So-net無料ブログ作成
水族館相当施設レポート ブログトップ
前の10件 | -

美深チョウザメ館(北海道) [水族館相当施設レポート]

北海道中北部に位置する美深町。
町内にはかつてチョウザメが遡上したという天塩川が流れている。
だから、ということではないのだろうけど、美深町では町を挙げてその養殖に取り組んでいて、名産品としてのアピールもしているし、そもそも町の道路看板の図柄もチョウザメだったりするくらい、“チョウザメ推し”な町だ。

そんな地にあるチョウザメの水族館。
チョウザメに多少でも興味があるなら、行ってみたいと思うことだろう。
もちろん、オレも思った。

しかし、例によって? 少々行きにくい。
旭川と稚内の中間みたいな場所に位置しており、どちらの空港からも微妙に遠い。
でも、仕方ない。行ってみたいんだから。
水族館巡りの最後に残したノシャップ寒流水族館に行く途中に寄ることにした。

チョウザメ館は、キャンプ場や道の駅、大きな公園などがあるびふかアイランドの中にある。
広大な駐車場にクルマを止め、森の中みたいな場所に建つ施設へと入館。
IMG_2370.jpg
ざっと展示を見回した後、オレは自分が犯したミスに気付かされた。
初めての水族館(相当施設)に来る時、もっともしてはいけないことは“期待しすぎること”だが、これまで何度も思い知らされてきたそれを、久しぶりにやってしまった。

だって、チョウザメの町のチョウザメ水族館だよ? どうしたって期待しちゃうよねぇ……

入館するとこの施設のメイン水槽たる円柱形の水槽が出迎えてくれる。
LY5A9670.jpg
様々な種類のチョウザメが泳ぐ、この施設最大にして、ガイド本などでも必ず登場する象徴的な水槽だ。
LY5A9690.jpg
そしてその反対側に天塩川の水槽。千歳水族館にあるような(スケールはだいぶ小さいけれど)、上流から下流に至る3つに別れた川の水槽があって、その水槽の前を通り、建物の奥の部屋へと行くと、年齢ごとに分けられたチョウザメの種苗が泳ぐ屋内養殖用の水槽が4つ並んでいる。
それ以外に小さな水槽が2本あったけれど、それがすべて。
LY5A9698.jpg
奥の養殖風景の展示エリアを除くと、水槽らしい水槽は入ってすぐのチョウザメ水槽と天塩川水槽だけ。
小規模だとは聞いていたけれど、チョウザメに特化した水族館として、もう少し展示があるのかと勝手に想像していたので、拍子抜けだった。
でもまぁ、それはいい。期待しすぎたオレが勝手にそう思ってただけだから。

でも、困ったことにそれらの水槽がとても見にくいのだ。
チョウザメ水槽は中が暗く、反面、観覧側が明るいので、映り込みが酷くて、魚がアクリルの前まで来てくれないと、中が見えない。
LY5A9724.jpg
しかも、アクリルのコケ汚れも結構ひどくて、それがまた見にくさに拍車をかける。
天塩川水槽もやはり水槽が暗くて見にくい。おまけに、魚名板は出ていてもその魚がほとんどおらず、3つに分かれた水槽はほぼイトウのみ。イトウ以外はフナとコイが少しいただけ。
フナやコイよりもイトウの方がずっと希少であることを考えると、それはそれで凄いこと? なのかも知れないけれど……
せっかくこんな施設があるのだから、もう少し頑張ってもらえるとチョウザメ好きとしては嬉しいなぁ、と思うところなのだけど、同時に、これでも仕方がないのかなぁ、とも思うところも。
と言うのもこのチョウザメ館、入館料が要らない無料の施設。
1円も支払わずに、要望ばかりするのも流石に気が引ける。でも、勿体ない、とは思う。


結論。
チョウザメ好きがチョウザメを目的にここまで行っても、大きな満足感は得にくいと思う。

その理由は、規模的なことや、見にくさもあるけれど、展示されているものがあまり綺麗でないこともある。
チョウザメ養殖は採卵や食用が主目的。その姿形はあまり重視されない。
それはここに限らず、養殖の延長で見せている施設ならどこも同じようなものだから仕方ないことと言えるかも知れないのだけど、“見る”という目線でそれらの個体を見ると、いろいろ残念な点が多い。
加えて、微妙な行きにくさも“ここまで来たのに……”というマイナス要因となるかも知れない。

でも、チョウザメに特別な思い入れがない人や、それ以外の目的もあって美深町に来るのなら悪くはない。何せ無料だし。
道の駅には、ここにしかないシープミルクなどの珍しいものや、北海道ならではの美味しいものもある。
旅の途中に寄るなら、景色も綺麗な場所だし、北海道旅行の思い出のページを増やすには悪くない施設なのは間違いない!! 何せ無料だし。
nice!(0)  コメント(0) 

つくみイルカ島(大分) [水族館相当施設レポート]

イルカとの“ふれあい体験”が売りのイルカおさわり施設。
偏見かも知れないけれど、どうも好きになれず、わざわざ行くことはまずない。
そんな個人的こだわり? に反して、これまで行くのを避けてきた“つくみイルカ島”に行ってきた。

その名の通り、イルカに餌をやったり、イルカのいる生け簀で泳ぐドルフィンスイムができたりなど、そこで体験できるプログラムはいかにもおさわり施設のそれ。
だから、7年前、うみたまごや番匠おさかな館を回った時も、あえて行かなかった。
しかし、聞こえてくる評判はいいものが多く、それも、同業者からもそんな評判が聞かれるくらい。
オレに行くことを薦めてくれたのも、某水族館の関係者の人だった。

