掃の必要があるのだそうだ。

いずれにしても、その水景の美しさは、実際に見に行って、その目で味わってみて欲しいと思う。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

真人屋

最近海きららに行きたいとずっとK君と話しておりますw
写真をみてますます行きたくなりました。

いつも参考にさせていただいております。
これからも楽しみにしてます・
by 真人屋 (2013-10-07 19:23) 

ミストラル

>真人屋さん

コメントをありがとうございます。

あそこの大水槽は是非、見てみて欲しいですね。
真人さんや、Kさんが見ると、どう見えるのかも興味津々です(笑)

ご多忙でしょうが、お時間がある時にでも、
また見てもらえると嬉しいです。
by ミストラル (2013-10-09 07:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0