So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

おたる水族館の気になる魚・Vol.3 [海/淡水・魚全般]

今回のおたる水族館は、トドのサケ喰いパフォーマンスが目的だったのは、ひとつ前のブログに書いた通り。
でも、目的以外も楽しくて、いつ行っても(と言っても年に1度の話だけれど…)何かしらの発見があって、というのが、お気に入りの水族館ならでは、なのだろうね。
おたる水族館に行くと、どうしてもアザラシやトドに夢中になってしまうのだけど、魚にだってちゃんと楽しませてもらってきた。

今回、とりわけ印象に残ったのはカレイの仲間。
北海道では多く捕れるのか、おたる水族館はカレイの仲間が充実している。
IMG_6519.jpg
ニシンの水槽にいたスナガレイ?

カレイというと、底砂にへばりついてジッとしている、みたいなイメージがあると思う。
しかしそれが水族館だと、実によく泳ぐ。
むしろ、底砂の上でジッとしていることの方が少ないくらいで、実はカレイは泳ぎ回りたい魚で、外敵の多い自然界では仕方なく砂に埋もれる生活をしているだけ… そんな風にさえ思えてしまう(笑)

おたる水族館でもやっぱり、よく泳いでいる。
よく見える位置をよく泳ぐから、当然、目が行くし、結果的によく見ることになる。
すると、ピョコッと飛び出した目や、おちょぼ口など、意外と可愛い顔をしていることに気付かされるのだ。
中にはこちらを見上げてくる? ような個体もいたりして、見れば見るほど可愛く思えてくる(笑)
家で飼おうという人はあまり多くないと思うけれど、ペットフィッシュとしても高い資質と言えるのではないだろうか?
おたる水族館は、種類が多いだけでなく、手作りの解説板などでそれぞれの種類の見分け方なども詳細に解説されているから、お気に入りの1匹を探してみることもできる。
カレイ・マニアの道を進もうという人にとって、入り口にピッタリな水族館と言っていいんじゃないかな!?


表情の豊かさで言えば、やはりコレ!! フサギンポ!!
IMG_6609.jpg
地元・北海道の魚だが、北海道以外の水族館でも見ることができる、別段珍しくない魚だ。
しかし、ほとんどは隠れていたり、アクリル面から離れた位置にいたりして、最大の魅力? である顔をしっかり見ることができないことも多い。
しかし、おたる水族館では、その顔をじっくりしっかり楽しめるような水槽サイズが選ばれている。
面白いのは、壁の擬岩に丸い小さな窓。そこを覗き込むとフサギンポと目が合うのだ。
カレイほど動き回らないものの、それを見ると、ついつい写真を撮りたくなってしまう。動き回らない分、写真は撮りやすいはずだ。


個人的におたる水族館でもっともお気に入りと言っていい水槽は、2Fのオホーツク・ベーリング海水槽。
寒い海の水槽だからか、水槽の周りもすごく寒くて、全身で北海道の海を実感できる。
先に書いたカレイの仲間の他に、サケ・マス類、カジカ類などが泳いでいるが、この水槽
で興味深いのがサケ・マス類だ。
この水槽は海水なので、同じ種類でも淡水で飼育されているものとはちょっと雰囲気が違っていて、見比べてみると面白い。
IMG_6587.jpg
北海道ならではのイトウやオショロコマもいて、淡水水槽のオショロコマが小さく可憐な感じなのに対し、こちらの水槽ではご覧の通り、大きく厳つい。
あの水槽でサケ・マス類というと、大きく立派なニジマスやサクラマスに目が行くが、オショロコマやアメマスも、それぞれ見知ったものとは違った一面を発見できたようで、ちょっぴり得した気分になれる。オレだけかも知れないけど…(笑)


今回、回遊水槽、というかおたる水族館では初めて見たスケソウダラの姿があった。
IMG_6589.jpg
タラコの親、はたまたフィレオフィッシュの素材として馴染み深い魚だが、あまり飼いやすくないのか、水族館で見掛ける機会は少ない。
いても顎の先とか、体のどこかに傷があったりと、なかなか完品はお目にかかれない。
しかし、おたる水族館にいたものは、どれも綺麗!!
水槽と観覧面の間に階段のあるもっとも見にくい位置の、それも水面付近に定位していたので、近くでじっくり見ることはできなかったものの、個体数も多く、これまた得した気分に。
余所の水族館で見たものよりも綺麗なのは、水槽の広さが効いているんだろうか?


最後の1匹は淡水魚。それも北海道とは縁もゆかりもないもの。
水族館の2Fから、イルカショースタジアムに向かう出口手前、レストランの出口の向いに、自販機なんかが置かれた休憩スペースがある。
そこにいくつか水槽が置かれていて、アジアやアフリカなどの熱帯淡水魚がいる。
そんな水槽のひとつに、タンガニイカ湖の魚が入ったものがあるんだけど、その中にいるトロフェウス・ドゥボイシィの綺麗さが印象的だった。
IMG_6551.jpg
奥まった所にあるため、これらを見ずに素通りしてしまう人も少なくないのだろうけど、水槽前の椅子に腰掛けつつ眺めてみると、意外な綺麗さに驚けるはず。
ちょっとした驚きに、ここでも得した気分になれる!? かも。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0