そんなにいいの? だったら行ってみようか、と。

IMG_1813.jpg
イルカ島の名前の通り、陸地の先に堤防でつながった小島があり、その小島と陸の間の内湾に広がっているのが目的の施設。
施設は大半は海の上で、フロートの上に載った大きないかだを中心に、その周りにイルカたちが暮らす生け簀が配されている。
陸地側には観客席も設けられていて、イルカショーも行われている。
LY5A6750.jpg

海の上に浮かんでいる施設だが、意外と広い。
生け簀に沿って巡らされた通路を端から端まで歩くと、結構な広さ。まず、その規模感に驚かされる。
そんな通路を海面を眺めながら歩いていると、イルカたちが勢いよく近寄ってきてくれる。
LY5A6793.jpg
餌をもらえることを期待しての行動だが、寄ってきてくれれば嬉しいものだ。
寄ってきたイルカの性格による反応の違いなんかも見られて、何もくれないの? じゃあお前には用はない、とばかりにすぐにその場を泳ぎ去ってしまうものもいれば、顔を上げ、声を上げ、何かをアピールしてくるもの、ジッとこちらを見てるだけのもの、歩く人の横を並んで泳いだり、人の前で飛び跳ねてみたりと、個体ごとの反応はそれぞれ。
14頭もいることもあり、しかもそれらとの距離が近いので、それを見て回るだけでも楽しい。

イルカの繁殖研究の拠点としての役割も担っていて、他園館とも協力して、様々な繁殖研究が行われている。
14頭という頭数の多さも頷けるところだが、実際、14頭の中には、他園館から出張中の個体がいたり、イルカ島で生まれた個体もいたりと、まさに繁殖研究拠点らしいところも見られる。
LY5A6808.jpg
えのすいから出張中のアテネ(多分?)

とは言え、屋外の生け簀での飼育は、何かと大変なことも多いらしい。
風や海流で吹き寄せるゴミの問題、生け簀に生える海藻の対策など、自然の海だからこその問題点。
海藻も茂り過ぎると、網が目詰まりして水が通らなくなってしまったり、網が重くなりすぎて破けてしまうなどのトラブルにつながるそうだ。
また、網目から小さな魚が侵入、そこに住み着くのはいいのだけど、イシガキダイの幼魚のように、イルカをつついたりする悪戯をするものは捕まえなくてはいけない。
釣り堀コーナーにいた小さなイシガキダイは、イルカの生け簀で捕まえたものを育てたものらしい。
また、その生け簀の網も、ふにゃふにゃたわんだりせずに、イルカの遊泳スペースに影響を及ぼさないことに加え、メンテナンスのしやすさや耐久性、耐用年数、もちろんコストも重要。それらを考慮しながら、様々なものを試しているのだとか。
実際、イルカがいる区画はそれぞれ、異なる生け簀網が使われていたりしていた。
また、ペンギンや魚もいることから、鳥や野良猫の対策も必要だし、最近では、海外から来る反イルカ飼育の活動家対策みたいなことも意識しておかなくてはいけないらしい。

同じことを水族館でするのに比べると、大変なことが多いんですよ、と、いかだの上にいたスタッフ氏が色々と苦労話を聞かせてくれた。
施設を見学しているより、そんな話を聞かせてもらっていた時間の方が長かったくらいで、オレには大変有意義な時間となった。
今にして思えば、きちんとメモとか取っておけば…… と少なからず後悔しているくらい。

話は戻って…
このイルカ島、一般的な? イルカおさわり施設と違って、イルカ以外の展示も充実していることもここならではの強みだ。
2種類のアザラシ、ペンギン、そして餌やりができる魚たちがいて、寒くない時期にはそこにカワウソも加わるらしいが、オレが行った5カ月前にはカワウソはいなかった。

アザラシはゴマフアザラシだけでなく、日本ではここ以外に3か所でしか見られないハイイロアザラシがいるのはうみたまごの姉妹施設だからこそ。
LY5A6766.jpg
それをどこよりも近くで、アクリルを介さずに見られるだけでなく、餌やりまでできる。
アザラシに餌を与えられる施設は他にもあるが、ハイイロアザラシに餌を与えられる施設は他にはないので、アザラシ好きにはそれだけで価値ある体験と言えるのではないだろうか。
いろいろ聞かせてくれたスタッフ氏によれば、間近で見られるのは上陸していることの多い寒い時期だそうで、暑い時期には水からなかなか上がってこないらしい。

イルカやアザラシとの距離も近いし、イルカは個体数も多い。
個人的には、いろいろ聞かせてくれるスタッフ氏がいてくれたお陰で、ガッツリ長時間楽しませてもらうことができたこともあり、行って良かった!!
イルカ好きな人なら、ふれあい体験をしなくてもそれなりに楽しめるのだろうと思うので、大分の水族館巡りをするなら、立ち寄ってみることをオススメしておく。
クルマなら、番匠おさかな館とハシゴするのもそれほど大変ではないしね。
nice!(0)  コメント(2) 

小笠原海洋センター(東京) [水族館相当施設レポート]

水族館とは言いにくいけれど、父島にはもうひとつ、海の生き物を展示した施設がある。
それが小笠原海洋センター。
IMG_1325.jpg
ウミガメの保護、調査を行っているNPOによって運営されている施設で、小笠原に来遊するザトウクジラの調査なども行っているらしい。
ウミガメの上陸地には、それにまつわる施設がいくつかあるが、この海洋センターもそんな“ウミガメ水族館”のひとつと言っていい。

本州にある施設では、主役はアカウミガメであることが多いが、こちらの主役はアオウミガメ。
小笠原ではアオウミガメが多く産卵上陸し、食用にもされているくらいで、ここにも大小さまざまなアオウミガメが沢山いる。
一方、日本の水族館では主力? のアカウミガメはここでは圧倒的少数派で、1匹しかいない。でも、そのアカウミガメがここの最長老かつ最大個体だったりする。
2匹だけだがタイマイもいるので、日本の主要なウミガメ3種類は見ることができる。
なお、そのタイマイは八重山の黒島出身。日本でもっとも遠い施設がある黒島出身のカメに、日本でもっとも行きにくい場所にある施設で遭遇したのには、何だか因縁めいたものを感じたのだけど、それは多分オレだけだろう(笑)

沢山あるプールにいるのは幼いアオウミガメ。小さくて可愛いのだけど、流石にこれだけいると“もういいや”となりそうになるが、これらの子ガメたちは、ただ展示されている訳ではない。
LY5A4007.jpg
このセンターで孵化、少し成長させた後、海へと放流されるのだ。
参加はしなかったけれど、ウミガメについての学習会や放流会なども行われているらしい。

放流されるウミガメはタグなどが付けられることが一般的だが、海洋センターから放たれるカメのタグが面白い。
LY5A4225.jpg
甲羅の下の方に白い点のようなものがあるのが分かると思うが、これは白い腹甲の一部と、背甲の一部を切り取って入れ替えたもの。
そのまま甲羅の一部となり、成長を続けるので消えたり、外れてしまったりすることがなく、カメへの負担も少ない。
再捕された時、ここ出身であることが分かるのだ。

沢山いるカメたちには餌を与えることができる。
入館料が要らないので、せめて餌くらいは買おうと、餌やりもしてきた。
なお、グッズやお土産も色々売っているので、そういうのを買えばここの活動の支援にもなるのだろうと思う。
餌しか買ってないオレが言うのも何だけど……(汗)

餌は子ガメ用の浮上性ペレットと、大人のカメ用の野菜。
子ガメたちのプールには食べ残しされた餌が沢山浮かんでいて、さほど空腹でもなさそうだったので、おやつが欲しくて仕方がなさそうにしていた大人のカメたちに野菜を与えてきた。

アオウミガメはエサ取りがうまいと、どこかの水族館で聞いたことがあったような記憶があるのだけど、確かに素早い。
餌が水面に落ちる音に即座に反応するし、餌を投げた方向に素早く向かい、確実に食べていく。
それに引き換え、タイマイは個体の性格なのか、やけにのんびり。アオウミガメと同居しているプールでは、2人別々に違う場所で与えでもしない限り、与えた餌はすべてアオウミガメが食べてしまう。
それにしても、飼われウミガメっていうのは、ホントに何でも喜んで食べるようになるものらしい。
LY5A4018.jpg
アオウミガメはともかく、草食ではないはずのアカウミガメやタイマイも野菜を喜んで食べる。キミらはリクガメか? と思ってしまうくらいだが、食えりゃ何でもいいのか!?

珍しいものもいて、アオウミガメのリューシスティック(白化)個体。しかも3匹も!!
LY5A3988.jpg
これらの個体も餌やりができるので、大喜びで近寄ってくるが、いずれも片目が悪かったり、甲ずれがあったりと、爬虫類ショップ的な言い方をするなら“完品”ではなかった。
白化と何か関係があるのだろうか?
とは言え、3匹ともすごく元気で、おやつをもらおうと人を見つけるとバタバタ水を飛ばしながら集まってくる。
白い体は、野生で生きていくのは何かと大変そうだが、見た目にも珍しく、何より綺麗!!
こういう場所で、来た人を楽しませる役割はピッタリなのだろうと思う。
ここでしか見られない珍品だ。

おがさわら丸が着く二見港と湾を挟んで向かい合うような位置にあって、大村の街から歩くと20分くらいだろうか。
こちらは砂浜に面していたり、裏手が森になっていたりと、街から少し離れている分、自然がより間近な印象で、お弁当を持って目の前の砂浜で綺麗な海を眺めながら、みたいな散歩コースにもピッタリな気がした。
しかも、ありがたいことに、こちらも水産センターと同じく入館無料。
ウミガメ好きな人はもちろんだが、水族館を目的に小笠原まで行く人(そんなにいないとは思うけれど)、せっかく父島まで行ったのだから、こちらにも是非!!
nice!(0)  コメント(0) 

アザラシシーパラダイス(北海道) [水族館相当施設レポート]

紋別寒かったよ話、EpisodeⅢ(笑)

ワモン親子や個性豊かなゴマフたちの魅力にすっかりやられてしまったとっかりセンターだったのだけど、それ以上に吹き付ける風の寒さにやられ、風の来ない水中観察室に逃げ込み、ガタガタ震え続けていた。
とは言え、そこで震えていても始まらないので、意を決して? 向かいのアザラシシーパラダイスへ。
IMG_0815.jpg
寒さに加え、天気はどんよりとした曇り。しかも日暮れが近づきつつある時間帯ということもあって、アザラシシーパラダイスにいたお客はオレと同行者だけだった。
本来なら、ラッキー!! と喜ぶべき場面だが、そんなラッキーを今ひとつ有難がれなかったのも、やっぱり寒さのせいだ。

見学や観察がメインのとっかりセンターとは違い、アザラシシーパラダイスの主な目的はふれあいだ。
とっかりセンターでも目の前にアザラシが出てきてくれるが、アザラシシーパラダイスではそれに触れたり、トレーナー体験ができたりと、より濃厚にアザラシを楽しめる。
アザラシシーパラダイスは、アザラシが出てくる広場に対して建物の位置がとっかりセンターと逆になるためか、吹き付ける風がやや弱く感じ、アザラシたちの可愛さも手伝って、とっかりセンターにいた時ほどには寒さが気にならなかった。

先にも書いたように、アザラシシーパラダイスにいるのはたった2頭。
「あぐ」という名前の30歳のオスと、「ひより」という名前の4歳のメスの2頭のゴマフアザラシしかいない。
20頭以上のアザラシがいるとっかりセンターと比べると、たったそれだけ!? と思うかも知れないが、この2頭は“選ばれし個体”なのだ。
この2頭は誰とでもふれあい体験などができる。
アザラシは臆病で神経質な動物だが、それが不特定多数の見ず知らずの人の前に出てきて、それだけでも凄いのに、体に触れたりできてしまうのだから、ホントに凄い!!
お陰で、ここを後にする頃には、その魅力にデレデレになってしまうのだ。(笑)

ふれあいやトレーニング体験は、超ベテランの「あぐ」が主役。
LY5A6757.jpg
自分がやることをしっかり分かっているから、お客が決まった位置に立つだけで自分でそこまでやってきて、決められたことをきちんとやってくれる。
人(客)は立ってるだけでOK。あとはあぐが全部やってくれる感じ。
それどころか「これをやるんでしょ!? さっさとやって早く餌をくれ」と言わんばかりに、食い気味なくらいに前に出てくるし、何かしてる最中も早く餌が欲しくてずっとブーブー鼻を鳴らしている。
ただ、ひとつ個性というか、癖があるようで、吻タッチの時、吻先に付いた手(手袋を着用するので直接ではない)を舐める癖があるらしく、ブーブーいいながらもずっとペロペロし続けてるのがおかしい。
LY5A6753.jpg
でも、大ベテランならではの責任感の強さ? なのか、OKの合図が出るまでは手から吻を離さない。

そんなあぐも凄いのだけど、それ以上にオレの心を掴んだのがもう1頭の「ひより」。
LY5A6766.jpg
4歳とまだ若いからか、そこまでの集中力はなく、加えて好奇心も強いようで、人前に出ている時でも突然何かで遊び始めたり、自分が気になったものを見に行ったりしてしまう。
そんな様子が何とも可愛らしい。

一般のお客とはあぐのように接触はできず、近くで眺めるだけなのだけど、まるで犬や猫みたいにトレーナーにじゃれついたり、膝の上の乗ってみたりと、大好きオーラ出しまくりで、そんな様子を見てるだけで微笑ましい、というか、こっちまで可愛い!! みたいな気分になってくるのだ。
LY5A6775.jpg
目の前間近でそんな光景を見ていると、自分が体験してるみたいな気分になってきて、そんなあまりのベタ馴れっぷりに、この子、ホントにアザラシなの? みたいに思えてきたくらいだ。

さらに、そんなひより、顔も可愛い。
施設を後にする頃には、すっかりひよりのファンになってた。(笑)

こんな濃厚体験ができるのは、1日3回ある餌の時間。
せっかく紋別まで行くなら、行く前にその時間をしっかりチェックして、それに合わせて行くことを強くオススメしておく。
nice!(0)  コメント(0) 

オホーツクとっかりセンター(北海道) [水族館相当施設レポート]

水族館好きが紋別に行ったなら……

紋別オホーツクタワーの次は、その斜め向かいくらいの場所にある紋別とっかりセンターに足を運ぶのが定番コースだろう。
IMG_0805.jpg
オホーツクタワーからなら、10分くらい掛かるけれど歩いて行ける。

もっとも、オレが行った日はあまりにも寒くて、タワーから駐車場まででギブアップ。
クルマへと駆け込み、とっかりセンターの真ん前まで移動。1分も掛からないくらいの移動だけど、その間だけでも寒い強風から逃れたい… そんなコンディションだったのだ。

施設名にアイヌ語でアザラシを意味する“とっかり”と付くことからも分かるように、つまりはアザラシセンターである。
施設内の4つのプールには、打ち上げられたり、混獲されたりして保護されたアザラシたちが暮らしていて、プールの横の階段を下りていくと水中を見られる水中行動観察室もある。
見られるのはほとんどがゴマフアザラシで、それにゼニガタとワモンの全部で3種類。しかし、それほど大きくない施設内に多くのアザラシがいるので、ものすごく数を感じられるのと、手を伸ばせば触れられてしまいそうな距離感、また飼育下とは言え、生息地域だからだろうか? プールで泳ぎまわるアザラシたちは生き生きとしているように見える気がした。
LY5A6731.jpg

アザラシ好きの聖地と言えば、おたる水族館だが、ここもそれに負けず劣らず、アザラシを濃厚に楽しめる。さしずめ、アザラシ好きの天国、と言ったところだろうか?

オレが行った時はとにかく寒かったのだけど、その寒さとは別のサプライズもあった。
LY5A6741.jpg
それは、まだ小さいワモンアザラシ仔。ちなみに、仔は奥側の個体。
どうやら、オレが行った少し前に生まれていたらしい。
白い毛にくるまれ…… てはいなかったけれど、飼育下繁殖は例も少なく珍しいワモンアザラシ。
観覧エリアの制限があり、近くで見ることはできなかったものの、知らずに行ったので、いきなりなかなかのラッキーに遭遇した。

ワモンベビーを見ようと、頑張っていたら、「えさの時間」のアナウンス。
プールの裏手にある広場へと案内され、そこで待っていると、プールから続々とアザラシたちが客前へと出てくる。
しゃがんで待つよう案内されていたので、続々出てくるアザラシたちは、その鼻息が吹きかかるような距離。
ショーのような華やかな演出はされていないものの、やはり距離の近さがスゴイ!! 何となく楽しい気分になってくる。
LY5A6723.jpg
広場へ出てきたアザラシは、トレーナーの誘導に何となく従いながら、ゆる~く整列していく。
ひと通り出揃うと、トレーナーから各個体が名前とともに紹介される。
当たり前の話なのだけど、プールからの出てくる出方、顔つきなど1頭ずつ全部違っていて、同じゴマフアザラシでもかなりいろんな個体がいることが分かる。
中には、そこにいる観客に興味を持って、自分から近づいてくるような個体がいたり、花子ちゃんという個体は、「アウアウ」とずっと喋って? いたりと、どの個体も個性的でとにかく面白い。
LY5A6724.jpg

特別なアザラシ好きではないオレでもずっと見ていたくなるような楽しい時間ではあったのだけど、オレが行った日はこのアザラシ広場に向かって風が吹き付け、とにかく寒い。
ガタガタと震えが止まらず、お陰で写真もあまり撮れなかったのだけど、そんな寒さに震えたオレを、花子ちゃんの喋りはちょっとだけ寒さを忘れさせてくれた。


このえさの時間は1日5回。
出てきたくない、餌が欲しくない個体は出てこないし、出てきても餌を食べないでプールへと引き返してしまう個体がいたりと、その辺はアザラシ任せ。
そんなゆるさ? もこの施設の魅力だと思う。

至近距離での濃密なアザラシとの時間は、さらに続きがあった。
広場を挟んだとっかりセンターの向かいに、あざらしシーパラダイスという姉妹施設があるからだ。
寒さに折られた心を再び奮い立たせ? さらなるアザラシとの時間を楽しんだ。

施設とは関係のない話だけれど、紋別に行こうという人にアドバイス。
これからの時期はもちろんだが、真夏でもない限り、防寒対策はしっかりして行くことを強くオススメしておく。
特にとっかりセンターなどの施設は基本的に屋外だし、オホーツクタワーも駐車場から少し離れているので、寒さ対策はしっかりしておいた方がいい。
オレが行ったのは5月の連休後の時期だったのに、そんな時期でもひと桁台の気温と強風でホントに寒くて、プラス1枚程度じゃほとんど役に立たず、寒さに震えるばかりで思い切り楽しむことができなかったような気がしているからだ。
nice!(0)  コメント(0) 

紋別オホーツクタワー(北海道) [水族館相当施設レポート]

日本人は水中世界を覗きたいという欲求が強いのだろうか?

水族館だけでも相当施設まで含めれば各地に200以上もあるというのに、海中展望塔も各地に10以上があるようなのだ。

海中展望塔は水族館の類似施設的な存在として語られるが、泳がなくても水中世界を楽しめる点こそ共通しているが、海中展望塔から見えるのは本物の海。
自然だから何が見えるかはその日の運次第だし、場合によっては何も見えないこともある。

そんな海中展望塔があるのは、南の海ばかりじゃない!!
北の端にも存在している。
紋別オホーツクタワーがそれ。
もちろん、日本最北の海中展望塔だ。
IMG_0797.jpg
駐車場からは700mくらい。送迎してくれるバスもあったけれど、待ってるのも面倒だからと展望塔へと続く防波堤を歩いていく。
海面から結構高い位置を歩けるので見晴らしもよく、気分もいい…… はずなのだけど、海の上ということもあってか吹き付ける風が強く、しかもものすごく寒い!!
行ったのは5月の連休明けの頃。東京は天気が良ければ暑いくらいの気候なのに、紋別はというと気温ひとケタ。
1枚上着を持っていってはいたものの、そんな程度じゃお話しにならないレベルの寒さ。
展望塔の建物に入った瞬間、その暖かさに幸せを感じた(笑)

入館料を支払い、早速、海底へと向かい、まず外の海を眺めてみる。
LY5A6646.jpg
海は緑っぽい色で濃く濁っていて、透明度は1mもないくらい。
館内の解説によるといつも概ねこんな感じらしい。
この濁りこそ、北海道の海の美味しい海の幸が育まれる豊かさの証なのだけど、海中世界を眺めて楽しむにはどう考えても不向きだろう!!
窓周辺に住み着いている巻貝やエゾメバルの幼魚などの姿が見られたが、よほど窓の近くまで来てくれない限り、生き物の姿は確認できないからだ。
それでもオレは運が良かったのか、ニシン? チカ? か何かの群れと、ミズダコの姿を見ることができた。

何も見えなくても大丈夫だ。
何故なら、オホーツクタワーは水族館でもあるからだ!!
エレベーターで海中部分まで降りていくと、水槽が並んだ小さな水族館になっているのだ。
LY5A6635.jpg
海の中を見に来る施設なのに、その肝心の海の中が見えないから、そのフォローのため、だろうか?

海中展望塔の中ということもあり、大きな水槽があったりする訳ではないけれど、紋別の周辺で見られるミズダコやオオカミウオ、カレイなど代表的な魚、タラバガニなどがひと通り展示されていて、それなりに見応えがある。
水槽展示を見ていると、海の底にいることを忘れがちだが、ふと振り返って窓の外の景色を見ると、緑に濁ったオホーツク海の景色。
海に面した、とか、海に浮かんだとかの水族館なら他にもあるが、海の中にある水族館は恐らくここだけだろう。

水族館としての規模は小さい。当たり前だよね、海の中なんだから。
でも、だからと言ってバカにしたものでもなくて、魚やカニの展示水槽だけじゃなくて、ケガニやヒトデが入ったタッチプールや、チョウザメの餌やりができる水槽があったりと、水族館に求められる? エンターテイメント的水槽もちゃんとある。
LY5A6637.jpg
個人的にはこのタッチプールがやけに楽しかった。
さわりはしなかったけれど、ここにいたケガニやヒトデがやけに活発で、見ていて楽しかったのだ。
LY5A6641.jpg

オレにはあまりプラス要素とはならなかったけれど、展望塔の上階へと上がれば、シアターもあって、展望台や流氷に関する博物館的な展示なんかもあって、それなりに観光施設としての役割も担っている。
冬場には流氷もやってくるらしい。

これで海獣もいれば… という人も大丈夫!!
かつては展望塔までの通路でアザラシが展示されていたそうなのだけど、今でもすぐ近くには、アザラシを飼育しているとっかりセンターもあり、共通チケットも販売されている。
水族館好き、というかアザラシ好きが紋別まで来れば、漏れなくオホーツクタワー→とっかりセンター→アザラシシーパラダイスのハシゴコースで間違いないはず!!
この3施設をハシゴすれば、かなり満足感が得られているはずだ。

という訳で、近い内にとっかりセンターの話を続けたいと思います。
nice!(1)  コメント(0) 

笠岡市立カブトガニ博物館(岡山) [水族館相当施設レポート]

日本の水族館は、相当施設まで含めると、大小200を超える施設がある。
それだけあれば、それはそれはいろいろなタイプがあるものだけど、笠岡のカブトガニ博物館もそんな“変わり種”のひとつ。
IMG_0076.jpg

ウミガメの上陸地によくあるウミガメ博物館などと同じく、繁殖地にある啓蒙を目的とした施設だが、カブトガニ専門の博物館としては世界で唯一の存在だ。
博物館の名前の通り、博物館であって水族館ではないのだけれど、水の中の生物であるカブトガニは水槽展示されている。

笠岡市は岡山県だが西の端の位置していて、岡山からよりも広島県福山からの方が圧倒的に行きやすい。
オレは福山駅からレンタカーで向かったが、福山駅からは40分ほどで到着した。余談ながら、マリンバイオセンター水族館とのハシゴのプランだった。

カブトガニ博物館があるのは、恐竜公園という公園の中。
公園内には実物大、だけどトラディショナルなスタイルの恐竜像があちこちに置かれていて、ちょっとしたアミューズメントパーク的な雰囲気。
IMG_0072.jpg

恐竜は動いたりはしないけれど、順に見て回るだけでも結構楽しい。

恐竜はカブトガニをイメージしたドーム状の建物に入館した後も沢山いる。
ドーム中央にはカマラサウルスの骨格が置かれ、それを取り囲むようにさまざまな恐竜化石が展示されているのだ。
IMG_0083.jpg

オレが来たのは恐竜博物館なのか!? 恐竜を期待していなかっただけに、余計にそう感じてしまうほどの充実ぶり。少なくとも記憶には、本来の主役であるはずのカブトガニよりも強く残ったように思う。

主役かオマケか分からなくなりそうなカブトガニの展示は恐竜たちの下、1Fフロアに並んでいる。
でも、その展示を見れば、やはりこっちが主役かな? と思い直させてくれる。
というのも、現生種はもちろん、化石種なども展示され、パネル展示も充実しており、世界にただひとつのカブトガニ専門の博物館に大いに納得させられた。
IMG_0088.jpg

とは言え、オレが行って、しかもここに登場させるからには水族館的な展示がなくては困ってしまうワケだが、水槽での生体展示もある。
水族館でカブトガニは必ずしも珍しい存在ではないけれど、展示されているものはアメリカ産のアメリカカブトガニだったりすることも少なくない。
しかし、ここ笠岡は残り少ないカブトガニの国内繁殖地のひとつである。そんな場所にあるカブトガニの博物館だからして、そこで展示されているのは地元笠岡産。正真正銘、日本産のカブトガニだ。
かなり盛った書き方だけど、日本産のカブトガニもここでしか見られない訳ではないけれど……
でも、その地ならではの生き物を、その地で見るというだけでも、ありがたみが増すような気がしないだろうか? しかもこの博物館で見る時には、アメリカカブトガニなど外国産との形状の違いなども(博物館の解説で)見たばかり。より一層、ありがたみが増して見えるような気がするのだ。
LY5A0484.jpg

とは言え、水族館としては……
魚もいるけど、ほんの少し。
カブトガニを含めても生体展示は多くないので、水族館として楽しむには物足りないかも知れないが、カブトガニの博物館としては、文句なし!!
そもそも、水族館って名乗ってないしね(笑)

という訳で、カブトガニが好きな人にとっては、聖地と言ってもいいくらいの施設だった。
カブトガニ好きはもちろん、古代生物に興味があるという人にもオススメしたい。
特に、小さい頃、直立した恐竜を図鑑で見ていた世代には、恐竜公園も含めて楽しめるはずだから。
nice!(0)  コメント(0) 

クニマス展示館(山梨) [水族館相当施設レポート]

絶滅したはずの魚が再発見された……

もう7年も前の話だけど、かつて、秋田、田沢湖の固有種だったクニマスが、山梨の西湖で再発見されたというニュースを憶えている人もいるだろう。
クニマスが絶滅するより前、各地に移入されたものの内、西湖に放流されたものが細々と命をつなぎ続け、人知れず種としての絶滅を免れていたのだ。
IMG_0282.jpg

そんなクニマスを展示した水族館相当施設が、西湖のすぐ近くにあると聞き、行ってみた。
元を辿れば田沢湖の魚とは言え、今や、西湖にしかいない魚であるからして、その近くにクニマスの展示施設があるというのは、自然な成り行きと言えるのかも知れない。

クニマス展示館があるのは、富士の裾野の観光スポット? のひとつ、コウモリ洞窟のすぐ隣。正確には山梨ネイチャーセンターに隣接している。
真新しい建物にクニマス展示館の看板が提げられているので、そこまで行けばすぐに分かる。

ウミガメ上陸地にあるウミガメ博物館(水族館)と同じような成り立ちの施設だけれど、規模はそれらの数分の一程度のとても小さなもの。クニマスだけの資料館としては十分な情報量なのだろうけれど……

館内はクニマスに関するパネル展示や、液浸標本が並んだ博物館的な部屋と、生体を展示した部屋に分かれている。
LY5A1640.jpg

生体展示を行っているスペースには、主役のクニマスが入った水槽が2つと、これまた小さな水槽で西湖やその周辺に住まう魚と、ヒメマスが展示されている。
水槽はいずれも小さいので、水族館というよりは、企画展とかのイベントみたいな感じ。
そもそもこの建物が、クニマス展示を目的に作られたものではないのかも知れない。

それでも、主役たるクニマスは、比較的大きな個体と、小さな個体が2つの水槽で展示されていて、大きな個体がいる方の水槽は、擬岩でデコレートもされている。展示館の主役らしい扱い、と言ったところかな!?
LY5A1662.jpg

小ぶりなマスなので、見た目は地味だが、貴重な存在であることだけは確か。
絶滅したと思われていた魚が、常設展示されているのは田沢湖にもできたクニマス展示施設を除けば、ここだけなのだから。

深場に住まう魚らしく、大きい方の個体の水槽は暗くされていて、さらに見学者が側まで近寄れないようになっているので、少々見にくい。
また、これも仕方がないことではあるのだけど、展示されている個体はどれも、いかにも飼育下のサケ科魚類の短く丸い顔つき。
LY5A1651.jpg
クニマスならではの青みを帯びた体色は生体でなければ見られない反面、本来の精悍な顔つきは標本の方がそれらしいという、サケ科魚類ならではの残念さがあった。
ちなみに、大きい方の個体の体色は“真っ青”だが、これはライトの影響によるもので、流石にここまで青くはならない。通常の照明で展示されている小さな個体の色が、本来の体色に近いはずだ。
LY5A1664.jpg

ただ、先にも書いた通り、貴重な存在であることは間違いないし、並べて展示されているヒメマスと生きた状態で見比べれば、ずっと同じものとされてきたけれど、両者に差があることも分かるはずだ。
そんな比較観察ができてしまうのも、生体展示ならではの大きなメリットだ。そんな貴重な体験が、東京からそれほど遠くはない場所でできてしまうということが、この施設の何よりの価値だと思う。

山梨の水族館と言えば、富士湧水の里水族館があるけれど、道が混んでなければ、30分ほどで行けるので、両館のハシゴもオススメだ。
どちらの施設もほぼマスと淡水魚ばかりだが、本州でこれだけマス類が見られる水族館はそう多くないし、クニマスは北海道でも見られないので、淡水魚好きやサケ・マス好きは足を運んでおくべき施設、ではないかな?
nice!(0)  コメント(0) 

厚岸グルメパーク水族館プティ(北海道) [水族館相当施設レポート]

9月、標津にサケ遠征に行った時のこと。
北海道道東エリアの地図を見ていて、標津から厚岸がそれほど遠くないことに気が付いた。

そうだ、厚岸行こう!!

厚岸の道の駅「厚岸グルメパーク」には、水族館プティという小規模施設があり、9月の時点では認定水族館としてリスト入りしていたし、3月に開催させてもらったイベント「水族館巡りのゴール」で、かめきちかめぞうさんがオススメ施設として紹介した施設でもあった。
これは行くしかない!! とばかりに、厚岸に向けてレンタカーを走らせた。

IMG_0351.jpg

目的の道の駅は厚岸の街を見渡せる高台に建っていた。
眼下には厚岸湾が広がり、カキの養殖筏が浮かんでいるのが見える。
早速、施設内の水族館へ。
IMG_0352.jpg


あれっ!! 小さい!!
そもそも、水族館プティと名乗ってるくらいだから、小さいことは分かっていたけれど、考えていたよりも小さかった。
LY5A1923.jpg

水槽は1.5mほどのものが4つ。そこに厚岸周辺の魚が展示されているのだけど、マス、カレイ、ウグイ、以上。そんな感じ。
LY5A1939.jpg

もちろん、無料の施設だし、水族館というよりも、道の駅に来た人に、食事のついでに水槽展示を楽しんでもらおうという施設であることは分かっている。
水族館を目的に出掛けてしまったオレからすると、ちょっと拍子抜けした、というのが正直なところ。

LY5A1931.jpg
この水族館でもっとも色鮮やかな魚、ニジマス。


でも、大丈夫!!(何が?)
イベントの時、かめきちさんは言っていた。
そこには美味しいものが沢山ある、と。
何せ、この道の駅は「グルメパーク」なる名前が付いているのだから。
厚岸と言えばカキである!! そんなことはグルメ情報に疎いオレでも知ってるくらいだ。
幸せな気分で厚岸を後にするため、レストランがある施設の2Fへ。

あれっ!! やってない!!

この時、時間は朝の10時。3軒ほどあるレストランはいずれも11時から。
1時間待つには、水族館が少々物足りない。ちょっとした敗北感とともに厚岸を後にしたのだった……

という訳で結論。
厚岸の水族館プティの見学は、11時以降に!!
そうすればきっと、幸せな気分で厚岸を満喫できる…… はず…!?
nice!(0)  コメント(0) 

南郷水産センター(滋賀) [水族館相当施設レポート]

魚は見られる。でも、水族館かと言われると、微妙なところ……
でも、行ってみたら楽しめちゃった…
というワケで、南郷水産センター、である。
IMG_0016.jpg
琵琶湖から流れ出る瀬田川のほとりにある、魚の餌やりや釣り堀など、魚と遊べるテーマパーク(かなり盛った言い方だけど)みたいな施設だ。

でも、水族館的な展示も少しだけある。
入場ゲートを潜って右手側にある水産資料館がそれ。
LY5A9700.jpg
中にはやや大きめな水槽を筆頭に、5本ほどの水槽で周辺地域の魚が展示されている。
大きな水槽にはビワコオオナマズと思しき、大きなナマズもいたが、その水槽も含め、キズや汚れが多く、また、魚名板などもほとんど設置されていなかったりと、“ちゃんと見せる”ものには残念ながらなっていない。
“ビワコオオナマズと思しき”なのも、中がきちんと見えなかったからだ。
資料館自体、作ったからそのまま開けてます、みたいな雰囲気。魚がいるのがここだけなら、超絶ガッカリ施設になるところだが、屋外に沢山並ぶ池にいる魚たちが楽しませてくれるので、ここは“こういうのもあるんだ”程度に思っておくのがいいだろう。

目の前は広大な公園のような敷地の奥へ進む前に、餌を買っておくことをオススメしたい。
餌は施設内へと入る入場ゲート付近で、いろいろな種類の餌が売られていて、そこを通った時には“やけに充実してるな”と思ったくらいで、買わずに入園したのだけど、結局、買いに戻るハメになった。

池にいる魚に餌をやるか、釣り堀の魚を釣るか。
そのどちらかこそが、この施設の正しい楽しみ方であることに気付かされたからだ。
ちなみに、オレが買ったのは小袋に入って売られている浮上性の餌と、棒麩。締めて250円!!
LY5A9706.jpg

施設内を進むと、観賞池という大小の池がいくつか並んでいる。
観賞池、即ち、釣りができない池のことだが、そこには巨大なアオウオやソウギョがひしめいており、人影を見ると餌をもらおうと一斉に集まってくる。つまり、入場ゲートで買った餌の出番、というワケだ。
でも、そこで浮上性の餌を撒いてはいけない。
池にいるのは1mを越す巨大な魚たちだ。そこで撒いてしまうと、瞬間、グワッと群がってくるので、服や持ち物を濡らされてしまうからだ。ちなみにオレは、履いてたズボンを漏らしたみたいな感じにされた。
入り口で買った棒麩が活躍するのはここだ。
40㎝はあろうかという長さがある麩の先を池に差し込むと、アオウオたちが水面から顔を突き出し、バキバキと音を立てながら咥え取っていく。
LY5A9802.jpg

これがなかなか楽しい。
池のアオウオはいずれも巨大で、しかも数が多い。小さな子供なら怖いと感じる子もいるんじゃない? くらいの迫力だ。
長い麩もあっという間に食べ尽くされてしまうので、すぐまた入場ゲートまで買いに走らなければならなくなる。あらかじめ2~3本買っておくことをオススメしておく。



アオウオがいる観賞池から、さらに奥に進むと、チョウザメなどがいる池を経て、右手に大きな池が現れる。
ここで浮上餌の出番だ。
池には無数のコイがいて、人が近付くとやはり集まってくるので、節分の豆まきよろしく、餌を盛大に撒いてやる。
すると、その瞬間、水面から魚が沸き立つような状態となり、池なのに水が見えないほどの状態になる。大げさに言い方をすると、コイの津波状態。
LY5A9735.jpg

不気味なほどの迫力に、思わず後ずさってしまったくらいだ。
でも、この時、あまり池に近付きすぎないこと!! コイたちは盛大に跳ね回るので、やはり水濡れ要注意だからだ!!




アオウオの餌やりはさいたま水族館でもできるけれど、手に持った麩という点で、魚とのやりとりがより濃密な感じがして、ちょっと標津のチョウザメ指パクに通じる楽しさがあったような気がした。
先にも書いた通り、水族館としてはかなり微妙な施設だが、魚が好きな人ならそれなりに楽しめる施設ではあった。

余談ながら、南郷水産センターの向かい、道を挟んだ反対側にある「ウォーターステーション琵琶」には、水槽がいくつか並んでいて、琵琶湖の魚が展示されている。
これまた水族館とは言いにくい施設だが、展示種類数に限って言えば、南郷水産センターの水産資料館よりも多い。
こちらは無料なので、ついでに見学するくらいでちょうどいいと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 水族館相当施設レポート ブログトップ